使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較のエントリーリスト -2010年09月-

中国国際眼鏡フェア 華やかに開催

9月30日

中国国際眼鏡フェア 華やかに開催

9月14日、カラフルな羽の帽子をかぶった女性が、北京の中国国際展覧センターで開かれている「2010年中国国際眼鏡フェア」で、ホワイトカラー族用の国産の放射線保護眼鏡を披露した。これをかけると大自然の色彩をそのまま感じ取れるというもの。

 このフェアは、中国眼鏡協会(COOA)と中国軽工業対外経済技術合作公司(CLETC)が共同主催し、参加企業は700社を超える。展示された眼鏡製品は、サングラス、スポーツ用眼鏡、子ども用眼鏡、老眼鏡、コンタクトレンズ、プラスティックレンズ、プログレッシブ多焦点レンズ、偏光レンズ、オルソケラトロジー(オルソK)レンズ、セキュリティミラー、フレームコンポーネント等多くの製品。「人民網日本語版」より

旧広島市民球場:復興の象徴、歴史に幕 市民ら感謝と惜しむ声 /広島

9月21日

旧広島市民球場:復興の象徴、歴史に幕 市民ら感謝と惜しむ声 /広島

夢をありがとう--。旧広島市民球場(中区)の一般利用が最終日となった31日、カープOBと県内大学生らのチームが対戦する「ラストゲーム」が催され、球場の最後を心に焼き付けようと1000人を超えるファンが集まった。戦後広島の復興と発展を支え、半世紀以上も市民に親しまれた球場の閉鎖を惜しむ声と、感謝の言葉が相次いだ。

 試合は、大学生らでつくるスポーツ応援サークル「エントランス」が主催し、カープOBらが主体のチームと対戦。OBチームの先発は安仁屋宗八さんで、現役時代を思い起こさせる速球を投げ込み、観客を沸かせた。バッテリーを組んだ達川光男さんは、現役時代に試合中にコンタクトレンズを落としたのをまねたパフォーマンスで、笑いを誘った。監督はカープOB会長の長谷部稔さんが務め、池谷公二郎さん、高橋里志さん、小川達明さんら往年の選手計8人が登場した。

 エントランス代表の橋本沙代子さん(21)=広島修道大4年=は「一生の思い出ができた。市民球場の記憶を、次の世代に伝えていきたい」。客席にはカープ私設応援団も駆けつけ、トランペットの音色を響かせた。全国広島東洋カープ私設応援団連盟の新藤邦憲会長(62)は「万感の思い。球場は全国のプロ野球ファンの宝物。壊してほしくない」。

 中区の会社役員、山中美伸さん(75)は53年前、球場のこけら落としとなったナイターの阪神戦を観戦した。「ぼろ負けした試合で今でも覚えている。懐かしい選手のプレーがまた見られてうれしい」とカメラを片手に語った。安佐南区の主婦、古池加代子さん(58)は70~80年代、山口県下関市から何度も球場に足を運んだ。「カープ戦を見るためだけに広島にマンションを借りた。子どもを連れてよく外野席で応援していた」と懐かしんだ。

 イベント終了後、元選手らは球場の砂を紙コップに入れて「乾杯」。整列してバックスクリーンに一礼した。

 午後5時15分ごろ、約100人のファンらが見守る中、球場正面にある「旧広島市民球場」の看板が山口芳弘・旧市民球場管理事務所長らの手で外され、53年間の歴史に幕を閉じた。【寺岡俊】

コンタクトレンズケア 清潔保ち感染予防

9月18日

コンタクトレンズケア 清潔保ち感染予防

アメーバと聞くと何かスライムのような生物を想像するかもしれません。実は数年前よりアメーバ(正確にはアカントアメーバ)による感染症が若者に激増しており眼科医の間では注意しなければならない病気の一つとなっています。原因は不十分なレンズケアがほとんどです。

 レンズの種類は従来のソフトレンズ、使い捨てレンズ(特に2週間タイプ)に多く発生します。アメーバは自然界に多くいますが、水道水にも存在します。生存条件が悪い場合はシストという丈夫な殻を作り、その中でおとなしくしています。汚れたレンズやケース中に付着していることが多く、いったん角膜の中に入ってしまうと殻を破って発育、増殖します。

