使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較のエントリーリスト -2013年04月-

たんぽぽ白鳥 特殊コンタクト「オサート」で視力0.08→2.0

4月 7日

たんぽぽ白鳥 特殊コンタクト「オサート」で視力0.08→2.0

3月22日放送の『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)の企画で、ある視力矯正治療を始め、わずか1か月で両目の裸眼視力を0.08から1.5まで回復させたというお笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子(31才)。

白鳥が行った治療法は、特殊なコンタクトレンズを就寝中に装着し、朝起きたら外すだけ…というお手軽なもの。この手術いらずの視力矯正治療『オサート』が今注目を集めている。

眼科医の吉田統彦氏が、オサートについてこう解説する。

「近視は目に入る光の像が、網膜の手前で結ばれてしまうことで起きるのですが、特殊な形状のコンタクトで角膜を凹化させ、光の屈折率を変えることで視力を回復させることができるんです。角膜は柔軟性があり形状が変わりやすく、就寝時にレンズで角膜を凹化させておくと朝レンズを外した後もその形状が維持され、日中は裸眼で過ごせるというわけです」

基本的に、就寝時に6~7時間レンズをつけていれば、翌1日は効果が続くという。

強度近視でも矯正でき、視力が0.01の人でも最終的に1.5程度まで回復させることができるのだという。また、この治療は遠視にも効果があり、治療対象者は4才から88才までと幅広い。

2004年から日本で唯一オサート治療を行っている東京・赤坂にある三井メディカルクリニックでは予約が殺到し、今や3か月待ちの状態だという。

前述の番組の中で、白鳥は最終的に両目視力が2.0まで回復した。

夢のように思える治療法だが、注意点もあるという。前出の吉田氏が警鐘を鳴らす。

「ドライアイの人がやると角膜の内皮細胞が減ってしまうため避けるべきです。また、就寝中に目をこすると角膜が傷ついてしまう。衛生管理を徹底しないと感染症を引き起こすリスクもあります」

ちなみに、レンズの装着をやめれば視力は元に戻るため、効果を持続させるには半永久的に使用する必要があるという。

気になる値段は、検査などの初期費用が4000円、レンズ作成費(両目)が38万円、3年ごとのレンズリニューアル費用(両目)が10万円だ。

※女性セブン2013年4月18日号

フォーカスデイリーズアクアトーリック、きらら

4月 6日

チバビジョンのフォーカスデイリーズは、独特のトライカーブデザインと独自のレンズ素材特性により、レンズの形状保持性が高く、扱いやすさと快適な装用性に優れています

チバビジョンのフォーカスデイリーズアクアトーリックは、独特のトライカーブデザインと独自のレンズ素材特性により、レンズの形状保持性が高く、扱いやすさと快適な装用性に優れています。

先進のレンズデザイン「バックトーリック・ダブルシンゾーン (Back Toric Double Thin Zones)」を形状保持性の高いレンズ素材と組み合わせて、世界初の乱視用使い捨てレンズを実現。いつもシャープでクリアな視界があなたのものになります。
角膜の形状にぴったりとフィットするので、レンズの回転を防ぎ、乱視矯正に大切な円柱軸度の安定性を確保できるのです。

日本国内では「フォーカスデイリーズアクアトーリック」の商品名で販売されています。

エアオプティクス乱視用、きらら

4月 6日

チバビジョンのエアオプティクス乱視用は2週間交換タイプで乱視用使い捨てのトーリックレンズ。従来の使い捨てソフトレンズの5倍もの酸素透過率を実現

チバビジョンのエアオプティクス乱視用は、新素材であるシリコンハイドロゲルと表面加工のプラズマコーティングにより従来の使い捨てソフトレンズの5倍もの酸素透過率が実現された乱視のあなたにクリアで快適な毎日をお届けする2週間交換タイプのトーリックレンズです。

目の乾燥や疲れなどに悩まされている方にお勧め。 しかも、瞳に優しい着け心地なので長時間快適です。

その上、エアオプティクストーリックレンズは淡いブルーですので見つけやすく取り扱いが便利です。

ブレのないクリアな視界と目に優しいつけ心地のレンズデザイン

独自のプレシジョンデザインによって、レンズがくるっと回って決まった位置で安定するから、乱視をきちんと矯正することができます。更に、レンズ下部の下まぶたに当たる部分が薄いデザインなので、自然なつけ心地。

1日中くっきりした視界を保つことと、快適な装用感の両立を目指して開発された、先進のレンズデザインです。

シリコーンハイドロゲルで酸素たっぷり、瞳いきいきな乱視用レンズ

次世代素材であるシリコーンハイドロゲルの採用により、酸素透過率が従来の乱視用ソフトコンタクトレンズの9倍。角膜に十分な酸素を届けることで、瞳の健康をしっかりサポートします。

