使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較のエントリーリスト -2013年01月-

大人かわいい杏の瞳に吸い込まれる!? コンタクトレンズで魅力的な表情を演出

1月30日

大人かわいい杏の瞳に吸い込まれる!? コンタクトレンズで魅力的な表情を演出

杏が、使い捨てコンタクトレンズ「ワンデーアキュビューディファイン」の新テレビCMに出演することが分かった。パーティーで憧れの先輩に再会するというストーリーの下、鏡の前でおしゃれを楽しむかわいらしい杏と夜景をバックに大人っぽい杏、二つの表情を好演している。

撮影に臨んだ杏は、「今回のCMは、“大人かわいく!のレシピ”がテーマなので、上品に大人かわいくなれた喜びを表現できるように撮影に臨みました。私のきれいのレシピは、たくさん睡眠を取って、ごはんをしっかり食べることです。皆さんも“大人かわいく!のレシピ”でもっともっとすてきに輝いてください。瞳の黄金比率にもご注目ください」とコメントを寄せた。

眼科シーンの撮影では、眼科医役の男性にアドリブで「何色のコンタクトが似合うと思いますか?」と相談する演技を披露し、現場を和ませる一幕も。また、鏡をのぞきながら、どんな服を着ようか楽しげに迷っているシーンでは、さまざまな表情を見せ、ワクワク感を演出。香水を振り掛けるシーンでは、香水瓶の持ち方や微妙な角度にまでこだわった。

一方今回のCMソングには、Q;indivi+とBONNIE PINKによる初コラボ楽曲を採用。CMの世界観に合わせてQ;indivi+が作曲・編曲を担当し、BONNIE PINKが歌詞を全て英語で書き下ろし、ボーカルを担当している。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケアカンパニー
使い捨てコンタクトレンズ「ワンデーアキュビューディファイン」
新テレビCM「大人かわいく!のレシピ」篇

メダリストプラス(ソフレンズ38)、Bレンズ(BLENS)

1月29日

ボシュロムのメダリストプラス(ソフレンズ38))は、2週間で使い捨てるからレンズはいつもクリーン、ケアがシンプルの使い捨てレンズ

ボシュロムのメダリストプラス(ソフレンズ38))は、2週間使い捨ての超薄型(中心厚0.026mmから0.035mm) ソフトコンタクトです。レンズを薄くすることにより高い酸素透過性と快適な装用感を実現しました。

ボシュロムのメダリストは、2週間で使い捨てるからレンズはいつもクリーン、ケアがシンプルの使い捨てレンズです。

ソフレンズ38とはメダリストの海外商品名ですので、パッケージは異なりますが同一規格品です。

メダリストワンデープラス乱視用、Bレンズ(BLENS)

1月29日

ボシュロムのメダリストワンデープラス乱視用は新しいデザインで瞬きのたびに涙がレンズ全体に広がり本物の潤いを実現できるワンデータイプの乱視用使い捨てコンタクトレンズです

ボシュロムが提供するメダリストワンデープラス乱視用は、通常の球面デザインレンズではレンズに入ってくる平行線を一点に集束しにくい欠点を克服し非球面レンズデザインで輪郭や細部までシャープに視界を実現した、1日使い捨てタイプの乱視用使い捨てコンタクトレンズです。

レンズのズレをストップ。視界はずっとクリアなままのメダリストワンデープラス乱視用

左右対称のレンズ厚

乱視用レンズでおこりがちだったレンズ厚の不揃いを均一に仕上げ、まばたきしてもレンズがずれにくく、常に安定。

薄く一定に仕上げたレンズ周辺

レンズ周辺部を可能な限り薄く、一定の厚さに調整。異物感のない、自然な装用間を実現。

レンズをピタッと安定させるプリズムバラストデザイン

レンズ基底部に少し厚みを持たせることで、レンズの回転を抑え、正しい位置を保ちます。

滑らかなエッジデザイン

角膜に接するレンズのエッジを丸く滑らかに仕上げることで、目に良くなじみ、やさしい付け心地が得られます。

コンフォートモイストテクノロジー

メダリストワンデープラス乱視用は「レンズデザイン」「レンズ保存液」「レンズ素材」のレンズ構成要素を研究し、3つの要素が相乗効果を発揮するコンフォートモイストテクノロジーを開発。瞬きのたびに涙がレンズ全体に広がり、本物のうるおい感を実現します。

