使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較のエントリーリスト -2012年12月-

AKB板野友美、新曲は「上からトモミ」!?

12月27日

AKB板野友美、新曲は「上からトモミ」!?

カラーコンタクトレンズブランド「candy magic」の新CM発表会が行われ、イメージキャラクターを務めるAKB48の板野友美が出席した。グレーの瞳で登場した板野は、新CM「candy magic 板野ひとみ」編の撮影を振り返り、「色によって雰囲気が変わるので楽しかった。これからは仕事でも着けたい」とコメント。メディアの調査などを手掛けるニホンモニターが11日に発表した「2012タレントCM起用社数ランキング」で、これまで並んでいた篠田麻里子を板野が抜き単独1位に。「自分でもびっくり」と驚いていたが、「『上からトモミ』というCDを出します!」と、AKBのヒット曲「上からマリコ」にかけたジョークで報道陣を爆笑させた。 出席者:板野友美

オランダにコンタクトレンズ事業多目的施設を建設=メニコン〔BW〕

12月17日

オランダにコンタクトレンズ事業多目的施設を建設=メニコン〔BW〕

【ビジネスワイヤ】コンタクトレンズ・メーカーのメニコン(愛知県名古屋市)は、オランダのエメンに新たな多目的施設を建設していると発表した。広さは4675平方メートルで、来年7月に完成の予定。この施設には、同社関連会社のメニコン・ホールディングス(MHBV)とNKLコンタクトレンゼンの生産・流通・研究開発・マーケティング・管理部門が集約され、全体で125人が勤務する予定。欧州全域向けのオーダーメイド・レンズの製造・発送、新たなレンズ設計、次世代ソフトウエアの開発などが行われる。

ワンデーアキュビューモイスト乱視用、レンズモード(LENS MODE)

12月16日

ジョンソンエンドジョンソンのワンデーアキュビューモイスト乱視用はレンズが乱視の方向に合致してクリアで安定した視界をもたらし、高い保水力で快適な付け心地が続く1日使い捨て乱視用コンタクトレンズ

ジョンソンエンドジョンソンが提供するワンデー アキュビュー モイスト乱視用 は、レンズの上下を薄く、左右をやや厚めに設計した独自のデザイン「ASD(アクセラレイテッド・スタビライゼーション・デザイン)」を採用。数回のまばたきでレンズが乱視の方向にすばやく合致して、生活の中でのさまざまな目の動きに対してもレンズは安定。クリアで安定した視界をもたらす1日使い捨て乱視用コンタクトレンズです。 独自の技術ラクリオン・テクノロジーの採用により、水の分子を引き寄せてキープする特性をもつ「うるおい成分」をレンズ素材に取り込むことに成功。レンズ自体の保水力を高めることで、レンズはみずみずしさを保ち、快適なつけ心地が1日中つづきます。

独自のレンズデザインASDを採用しクリアな視界

乱視用コンタクトレンズは、乱視の方向に合った位置(角度)で安定することが必要。レンズが回転してしまうと見えにくくなります。

ワンデー アキュビュー モイスト乱視用 は、レンズの上下を薄く、左右をやや厚めに設計した独自のデザイン「ASD(アクセラレイテッド・スタビライゼーション・デザイン)」を採用。 数回のまばたきでレンズが乱視の方向にすばやく合致して、生活の中でのさまざまな目の動きに対してもレンズは安定。クリアで安定した視界をもたらします。

独自のレンズデザインASDを採用しクリアな視界

独自の技術ラクリオン・テクノロジーの採用により、水の分子を引き寄せてキープする特性をもつ「うるおい成分」をレンズ素材に取り込むことに成功。 レンズ自体の保水力を高めることで、レンズはみずみずしさを保ち、快適なつけ心地が1日中つづきます。

メニコン新たなビジョンをオランダで具現化

12月13日

メニコン新たなビジョンをオランダで具現化

(ビジネスワイヤ) — コンタクトレンズ・メーカーの株式会社メニコン(名古屋市)は本日、欧州全域のお客さまの視力ニーズを満たすための長期的な取り組みにおいて最新の活動を発表しました。現在、新たな多目的施設をエメン(アムステルダムの140キロメートル北東)に建設しています。完成後、この施設で欧州大陸内外のお客さまに向けてオーダーメイド・レンズの製造と発送を行うことになります。