乾きにくい、汚れにくい

独自の表面加工テクノロジーであるプラズマコーティングにより、レンズ全体が涙のベール包まれるから、常にうるおいをキープします。さらに、レンズに汚れがつきにくいので、レンズはいつも清潔に保たれます。

フォーカスデイリーズアクアコンフォートプラス、きらら

4月 6日

チバビジョンのフォーカスデイリーズアクアコンフォートプラスは瞳のことを考えて水のレンズを採用し2つのモイスチャー成分が目をやさしく包み込みさわやかで快適な装用感が続く1日使い捨てコンタクトレンズ

おもわず瞳がうるうるチバビジョンのフォーカスデイリーズアクアコンフォートプラスは、瞳のことを考えて、約70%が水分の「水のレンズ」を採用。 さらに、新たに追加した2つのモイスチャー成分が目をやさしく包み込んで、さわやかで快適なつけ心地が続く、潤いと清潔さを保つ1日使い捨てコンタクトレンズです。

トリプルアクションモイスチャーによりフォーカスデイリーズアクアコンフォートプラスは1日の終わりまで快適が続く

レンズ素材(PVA)の保水効果に加え、レンズの保存液中に 新うるおい成分(HPMC・PEG)を配合。 新うるおい成分が時間の経過とともに2段階にわたって作用し、さらにレンズ素材がうるおいを保持するので、つけた時から1日の終わりまで快適性を保ちます。

装着時の快適性:新成分「HPMC」がクッションの役割を果たし装着時に快適

HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)がレンズ全体をベールで包み込むことでクッションの役割を果たし、装着時に優れた快適性を実現しています。

長時間の快適性:新成分「PEG」が涙を引き寄せ、つけている間の快適性を実現

PEG(ポリエチレングリコール)はHPMCのベールの内側のレンズ表面に長く滞留し、レンズ表面の親水性をさらに向上させ、涙を引き寄せることにより、長時間の快適性を実現しています。

乾燥感を軽減:「PEG」と「PVA」が汚れの付着を防止し乾燥感を軽減

PEGのベールと非イオン性素材の改良PVAのコンビネーションにより、乾燥感の原因となる汚れの付着を抑えることで、長時間の装用においても優れた快適性を持続します。

快適の秘密は潤いの素材とレンズデザイン

含水率の高いレンズは、つけた瞬間うるおいを感じます。さらに、素材そのものが保水素材ポリビニルアルコール(PVA)でできているレンズだから、つけた瞬間からはずす時まで快適な装用感です。

フォーカスデイリーズアクアコンフォートプラスは独自のトライカーブデザインにより、すべての度数でレンズ全体が薄いデザインを実現。他社レンズと比べ、中間部、周辺部が極めて薄いため、自然で心地よい装用感が得られます。

非イオン性素材「PVA」「PEG」で汚れの付着を抑えて清潔さを保つ

デイリーズアクアコンフォートプラスのレンズ素材(PVA)は非イオン性素材のため、たんぱく質の付着量がイオン性レンズに比べ1/300と少なく、清潔さが持続します。さらにPEGのベールとPVAのコンビネーションにより、汚れの付着を抑えます。

ナイトアンドデイ(O2オプティクス)、きらら

4月 6日

チバビジョンのナイトアンドデイ(O2オプティクス)は、いままでの使い捨てソフトレンズの6倍も酸素透過率(Dk/t値175)を実現している1ヶ月使い捨てコンタクトレンズ

最先端技術のコンタクトレンズのチバビジョンが提供するナイトアンドデー(night&day)日本名O2オプティクス。

日本名O2オプティクスで1ヶ月定期交換(終日装用)タイプ 。従来品の6倍の酸素透過率、しかも目が乾きにくく、汚れにくい次世代コンタクト。

チバビジョンの次世代素材を採用したコンタクトレンズ「ナイト&デイ(O2 オプティクス)」は「第4回サライ大賞」の「体に優しい部門賞」を受賞しました。
長時間コンタクトレンズをつけていると、酸素不足から角膜に障害を起こす恐れがありますが、ナイト&デイは瞳の呼吸を最優先に考え、いままでの使い捨てソフトレンズの6倍も酸素透過率(Dk/t値175)を実現しています。

フレッシュルックデイリーズ、きらら

4月 6日

フレッシュルックデイリーズは今までのカラーコンタクトレンズのように単純に瞳の色を変えるのではなく、日本人の瞳の色を美しく引き立たせる新しい発想のチバビジョンが提供する1日使い捨てカラーコンタクトレンズです