  • 涙がレンズ全体に広がりやすいデザイン:
    レンズ周辺部のカーブが緩やかで、厚さも薄いので、瞬きするたびに涙がレンズ全体に広がりやすくなっています。
  • 涙を引き寄せる「うるおい成分」:
    レンズ保存液に涙を引き寄せる「うるおい成分」を配合。レンズ全体を涙のベールで包み込むので、うるおいを長時間維持できます。
  • 汚れがつきにくく乾燥しにくい非イオン性素材:
    コンタクトレンズが乾燥する主な原因は汚れです。汚れがつきにくい非イオン性レンズは、乾燥にも強く、つけたてのみずみずしさが一日中ずっと続きます。

ワンデーアキュビュートゥルーアイ、Bレンズ(BLENS)

1月29日

ジョンソンエンドジョンソンのワンデーアキュビュートゥルーアイはシリコーンハイドロゲル素材で高い酸素透過性を持ち紫外線カットも優れた1日使い捨てコンタクトレンズ

ジョンソンエンドジョンソンが提供するワンデーアキュビュートゥルーアイは、従来をはるかに凌ぐシリコーンハイドロゲル素材の高い酸素透過性と紫外線から目を守るUVカット、ハイドラクリアワンテクノロジーで高い保水力を維持することで、あなたの目を乾きやすい環境から守り、つけていることを忘れるほどのみずみずしいつけ心地が続く1日使い捨てコンタクトレンズです。

シリコンハイドロゲル素材で裸眼時の約98%の酸素が瞳に届く

角膜は酸素を通して新陳代謝をしているので、目が健康に保たれるには酸素が大切です。ワンデーアキュビュートゥルーアイは、十分な酸素が通るシリコーンハイドロゲル素材を採用した、世界初の1日使い捨てコンタクトレンズ。酸素が裸眼時の98%も角膜に届きます。

毎日清潔な1日使い捨てコンタクトレンズで汚染リスク低減

レンズを使った後は、様々な汚れや細菌が付着します。また、レンズケアやケースの洗浄を適切に行わないと、菌が繁殖することも。ワンデーアキュビュートゥルーアイは1日使い捨てタイプなので、1枚のレンズに手で触れるのは装着時の1度だけ。レンズケースも使わないため、レンズは清潔な状態に。 1日使い捨てタイプは、レンズが汚染されるリスクを軽減します。

うるおいとやわらかさを両立で裸眼のような快適さ

レンズによる目の乾きや異物感は、不快で気になるもの。ワンデーアキュビュートゥルーアイは、ハイドラクリア・ワン・テクノロジーにより、高い保水力を維持し、レンズもなめらかで、異物感を軽減するため、1日中まるで裸眼でいるような、快適な装用感を得られます。

目にも有害といわれる紫外線B波約99%カット

瞳も紫外線を浴びており、紫外線は、目の健康にも影響を及ぼす可能性があると言われています。ワンデーアキュビュートゥルーアイにおいては、紫外線B波を約99%カットするため、瞳に一番近い紫外線対策です。

2ウィークアキュビューディファイン、、ドクターレンズ

1月28日

ジョンソンエンドジョンソンの2ウィークアキュビューディファインはレンズのふちにくっきりライン。目元をもっと明るく、もっと華やかにできる2週間使い捨てコンタクトレンズ

2ウィーク アキュビュー ディファインは、レンズのふちに大きさを強調するダークブラウンのラインと、瞳になじむスポークデザインを採用したコンタクトレンズです。
自然でさりげない色合いはオン・オフを選ばず、さまざまなシーンであなたらしい明るさ、華やかさを印象づけます。

2ウィークアキュビューディファインでもっと明るく大きく

大きさを際立たせるラインと、自然になじむダークブラウンのスポークデザインで表情豊かなイキイキした目元。
ツーウィークアキュビューディファインのレンズラインの内側に施された微細なスポークデザインがあなたの目になじみ、ふちのラインが大きさを強調してくれます。

ジョンソンエンドジョンソンの2ウィークアキュビューディファインは目の健康に配慮

  • 色素が直接目に触れないサンドイッチ構造
    色素部分はれんぞ素材の間にサンドイッチ状に挟まれているので、直接目に触れることがない
  • 目の健康に大切な酸素を通す
    終日着用に十分な酸素を通します。着色部分は微細な粒子状の色素で構成。粒子の間を酸素が通ります。
  • 見えやすさも考慮
    スポークデザインの着色部内径は、視界をさえぎらない大きめのサイズ。アクティブな毎日にもぴったりの仕様
  • 2週間で新品交換
    新品レンズへの交換は最長2週間毎。汚れる前に捨てるのでレンズも清潔・視界もクリア