2013年7月に完成予定の新たな4675平方メートルの施設には、メニコン子会社のメニコン・ホールディングスBV(MHBV)とNKLコンタクトレンゼンの生産、流通、研究開発(R&D)、マーケティング、管理部門を同じ建物に集約します。全体で125人がここで働く予定です。

MHBVのアナトール・ディエプ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社の事務所スタッフと生産を担当する技術者が肩を並べて働くことは、当社のルーツと安全哲学を反映しています。当社創業者の田中恭一は、1950年に自らの手でレンズを作ることからスタートしました。私たちは、田中の品質に対する現場アプローチを基本としています。さらに、この建物の設計はメニコンが視覚企業であることを反映したものとなります。ガラスを多用することで、来訪者はレンズの製造過程を見られるようにします。」

新たな施設では、オーダーメイドの酸素透過性(ハード)レンズとソフトレンズの両方を製造し、敷地内の倉庫・物流センターから欧州全域に発送します(使い捨てレンズやレンズケア用品など、その他のメニコン製品も同様です)。

上の階では、世界中のコンタクトレンズ処方家を支援するために、研究者は革新的なレンズデザインを設計、技術者は効率的な生産プロセス、次世代のイージーフィット・ソフトウエアの開発に取り組んでいます。将来的な拡張の可能性を見据えて、この建物は必要に応じて拡張出来るよう、1万3000平方メートルの敷地の前部に建設されます。

NKLコンタクトレンゼンの共同マネジングディレクターのピーター・ネイハイスは、次のように述べています。「エメンは当社に非常に適した場所です。欧州の物流の中心に近く、豊かな技術と語学力を持つ優秀な人材が揃っています。中でも最高なのは、当社が地域社会から親身な支援と協力をいただいていることです。」

建築事務所のベルトマンが設計し、Sweegers en de Bruijnとバルテルスが技術コンサルタントを務めるこのプロジェクトは、Nieuwenhuijse Arends Construction and Risk Managementが管理しています。施工はHaafkens en Zonenが担当し、電気・機械インフラはKlein Poelhuisが担当しています。

現場の施工は11月1日に始まり、7月31日までの竣工を見込んでいます。その後2013年中の5カ月間に、メニコンのさまざまな部署が新たな施設に移ります。

メニコンについて
 
日本の名古屋に本社を置き80カ国以上に事業展開するメニコンは、素材開発、レンズ設計やレンズ製造からレンズ洗浄液までコンタクトレンズ関連の全分野を専門的に扱う世界で唯一のコンタクトレンズ会社です。メニコンはコンタクトレンズ、ケア用品、関連製品の革新的ラインアップの拡大に努め、快適さと便利さを最大限に高めています。当社はまた、ガス透過性コンタクトレンズの世界最大のメーカーです。

詳細については、城戸洋子(yokokido@menicon-net.co.jp)までご連絡いただくか、menicon.comまたは当社のオランダのウェブサイト(www.nkl.nl)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

コンタクトレンズに埋め込める液晶ディスプレイ ベルギーで開発

12月11日

コンタクトレンズに埋め込める液晶ディスプレイ ベルギーで開発

ベルギーの研究機関IMECの研究者が、コンタクトレンズに埋め込める曲面の液晶ディスプレイを開発した。


これまでにLEDを使ったコンタクトレンズ型ディスプレイは開発されているが、この種のディスプレイは画素数が限定される。今回のディスプレイはそれとは違って、ディスプレイの表面全体をフルに利用でき、さまざまな画素数やサイズに応用可能という。

IMECの最初のプロトタイプは、ドルマーク($)を表示する。マンガなどで出てくる「お金に目がくらんだ人」のようだ。今は基本的なパターンしか表示できないが、研究者らは、将来このディスプレイを組み込んだ自立型の電子コンタクトレンズができると考えている。民生利用にはまだハードルはあるものの、いずれは医療での活用や、色の変わるコンタクトレンズなどファッション向け用途などが期待される。

今すぐやめて!超危険なコンタクトレンズのNGケア3つ

12月10日

今すぐやめて!超危険なコンタクトレンズのNGケア3つ

日本国内で1,500万人いるコンタクトレンズ利用者。メガネのように着用感を感じないので、愛用している方も多いのではないでしょうか。また、コンタクトレンズのケアも昔に比べ簡単になっているので、愛用している方が増えているように思います。
 