チバビジョンのフレッシュルックデイリーズは日本人の瞳を美しくひきたたせる新しい発想の 1日使い捨てコンタクトレンズです。

フレッシュルックデイリーズは3Dカラーの 1日使い捨てカラーコンタクトレンズ。フレッシュルックカラーブレンドと同様に3つのカラーを1枚のレンズにブレンド。着色部分中心部には彩度の高いカラー、輪郭部分にはチャコールグレー、中間部はくっきりとした3色のブレンドに。また、エッジラインはグラデーションにして立体感を表現しています。
1日使い捨てカラコンフレッシュルックデイリーズは週末やイベント、旅行中などにとっても使い勝手がいいカラコンです。

チバビジョンのフレッシュルックデイリーズはずっと馴染んで、グッと映える

それはまるで奥行き感を加えるように、独自のブレンドエッジ部分が、輪郭(エッジ)を自然に強調。
しかも、フレッシュルックデイリーズは日本人の瞳に近い色合いだから、あなたの視線にニュアンスを与えます。さりげなく、あなたらしさもグッと引き立つ。

  • 虹彩部分(着色部)内側の彩度の高い色と、外側の輪郭部のチャコールグレー、そして中間部のカラーが重なることで、自然な立体感を生み出します。さらに外側のチャコールグレーは、輪郭をグッと引き締めて見せるから、ナチュラルだけどくっきりとした印象に。
  • 虹彩径は、日本人の平均的な黒目のサイズ(11.5mm)よりも大きな12.8mm。
    瞳にインパクトをプラスします。

たくさんの点(ドット)で虹彩部分に模様を着色することにより、立体感のある瞳を再現。だから、見ためもナチュラル。

  • フロントカーブ表面の内側に色素をはさみ込んだ構造。
  • レンズ中心部は無色なので、視界に色がついて見えることはありません。なお、視野周辺部に影が見えることがありますが、この自覚はレンズに慣れることによって消失します。

フォーカスマンスリー(フォーカス2ウィーク)、きらら

4月 6日

チバビジョンのフォーカスマンスリーは、フォーカス2ウィークと同じ商品で、58%以上含んでいる高含水タイプ。さらに非イオン性の素材だから汚れが付きにくく、酸素の透過率も高いので、装用感に優れ自然な着け心地が実感できる

チバビジョンのフォーカスマンスリーは、2週間タイプの使い捨てコンタクトレンズでチバビジョンフォーカスツーウィーク(フォーカス2ウィーク)と全く同じレンズです。

レンズが比較的厚めに作られているから、軽度の乱視なら矯正もでき、レンズの形状保持性が高いから、2週間フルに使っても変形しにくいレンズです。またフォーカス2ウィークは、水分を58%以上含んでいる「高含水タイプ」です。さらに非イオン性の素材だから汚れが付きにくくまた、酸素の透過率も高いので、装用感に優れ自然な着け心地が実感できます。
本製品はチバビジョンフォーカスツーウィークと同じものです。 チバビジョン フォーカスは、水分を含んだとてもやわらかなソフトレンズ。角膜に酸素を届けるとともに、やさしい装用感が評判です。 2週間使い捨てタイプはデイリーよりも形状保持性が高く着脱の操作が簡単。ワンデーの手軽さとマンスリーの安心感をバランスよく実現したツーウィーク。

カラーコンタクトレンズ:増える目の障害

4月 3日

カラーコンタクトレンズ:増える目の障害

「目が大きく見える」と若い女性に人気のカラーコンタクトレンズ。普及に伴って、目の障害も増えている。学会の昨夏の調査では重症例も報告され、専門医らは「医師の診察を受けて適切に使ってほしい」と、注意を呼びかけている。

●瞳くっきり、大きく

インターネットでは、カラーコンタクトレンズを販売するサイトがさまざまあり、「激安」「かわいく盛れる」「モデル愛用」などの文字が躍る。色やデザインも驚くほど豊富で、レンズがリング状に着色され、瞳をくっきりと大きく見せたり、茶や青、グレーなどに変えたりできる。「度」があるものやないもの、1日使い捨てから「1年使用で経済的」とうたうものも。東京都内の量販店では、つけまつげと同じ売り場に並べられ、女性たちが次々に購入していった。

「髪や爪に色を付けるのと同じ感覚で、目の色を変えようというおしゃれ目的のレンズが普及してきた」。日本コンタクトレンズ学会の植田喜一常任理事は説明する。厚生労働省の承認を受けたカラーコンタクトレンズは、09年は10品目以下だったが、13年1月時点で19社258品目と急増している。