 感染初期は、痛み以外に症状が少なく診断が難しい場合があるのですが、進行すると黒目に強い濁りを作り、視力低下などの後遺症を残します。さらに重症な場合は角膜移植が必要になることもあります。
 さて、このアメーバによる感染を防ぐにはどうしたら良いでしょうか。それはレンズケアを正しく行うしか方法がありません。清潔な手でレンズを十分にこすり洗いする(裏表それぞれ20秒以上)、レンズケースを毎日洗い必ず乾燥させる、洗浄液も使い回さず毎日交換する-以上のことを守れない方は、ハードレンズまたは一日使い捨てのワンデータイプが良いと考えます。ドラッグストア等で販売されているMPS(洗浄、すすぎ、消毒、保存が一度でできる液)は、こすり洗いをしっかりしないと消毒効果は低いと言われています。
 日々の診療でコンタクトレンズ装用者の低年齢化を実感します。しかし、レンズケアの大切さへの意識が低いように見受けられます。小中高生の親御さんは、不十分なケアによる危険性を十分理解し、適切に行うようご指導を、そして眼科専門医師による定期検診をお願いいたします。

コンタクトレンズは心臓ペースメーカーなどと共に高度管理医療機器に指定されています。間違った使用法、不十分なケアで多大な危険を及ぼす可能性があることを広く啓もうしていこうと考えています。
(城間弘喜、やえせ眼科)

老眼は早ければ30代から始まる…! 遠近両用コンタクトレンズ最新事情

9月15日

老眼は早ければ30代から始まる…! 遠近両用コンタクトレンズ最新事情

なんとなく新聞の字が読みづらくなったような……。そんな40代はもちろん、これから"その時"を迎える30代もぜひ知っておきたいのがここ数年急速に進化している遠近両用コンタクトレンズ事情。「見え方」が格段に良くなっただけでなく、最近は目のストレスフリーを意識した製品も登場してきているという。ハード、ソフト両方があるが、今回はソフトレンズについてチバビジョン製品情報本部本部長の土屋二郎氏に話をうかがった。

45歳には老眼は始まっている
 
新聞や本を読むとき手元から離すようになったり、薄暗い店でメニューが見えづらくなったり……。この不都合極まりない老眼のメカニズムとはどういうものだろうか? 「目は近くを見るときに水晶体の形を変えますが、このピント合わせをする水晶体の柔軟性が失われてピント合わせがしにくくなった状態が老眼です。水晶体は代謝老廃物を外部に排出することができないため、生まれたときから内部に老廃物をためこんでいます、その結果、加齢とともに徐々に徐々に固くなっているのです」とのこと。肌や髪の老化同様避けられるものではないようだ。気になるのは老眼になる年齢だが……。「遠視の人では30代半ばから始まり、どんなに若く見える人でも45歳には老眼が始まっているといっていいでしょう」

そこで知っておきたいのが、老眼になったときの矯正方法。遠近両用眼鏡や老眼鏡という手もあるが、これまでコンタクトを装用していた人にはちょっと抵抗もあるはず。できれば顔の印象が変わらない遠近両用コンタクトがいいが、現在はどんなタイプのレンズが多いのだろうか?

「確かに使い勝手が良くなかった時代もありました」
土屋氏によると現在出ている遠近両用ソフトレンズのほとんどが「同時視型」。一般的にレンズの中央部に近くを見る部分、その外側に遠くを見る部分を同心円状に配置し、目線はそのままで見たいものを脳が自然に選択して認識するしくみだ。普通のレンズと違い遠近両用は「見えにくい」という話も耳にしたことがあるが、使い心地はどうなのだろうか?

「チバビジョンを含め各社が遠近両用のレンズを出したのは1998年。レンズの中心に近くを見る部分、その周りに遠くを見る部分を置いた同時視型のレンズを出したのですが、処方が難しく、合う方、合わない方があり、使用者の方からも『遠くのものが見えにくい、視線を移すと一瞬ぼやける』という声は確かにありました。もちろん付けた方が見えるといえば見えるのですが、普通のコンタクトと比べれば見え方は劣っていました。一度は試してみたものの、思うような見え方ではなかったためにコンタクトをあきらめた、という人は多かったようです」

「代わり」ではなく「足りない部分を助ける」
しかし、時代は変わった。最近のコンタクトの品質は格段にUP。チバビジョンでは2008年、日本で初めて遠近両用の一日使い捨てレンズを発売した。これによって普段は眼鏡を使用している人も結婚式のようなフォーマルな機会やスポーツの時といった「その日だけ、その時だけコンタクト」をする使い方も可能になった。