千寿製薬と武田薬品、コンタクトレンズ用目薬「ファーストマイティア CL-P」を発売

1月26日

千寿製薬と武田薬品、コンタクトレンズ用目薬「ファーストマイティア CL-P」を発売

『ファーストマイティア(R)CL-P』の新発売について
~うるおい感が持続するしみないタイプのコンタクトレンズ用目薬~


千寿製薬株式会社(本社:大阪市中央区、以下「千寿製薬」)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、「うるおい感が持続するしみないタイプ」のコンタクトレンズ用目薬『ファーストマイティア(R)CL-P』を2月26日(火)に新発売いたします。

コンタクトレンズ用目薬として、2010年6月にクール感の持続を特徴とする『ファーストマイティア(R)CL-B』を、2012年4月にクール感に加えてうるおい感の持続が特徴の『ファーストマイティア(R)CL-G』を発売しており、今回、ファーストマイティア(R)CLシリーズの新たなラインナップとして、「うるおい感が持続するしみないさし心地」をコンセプトに『ファーストマイティア(R)CL-P』を開発しました。本製品は、千寿製薬が製造し、武田薬品を通じて販売いたします。


◆製品特徴◆
・保水性高分子(ヒプロメロース)配合により、とろっとした粘性のある液が角膜の表面を柔らかく覆い、うるおい感が持続。
・ノンクールタイプのとろっとしみないさし心地。


◆製品のPRポイント◆
・製品デザイン:キャップ部分がワンタッチで開閉可能。携帯に便利で、スタイリッシュな容器を採用。
・ロゴデザイン:しずくマークの周りに使用感を表現した文言を補足し、ひと目でわかる製品特徴を表現。
・パッケージ:シルバーピンクを基調に鏡面加工紙を使用し、高級感を演出。


<ご参考>

1.製品名(分類) ファーストマイティアCL-P(第3類医薬品)

2.発売日 2013年2月26日(火)

コンタクトレンズのシード、動き煮詰まる、再増額の好業績評価

1月15日

コンタクトレンズのシード、動き煮詰まる、再増額の好業績評価

コンタクトレンズ大手のシード <7743> (JQS)に注目したい。今期(13年3月期)好業績見通しが支援材料であり、株価は短期調整が一巡して上値を窺う態勢のようだ。

今期連結業績見通しは11月12日に2度目の増額修正を発表し、売上高が前期比18.4%増の150億円、営業利益が同2.1倍の7億円、経常利益が同2.3倍の6.9億円、純利益が同5.1倍の9.5億円としている。通期予想に対する第2四半期累計(4~9月期)の進捗率は売上高が47.6%、営業利益が47.3%、経常利益が46.8%、純利益が63.2%である。下期についても主力のコンタクトレンズ・ケア用品で、1日使い捨て「シードワンデーピュア」や新製品の「シードアイコフレワンダーUV」などの好調を見込んでいる。純利益については受取和解金や税効果なども寄与する模様だ。

株価の動きを見ると、昨年12月12日に1110円まで上昇して06年1月の高値1040円を突破した。その後は過熱感などで利益確定売りが優勢になり27日に865円まで調整する場面もあったが、1月11日には945円まで戻している。900円近辺での短期調整が一巡して上値を窺う態勢のようだ。11日の終値945円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS123円34銭で算出)は7~8倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間18円で算出)は1.9%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS743円08銭で算出)は1.3倍近辺となる。

日足チャートで見ると、一旦割り込んだ25日移動平均線を回復した。短期調整が一巡して強基調へ回帰する動きのようだ。また週足チャートで見ても、13週移動平均線に対するプラス乖離率が縮小して過熱感が解消された。13週移動平均線がサポートして反発態勢のようだ。今期好業績見通しが支援材料であり、指標面では今期予想連結PERに依然として割安感があるだろう。短期調整が一巡して上値を窺う展開が期待されそうだ。(本紙・シニアアナリスト水田雅展)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

医者もお手上げ!病院に行くときのNGファッション3個

1月12日

医者もお手上げ!病院に行くときのNGファッション3個

病院に行くのに、「何を着ていこうかな~」とウキウキ気分でコーディネートを迷う人は稀でしょう。でも、デートや合コンに限らず、病院に行く際のNGファッションというものがあります。 見た目の問題ではなく、診察室で、お医者さんや看護師さんを困らせてしまう服装があるのです。
 
前回の記事では、現役医大生ライター・朽木誠一郎さんからのお話をもとに、病院でのNGファッション6個のうち、まずは“分厚いセーター”、“ワンピース”、“ストッキング”の3個をお届けしました。
 
これらは主に内科の受診で困ってしまうファッションでしたが、その他、病院でのNGファッションとしてどのようなものがあるのでしょうか? 残り3個を見ていきましょう。
 
 
 
■1:濃いメイク
 
「標準的な診察では、視診、つまり、目で見る診察というのも非常に重要です。患者さんが診察室のドアを開けたそのときから、診察は始まっているのです。具体的には、顔色、肌の具合なども診察対象です。
 
つまり、それらを覆い隠してしまうような過度のメイクにより、重大な疾患が見逃されることも起こりえます。メイクはなるべく薄くしたほうがよいでしょう。
 
皮膚科では爪の色を診ることもあるので、マニキュア・ペディキュアは落としてください」
 
化粧は美しく変身できる魔法ですが、やりすぎると重大な病気まで隠してしまうなんて怖い!
 
