タイプ別コンタクトレンズの最安値を表示-使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較-

 1  |  2  | 全てのページを見る 次のページへ→

ロート製薬

ロート製薬は世界150カ国にネットワークを構築している明治創業のヘルスケアを製造しているロートiQブランドで人気があるコンタクトレンズメーカ

ロート製薬は1899年創業の老舗会社で、アイケア,スケンケア,内服薬,食品サプリメント,検査薬などを主力に扱っているメーカです。

ロート製薬

ヘルス・ビューティで新しい価値を提供し続けるロート製薬はコンタクトレンズ事業をはじめとして、トータルヘルスケアの商品を提供している会社です。

世界で最初に認可された高含水ソフトコンタクトレンズを開発したクーパービジョン社と提携し目のトータルケアをより推進,乱視矯正力に優れたトーリックレンズはロートiQブランドとして広くコンタクトレンズユーザーに愛用されています。

ロート製薬の続きはこちら⇒ロート製薬

旭化成アイミー

旭化成アイミーは有名な旭化成グループのコンタクトレンズ事業を専門とした会社で多彩な種類のコンタクトレンズを提供してくれる日本のメーカー

旭化成アイミーは旭化成グループのコンタクトレンズ事業を専門に扱っている会社でソフトレンズやハードレンズなど全域にわたるコンタクトレンズ製品を提供しているメーカーです。

旭化成アイミー

繊維を柱として住宅、化学、医薬品等に事業を展開する日本の総合化学企業ならびに旭化成グループの中でヘルスケア事業の中心である旭化成ファーマを筆頭に展開しているコンタクトレンズ担当の会社が旭化成アイミーとなっています。

主な事業の概要は、ハードコンタクトレンズ,ソフトコンタクトレンズ,乱視用,遠近両用をはじめ、コンタクトレンズケア用品や眼科用医療機器,眼内レンズ,医薬品など、目のケア用品に対して殆どの製品やサービスを展開しています。

旭化成アイミーの続きはこちら⇒旭化成アイミー

メニコン

メニコンはソフトコンタクトからハードコンタクトまで数多くの商品を取り扱っている日本を代表するコンタクトレンズメーカー

メニコンは日本を代表するコンタクトレンズメーカーで、ハードコンタクトからソフトコンタクトまで数多くのレンズを取り揃えています。

メニコン

メニコンは、1951年に日本初の角膜コンタクトレンズを開発して以来、新しいレンズ素材やデザインの開発、製造技術の向上、生産・品質管理体制の整備を進め、「コンタクトレンズのパイオニア企業」としてつねに業界をリードし、豊かなアイライフを届けています。

この何事にも挑戦し続ける精神や創造性、独創性など、創業以来着実に培われた「メニコンらしさ」は、現在も脈々と息づいており、今後も「最高の安全性」へのこだわりをさらに強化し、「すべての瞳の幸せのために」、眼科医としての視点からも″メニコンの安全哲学″を構築しています。

そして、高品質な製品開発を進めるとともに、眼科医療分野以外の新規事業へも果 敢にチャレンジし、「創造型スペシャリスト企業」として、たゆまぬ努力を続けているコンタクトレンズメーカーです。

メニコンの続きはこちら⇒メニコン

クーパービジョン

クーパービジョンは独自の技術を活かしたソフトレンズを開発しているワンデーアクエアで有名なコンタクトレンズメーカー

クーパービジョンは2005年にオキュラーサイエンスと合併し世界22カ国33都市に拠点を持つ世界第3位のソフトコンタクトレンズメーカーで、海外ではバイオメディックスやフレクエンシーなどのブランド名で展開しています。

海外のクーパービジョン公式サイトブランド一覧はこちら→海外CooperVision公式サイト

クーパービジョン

新世代期に向けた製品開発力をより充実させているクーパービジョンにおいては、新世代素材として注目されているシリコンハイドロゲルをはじめ、FDAで唯一ドライアイに効果が認められたプロクリア等、将来日本市場にご紹介することの可能な「素材」を、多様なデザインとのポートフォリオで展開している会社です。

レンズデザイン開発力において高い評価を世界的に得ており、USの近視用レンズ(球面)では2004年に第2位(患者装用率)を占めるにいたり、近視性乱視用レンズ(トーリック)では世界第1位の実績を持っています。

使い捨てコンタクトレンズの製造には手間がかかりすぎるといわれてきた「ドライキャスト・モールド」製法にあえてこだわり、薄型でも取り扱いの容易な独特の「こし」をレンズに与えています。
快適な装用感を生み出すレンズ周辺部およびエッジデザインもまた、クーパービジョン製品の特色のひとつで、これらのユニークな素材・レンズデザイン・製法をまとめて「クーパービジョン・テクノロジー」と称しており、より良きコンタクトレンズを生み出すために、これら3要素のバランスの取れた技術開発を行っています。