2009年10月にはさらなる"進化版"が登場。同社独自の新開発レンズデザイン「遠近両用プレシジョン・プロファイル・デザイン」を採用した「エアオプティクス 遠近両用」(2週間交換終日装用/1箱6枚入り)だ。「例えるなら使い捨てカメラですね。焦点深度が深く、ピント(焦点)が合いやすいのでどの距離でも自然でクリアな見え方です。またより弱い調節力でピントが合うので、疲れにくく、ストレスも軽減されます。これまで普通のコンタクトレンズをしていた人が何の抵抗もなく移行できるようにしたいと考えました。特に30代、40代の人は自分で(手元の物に焦点を合わせる)調節力がまだあります。足りない部分を助けてあげるという発想。代わりのものを付けるという発想ではなく、目本来が持つピント合わせのメカニズムを助けてあげるという考え方からできたレンズです」とのこと。それまでのレンズの弱点だった遠方や薄暗い場所でのぼけやにじみを抑えることができるようになっているという。

 
エアオプティクス 遠近両用
 

ちなみに、エアオプティクス遠近両用には酸素をよく通す次世代素材「シリコーンハイドロゲル」が採用されており、いつもみずみずしいつけ心地が続き、乾きにくくなっているそう。ドライアイの人にもおすすめという。

疲れ目も治る!? フリートライアルで"実力"を試しては
「そこまで品質が良くなったというならぜひ試してみたい」という人は同社のフリートライアルシステムを利用するのがおすすめ。もちろん医師の処方の下で正しい装用方法を守ろう。

「老眼じゃないけど最近目が疲れて……」という人も試してみる価値はありそうだ。実は疲れ目も老眼の前駆症状といえるそう。「水晶体は必ず老化している。老眼の年齢になっていなくても、若いころより"力"を入れないと(近いものにピントを合わせる)調節ができなくなっているはずで、それによって疲れ目となっている場合も多い。目の力を(コンタクトレンズで)ちょっと助けてあげれば、弱い力で見えるようになりストレスフリーにもなりますよ」とのこと。特にPC作業などの近業の人には強力な"助っ人"となってくれそうだ。

ここ2、3年だけでも急速に変化をとげた遠近両用コンタクトレンズ。長年コンタクトレンズ開発に力を入れてきた土屋氏は「もちろん眼鏡には眼鏡のいいところもあります。ただ、最近の遠近両用コンタクトレンズの品質の良さはまだ知らない人が多い。ぜひ『だまされたと思って(笑)』試してほしいですね」と話している。

移植後2年で視力改善=コラーゲンの人工角膜-加オタワ大

9月12日

移植後2年で視力改善=コラーゲンの人工角膜-加オタワ大

本物の角膜と同様にコラーゲンを主体とする人工角膜を生合成し、患者10人のそれぞれ片目に移植したところ、2年後に6人で視力の改善がみられた。カナダ・オタワ大のメイ・グリフィス教授らが27日までに米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに発表した。
 この6人の視力は、コンタクトレンズを装着すれば、アイバンクに提供された死後の角膜を移植した場合と同程度。拒絶反応はなく、周囲の組織から神経が伸びて触ると感じるほか、涙によって酸素が供給される機能も再生したという。
 この臨床試験はまだ初期段階だが、アイバンクは世界的に角膜提供者が不足しており、実用化が期待される。(2010/08/27-08:44)

コンタクトレンズを回収 ジョンソン社、目に痛みの恐れ

9月 7日

コンタクトレンズを回収 ジョンソン社、目に痛みの恐れ

ジョンソン・エンド・ジョンソン(東京)は19日、アイルランドの工場で製造した使い捨てコンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー トゥルーアイ」の一部について、製造工程でレンズ洗浄が不十分だったため利用者が目に痛みを感じることがあるとして、自主回収を始めたと発表した。

 この製品は4月に発売。利用者からの苦情が複数寄せられたことから調査し、製造工程に問題があることが判明した。同社は「長期的な健康への影響はほぼないと考えられる」と説明している。

 回収の対象となるのは約10万箱で、度数や外箱などに記載された番号をもとに「アキュビュー」のホームページなどで確認できる。問い合わせはフリーダイヤル(0120)003867。

エルコンワンデー、001レンズ

9月 6日

シンシアのエルコンワンデーは、レンズの中心部・周辺部を薄型にし、ソフトにフィットする、瞳にやさしいデザインで、形状保持性の高い素材で作られているため、形が崩れにくく初めての方でも簡単に装用できます

シンシアのエルコンワンデーは、新しく開発された1日使い捨てコンタクト、エルコンワンデーは目のカーブに沿った特殊な設計で、レンズの中心部・周辺部を薄型にしソフトにフィットするので、装用感はとても良好です。