「素顔を見られるくらいなら死んだほうがマシよ」という覚悟がない限り、病院でのメイクは控え目にしましょう。
 
 
 
■2:コンタクトレンズ
 
「眼科を受診される際は、普段コンタクトレンズを使用されているかたでも、メガネを必ず持っていくようにしましょう。
 
眼科の診察では、裸眼の視力も重要な指標になります。もちろん、コンタクトレンズに関するご相談であったとしても、診察では一度そのコンタクトレンズを外していただくことになるので、その際は着脱のしやすいメガネをかけていただくことになります」
 
ほぼ1日中コンタクトレンズだから、メガネはなくしちゃった……なんてことはありませんか? 病院に行くまではコンタクトレンズでもいいですが、診察の際に外してもいいように、ちゃんとメガネを持参しましょう。
 
 
 
■3:香水
 
「これは一般的なマナーですが、病院なので周囲には気分の悪いかたもいらっしゃいます。
 
匂いに敏感になっているときに、強い香水の匂いなどは嗅ぎたくないですよね。注意しましょう」
 
自分がお気に入りの香りであっても、他の人にとっては不快なことがあるかもしれません。自分自身が患者のときもそうですが、付き添いで病院に行く場合にも、香水はNGです。
 
 
 
以上2回にわたって、病院でのNGファッション6個をお届けしましたがいかがでしたか? 自分がスムーズに受診するためにも、周囲の患者さんに迷惑をかけないためにも、これらのファッションはどうか控えてくださいね!

「オルソケラトロジー」と「ICL」

1月 7日

「オルソケラトロジー」と「ICL」

最近話題になっている最新近視治療法「オルソケラトロジー 」とは、特殊なコンタクトレンズを夜寝ている間に装着することで、日中は視力が回復し裸眼で過ごせるようになる新しい近視矯正法です。成人だけではなく子供の近視にも効果的で、1〜2時間くらいの試用だけでも視力回復を体験できます。また「ICL」はレーシックより見え方の質が良いとされる最新治療で、特に強い近視の方にお勧めです。今までメガネをかけたままでは危険だったスポーツや、水泳なども安心して出来るようになります。当院はオルソケラトロジーやICLを始め、最新の医療機器を整備し、大学病院並みの環境を整えています。子どもからご高齢の方の目の悩みまで幅広い治療に対応しています。

コンタクトを10年間連続装用、レンズと角膜がくっつき手術するハメに。

1月 5日

コンタクトを10年間連続装用、レンズと角膜がくっつき手術するハメに。

長期の連続装用が可能と謳っている一部のコンタクトレンズを除き、一般的なコンタクトレンズは長時間の連続装用には向かず、説明書にも注意書きが添えられている。しかし中国には、「いちいち外すのが面倒くさい」との理由から、10年間も同じコンタクトレンズを付け続け、結果、手術するハメになった男性がいるそうだ。

 

中国紙新聞晩報などによると、この男性は上海で暮らす王さん(仮名・40歳)。王さんはコンタクトレンズを使用するようになって10年になるが、単純に「コンタクトレンズ歴10年」というわけではない。同じコンタクトレンズを付けっぱなしの状態で、この10年間を過ごしてきたのだ。

その理由を王さんは「毎晩取り外し、翌日の朝に再び装着するのは面倒だし、かえって着用し続けていたほうが衛生的だと思ったから」と語るが、そんなことを続けていれば目にダメージを与えるのは当然。最近受けた健康診断では角膜に異常が見つかり、医者にかかることになった。

すると、コンタクトレンズはすでに角膜とくっついており、無理に剥がそうとすれば角膜破裂を引き起こしかねないという状況と判明。また、王さんは重度の近視で、いずれは失明を招くと診断されてしまった。実際、王さんの目にはすでににごり症状が現れており、それはコンタクトレンズの老化と角膜の損傷が関係していたそうだ。

最終的に王さんはコンタクトレンズを取り外す手術を決意。現在のところ、手術の結果がどうなったのかは明らかにされていないが、王さんの目が無事に回復することを祈るばかりだ。