とはいえ、コンタクトレンズは目の表面というデリケートな場所に装着する物。ケアをしっかりしないと感染症になってしまい、特に”アカントアメーバ”による感染は最悪の場合、失明する危険性があると問題になっています。
 
アカントアメーバに感染する人はソフトコンタクトレンズ着用者に多いのですが、間違ったケア方法で感染するリスクがぐんと高くなってしまうのです。
 
では、やってはいけないケア方法を挙げていきます。
 
 
 
■1:レンズを着脱する時に手を石鹸で洗わない
 
はじめてコンタクトレンズを購入したときは守っていても、利用していくうちにおろそかにしてしまいがちなのが、石鹸による手洗いです。特に外出している時にコンタクトが外れてしまうと、つい手を洗うのをおろそかにしてレンズを入れ直すことが多いでしょう。
 
しかし、手や指は微生物がつきやすく繁殖しやすいところです。指先の汚れがレンズについて繁殖するケースは多いのです。
 
指でコンタクトレンズを触る前には石鹸でしっかり手洗いするよう心がけましょう。もし、外出している時に洗っていない手でレンズに触れてしまった時は、レンズを洗浄消毒が終わるまでは装着しないようにしてください。
 
 
 
■2:レンズのこすり洗いを全くしていない
 
技術の進歩と共にコンタクトレンズの洗浄方法も進歩してきています。2種類の液体に浸けるタイプや、中には1種類の液体だけで大丈夫なものと、簡単にケアができるようになっています。
 
ですが、洗浄液に浸けるだけでは消毒効果は不完全であり、国民生活センターによるとレンズのこすり洗いを毎日おこなわないと殺菌はできないとのこと。
 
こすり洗いの方法はボシュロムをはじめとするメーカーのサイトで紹介されています。「洗浄液に浸ければ大丈夫」と安心せずに、きちんと洗うことが大切です。
 
 
 
■3:レンズケースは使いっぱなし
 
コンタクトレンズの洗浄や保管、持ち歩きするためのレンズケースのメンテナンスや定期的な交換は大切ですが、レンズの手入れはしていてもケースの方は見落としがちです。
 
実はケースも雑菌が繁殖しやすいもの。毎日、洗浄して自然乾燥しないといけません。そして3カ月使ったら新しいケースに買い替えが必要です。
 
 
 
こすり洗いやケースの手入れなど、「えっ? こんなに面倒なの?」と思うかもしれません。消毒薬を使っているから大丈夫では、と思うかもしれないですね。けれど、コンタクトレンズは目に直接触れる物。感染してから治療するとなると大変ですし、視力への影響や痛みなどもあります。日ごろからのケアはしっかりおこないたいものです。

「リラックマ」とコラボ 2商品数量限定発売 オフテクス

12月 3日

「リラックマ」とコラボ 2商品数量限定発売 オフテクス

コンタクトレンズケア用品の開発・製造を行うオフテクス(神戸市中央区)は12月3日、子どもをはじめOLや主婦などの女性を中心とした幅広い世代に人気の癒し系キャラクター「リラックマ」とコラボレーションし大好評を受けたコンタクトレンズケア用品2商品の第2弾を数量限定で同時発売する。今回は、「オリジナル リラックマ レンズケース」付き。また、人気のリラックマ・グッズが抽選で400名様に当たる「リラックマ瞳も心もうるおいキャンペーン!!」も同時に実施する。

「リラックマ バイオクレン ワン ウルトラモイスト(販売名:バイオクレンMPSV)」と「リラックマ バイオクレン ワン スーパークリア(販売名:バイオクレンMPSVI)」は、20代~30代の女性を中心に人気の癒し系キャラクター「リラックマ」をコンタクトレンズケア用品に取り入れることで、毎日のコンタクトレンズライフをお洒落に楽しく過ごせるように企画したという。外箱はもちろん、ボトルにもリラックマのデザインを施し、細部にわたり「リラックマ」の癒しの世界観を演出している。

2商品ともにすべてのソフトコンタクトレンズに使用できる。洗浄・消毒・すすぎ・保存の4つの機能を1本に集約したケア用品という。「バイオクレン ワン ウルトラモイスト」はレンズへの潤い効果に焦点を当てた商品。「バイオクレン ワン スーパークリア」は、洗浄力に焦点を当てた商品で、眼感染症の原因となる細菌や有害な微生物を除去し、くもりやゴロゴロ感の原因となるタンパク汚れを洗浄する。