ルテインによる目の効果

ルテインは眼の網膜の構成成分で白内障や緑内障にも効果がある栄養素

ルテインは、強い抗酸化作用を持つ色素成分カロテノイドの一種で、マリーゴールドなどの花やケールやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれいる成分です。

カロテノイドは植物や魚介類に含まれる色素で人間の体内ではビタミンAに変換されますが、ルテインはビタミンAに変換されないため、今まで評価されていませんでしたが、ルテインの強い抗酸化作用が紫外線から目を守ることがわかってきました。

ルテインが目に効果がある理由

マリーゴールド

目の黄斑部(網膜の中心)は、視力や色覚に関係する細胞がたくさん集まっている重要な部分なのですが、ルテインはこの黄斑部に多く存在し、有害な紫外線を吸収し、目を保護する働きます。
また、水晶体にも貯蔵され、酸化などのダメージを受けると害を減らすために戦ってくれる重要な成分なのです。

パソコンのディスプレイなどの人工的に作られた青い波長の光や自然の有害な紫外線を吸収してくれるので、目の細胞が酸化しないようにルテインが守ってくれるのです。

ルテインを摂取できる緑黄色野菜をあまり摂取しない食生活を送っていると、紫外線や人工で作られた青い波長をさえぎることができないため、目の中の細胞が酸化しやすくなります。
目の細胞が酸化すると白内障や緑内障・黄斑変性症などの目の病気を引き起こす原因となります。
ですので、既に目の病気になっている人にも、ルテインを摂取することは効果があるといえます。

ルテインを摂取している人の効果

ルテインの効果についてはアメリカで研究が進んでおり、いくつもの興味深い結果が出ています。

  • 1日6gのルテインを日常的に摂取するグループは、ほとんど摂取しないグループに比べて、加齢黄斑変性の発症リスクが43%低くなった。
  • ルテインとゼアキサンチン(カロテノイドの1種でパパイヤ,マンゴー,ホウレンソウなどに多い)を多く含む食品を食べている人は、そうでない人より20%前後白内障の発症リスクが少なくなった。
    また、ルテインをサプリメントで2年間摂取した臨床試験では、白内障の視力低下を改善する効果が見られた。
  • ルテインによって、眼内の血流や視神経の血流が増えることがわかり、緑内障への効果も期待できる。

ルテインの摂取方法

ルテインは自然界のみに存在し、人間の体内では作ることができないため、緑黄色野菜などの食べ物などによって摂取するしかありません。

目の健康を守るためルテイン含有量の多いホウレンソウ,ブロッコリー,芽キャベツなどを日ごろの料理に取り込んでみましょう。また、ルテインはビタミンCなどと違って熱に強いので、おひたし炒め物などにしてたくさん食べましょう。

 野菜  ルテイン 
 ブロッコリー  1900 
 芽キャベツ  1300
 にんじん  260
 レタス  1800
 ケール  21900
 ホウレンソウ  10200
 トマト  100
 トウモロコシ  780
表内の数値は野菜100g中に含まれるルテインの量(μg)

既に加齢黄斑変性や白内障になっている人は、食事からだけではルテインの量が足りません。

また、1日あたり6mg程度摂取したほうが望ましいといわれており、野菜が苦手な人にも効果的にルテインをサプリメントで摂取する方法がオススメです。

こちらのリンクから大手通販サプリメントショップでおすすめ順や人気順を設定したサプリメント情報の検索ができます。
3000円以上の購入で送料が無料に!

ルテインによる目の効果をはてなブックマークに追加 ルテインによる目の効果のはてなブックマーク数 ルテインによる目の効果をlivedoorクリップに追加 ルテインによる目の効果をdel.icio.usに追加 ルテインによる目の効果をニフティクリップに追加

目の健康とサプリメント記事一覧

目に効果があるサプリメントや健康食品を摂取して快適なアイライフを送ってみましょう。


このページはルテイン,摂取,目,効果,野菜,白内障,ルテインに関する記事を記載しています。

ルテインによる目の効果の関連カテゴリ

目の健康