●角膜の表面に傷

使用者が増えていることを受けて、同学会の小委員会は昨年7月から3カ月間、会員の眼科医に報告を求めたところ、全国から395件の目の障害事例が上がった。角膜(黒目)の表面に細かい傷が付く「点状表層角膜症」(36%)が最も多く、傷が深くなり重症な「角膜浸潤」(17%)、「角膜潰瘍」(5%)もあった。結膜(白目)から出血する、カラーレンズ特有の障害も見られた。視力障害が残る可能性のある人が2・8%いた。

女性が圧倒的に多く、29歳以下が全体の88%を占めた。特に15〜19歳が40%で、中高校生から装着する人が多いと推測された。自覚症状は「充血」「痛み」「異物感」「目やに」が多かった。

●こすると色落ち

レンズ自体に問題があるものもあった。比較的安全なレンズは、色素をレンズでサンドイッチのように挟んだ構造で、色素が目に直接触れない。しかし、調査では、レンズの内面や外面に着色している製品もあった。調査を担当したワタナベ眼科(大阪市)の渡辺潔院長は「ひどい製品では、綿棒でこすると色が取れるものもある。内面に色が印刷されている場合、色素が角膜をサンドペーパーのようにこする可能性がある」と指摘する。酸素透過性の低い素材も多く、角膜が酸素不足になると目のトラブルも起こしやすい。

学会では「適切に使用しなければ、失明などの重篤な障害を引き起こす」として、購入時は眼科医の診察を受ける▽使用方法や期間を守る▽定期検査を必ず受ける▽少しでも異常を感じたらすぐに眼科医の診察を受ける−−ことを呼びかけている。

カラーコンタクトによる眼障害多発 不適切使用で失明リスク

4月 2日

カラーコンタクトによる眼障害多発 不適切使用で失明リスク

「瞳が大きく見える」などの理由で10~20代女性に人気のカラーコンタクトレンズ(カラコン)で眼障害のトラブルが多発している。不適切な使用でトラブルとなるケースが多く、日本コンタクトレンズ学会は購入時に眼科医の診察を受け、使用方法を守るよう呼び掛けている。(平沢裕子)

8割が受診せず

カラコンは、黒目を大きく見せたり、瞳の色を変えたりすることができるコンタクトレンズ(CL)で、若者に人気のタレントやモデルの利用者も多い。日本で販売されているのはソフトレンズだけで、装用感は良いが、汚れが付きやすく、細菌やアメーバなどの微生物に汚染されやすい。

日本コンタクトレンズ学会常任理事でウエダ眼科(山口県下関市)の植田喜一院長は「CLが原因で重篤な眼疾患となる症例のほとんどがソフトレンズ。カラコン利用者の多くは購入前に眼科を受診せず、不適切な使用で眼疾患を起こしているケースがほとんど」。

同学会が会員の眼科医1105人を対象に行った調査では、昨年7~9月にカラコンで目に障害を負ったのは395人。多くは軽症だが、視力障害が残る可能性があった人が2・8%。8割が購入前に眼科を受診していなかった。

カラコンは平成21年、「高度管理医療機器」として薬事法の規制対象となった。販売業者は都道府県知事の許可を受ける必要があり、店舗に管理者を置き、危険性の説明が義務付けられている。ただ、購入に処方箋はいらず、インターネットや一部の店舗では洋服を買うのと同じように購入できる。

植田院長は「規制で粗悪な製品がなくなり、カラコンによる眼障害が激減すると期待していた。しかし、この数年で利用者が急増、眼障害は逆に増えている印象だ」と指摘する。

低い酸素透過性

眼障害の原因の一つに酸素透過性の低い材質が使われていることがある。角膜の健康には酸素が必要で、酸素透過性の低いレンズを長時間装用すると角膜にびらんを生じたり、角膜周辺部に新生血管ができたりする。使い捨てを繰り返し使ったり、友人同士で使い回したりするなどのずさんな使い方のケースもあった。

植田院長は「眼障害の程度によって、視機能に障害が残ったり、失明したりする可能性もある。

購入時は必ず眼科医の診察を受け、装用方法・サイクルを守って使うこと」と注意を呼び掛けている。

眼障害調査で話題のカラーコンタクトレンズを実際に装用してみた

4月 1日

眼障害調査で話題のカラーコンタクトレンズを実際に装用してみた

若い女性に人気のカラーコンタクトレンズ(カラーCL)。装用することで虹彩(瞳)の色を変えたり、大きく見せたりできると、主に10~20代の女性に人気の商品だ。記者の周りにいる20代女性数名にカラーCLを使ったことがあるかと聞いたところ、「処方箋なしでも手軽に購入でき、装用するだけで印象が変わる」と、日常的に量販店などでカラーCLを購入して使用している女性もいた。