レンズが薄くても形状保持性が高いので、指にのせても形が崩れにくく、初めての方でも簡単に装用できます。

レンズが薄く自然な装用感

レンズ中心厚は、わずか0.07mm(-3.00Dの場合)。高精度モールド製法で自然に目のカーブに沿うように設計されています。既存の1日使い捨てコンタクトレンズと比べると、より日本人の目のサイズに合ったレンズデザインとなっています。

ボシュロム/メダリストと同じ非イオン性素材で汚れにくい

エルコンワンデーはボシュロム/メダリストと同じ、タンパク質や脂質等の汚れが付きにくい非イオン性素材で作られています。そのためレンズはいつもクリーンで視界はクリアです。

形状保持性が高く取り扱いやすい

形状保持性が高い素材でつくられているため取り扱いやすく、初めての方でも簡単に装用できます。またレンズがブルーになっているのも取り扱いやすい理由の一つです。

毎月たった60円でキレイな髪を保つコツ

9月 5日

毎月たった60円でキレイな髪を保つコツ

【美容院に行く時間がない】
毎月トリートメントに行くのはお金もかかるし時間もかかります。家でもできて、お金もそんなにかからず、髪をサラサラにできるんです。

【コンタクトレンズ用の精製水でサラサラに!】
ドラックストアで売っているコンタクトレンズ用の精製水で髪の毛がサラサラになります!

【やり方】
100円ショップで売っているスプレータイプの容器に精製水を入れて、お風呂上りの髪にシュッシュッ♪としてください。その後、ドライヤーで乾かして終了です。サラサラにもなり、髪にツヤがでてきます!水なので乾いてもベタベタしないです。

【毎月たった60円ぐらいの出費】
精製水の量と値段を考えてみても、ロングヘアの場合でも、1ヶ月60円ほどでOK。毎月60円でキレイな髪を保つことができます。私は1年続けています。先日、美容師さんに「どんなケアをしているの?」って聞かれました。美容師さんもビックリ!もちろん全員の髪質に合うとは言い切れませんが、もし合わなくても精製水の値段は高くはないので、ぜひ一度お試しあれ!高いヘアケア用品よりも精製水でOKだと分かれば超お得ですよ!!!

飛行機内でコンタクト外す? 外さない?

9月 3日

飛行機内でコンタクト外す? 外さない?

JTBの予測によると、今年の夏休みの海外旅行人数は約244万人で、前年比約8.4%増の見通しだそうです。連日の蒸し暑さにうんざりして、日本を飛び出す人が多いのかもしれませんね。そんななか、ある問題が浮上してきていることをご存知ですか?

それは、普段の就寝前にはコンタクトレンズを外していても、飛行機の機内では外さないという女性が増えてきているという問題。ほとんどの人が、レンズを付けたまま寝ているんだとか……。

確かに、レンズを付けたまま寝れば、起きたときにすぐ周囲が見えるという安心感がありますが、目にとってはよくないのでは? 眼科医の崎元卓先生にうかがってみました。
「連続装用が可能ではないコンタクトレンズを付けたまま寝ると、角膜が酸素不足になりやすいんです。さらに乾燥する機内で寝るとなると、“角膜上皮障害”という病気を引きおこすことも考えられます。また、旅先では、目に炎症や感染が起きても適切な治療ができないことがあるため、視力が回復しなくなった症例も決して少なくありません」

やっぱり、レンズを付けたまま寝るというのは、目にとって過酷な環境なんですね。旅行先で病院にいかなければならないなんて事態は、絶対に避けたいもの。機内では必ずレンズを外しましょう。

ちなみに、機内でレンズを外さない理由は、「面倒だから」が圧倒的多数。また、「本や映画を見たいから」「眼鏡を持ち歩く習慣がないから」「ケア用品を持ち歩いていないから」という理由もありました。
面倒くさがらずに、機内で過ごすときだけでも眼鏡を使い、コンタクトレンズを外して本や映画を見ることをおすすめします。

ケア用品は、空港内のドラッグストアでも購入可能です(写真は、ケース付きの「ボシュロム レニュー フレッシュ トラベルパック(60mL)」)。海外旅行の場合、100mlを超える液体は持ち込み禁止なので注意しましょう。

また、こんな面白い事実も発覚しました。
女性が「眼鏡姿を見られたくない」と思っている相手の第1位はなんと「家族」。第2位は「夫」「女友達」「他人」。「彼氏」と答えた人はゼロだったようです。
さらに「すっぴんを見られたくない」と思っている相手は、1位「夫」、2位「家族」、3位「他人」。「彼氏」「女友達」は4位でした。

どちらの設問に対しても「彼氏」と答える人が多いのかと思いきや、家族や夫のほうにこそ見られたくないとは……。より身近な人との距離感を象徴しているのかもしれませんね。