クーパービジョンの続きはこちら⇒クーパービジョン

シード(SEED)

シード(SEED)はあなたの見えるをサポートする日本のコンタクトレンズメーカー

シードは、日本で最初のコンタクトレンズの研究を開始したレンズメーカーで、使い捨てコンタクトレンズではワンデーファインやマンスリーファインが人気です。

シード(SEED)

シードが、コンタクトレンズの研究を開始したのは1951年。以来半世紀以上にわたり、コンタクトレンズの開発で培った技術・信頼をもとに、コンタクトレンズ事業にとどまらず、眼に関するさまざまな商品を世に送り出しています。

今ではコンタクトレンズ事業を中心に、コンタクトレンズケア事業、眼鏡事業のほか、多くの事業を展開しており、その事業の全てが“「見える」をサポートする”ことにをモットーとしています。

シード(SEED)は、英語で「種子」という意味。今後も私たちは、無限の新分野に種をまき、 結実した「成果」を収穫し続けることで、皆さまの「見える」を、より一層サポートしてくれます。

シード(SEED)の続きはこちら⇒シード(SEED)

オフテクス

オフテクスは世界の眼科医療に貢献する企業を目指している日本のコンタクトレンズメーカー

オフテクスはOPHTHALMOLOGY(眼科学)とTECHNICS(技術)の合成後の社名のごとく、世界の眼科医療に貢献することをモットーにしている日本のコンタクトレンズメーカーです。

オフテクス

「創意工夫と挑戦」、この企業理念の下1981年の創業以来オフテクスはコンタクトレンズケア(CLC)を中心に事業を展開しています。

1988年世界初の液体酵素による洗浄システム「バイオクレン エル」の発売を皮切りに、最近では海外メーカーより導入されたコールド消毒剤という新しいカテゴリーにおいて、国産初のコールド消毒剤 「バイオクレンケムセプト」を投入し、国内CLCマーケットで一定の地位を築き上げています。

しかし、これだけにとどまらず、さらにオフテクスは「世界の眼科医療に貢献すること」を目標に着実に事業領域を拡大しています。1996年に防腐剤フリーの人工涙液の製造販売を開始し、1998年には定期交換型ソフトコンタクトレンズ 「ビューノI」の導入を行い、CLC、コンタクトレンズ、医薬品の3本柱を確立。

この21世紀には医療用医薬品分野への進出、世界市場への進出を果たすべく準備を進めており、2002年春にアイルランド共和国リメリックに工場が完成。

オフテクスの続きはこちら⇒オフテクス

ジョンソンエンドジョンソン

ジョンソンエンドジョンソンはアキュビューブランドで販売しているコンタクトレンズメーカー

ジョンソンエンドジョンソンはアキュビューコンタクトレンズをはじめとする人気のコンタクトレンズメーカーです。

ジョンソンエンドジョンソンのアキュビュー

1984年にデンマークで開発された技術を基に、米国ジョンソン・エンド・ジョンソンが均一なレンズを大量生産することに成功し、最長で1週間連続装用が可能な「アキュビュー」を世界ではじめて開発。

そして1991年、「アキュビュー 」は日本で初めてのディスポーザブルコンタクトレンズとして導入されました。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューはあなたに快適なコンタクトレンズライフをお届けしてくれます。

ジョンソンエンドジョンソンの続きはこちら⇒ジョンソンエンドジョンソン

ボシュロム

ボシュロムは世界で初めてソフトコンタクトレンズを製品化したメダリストブランドで使い捨てコンタクトレンズを販売しているレンズメーカー

ボシュロムはメダリストブランドで使い捨てコンタクトレンズを販売しているメーカーです。

ボシュロムのメダリスト

1853年にドイツからの移民 J.J.ボシュが米国ニューヨーク州ロチェスターに開いた小さな眼鏡店から始まりました。以来、眼鏡・光学関連の分野で高い技術力に基づく製品を送り出し、150年を経た現在では、コンタクトレンズや眼科用医薬品・手術機器などを中心に世界100以上の国々においてビジネスを展開するグローバル企業に成長。“確かな視界で快適な暮らしを”をスローガンに、世界中の人々の目の健康に貢献しています。

ボシュロムの続きはこちら⇒ボシュロム

アイレ(AIRE)

アイレ(AIRE)は一眼レフ製造技術を下支えにコンタクトレンズ事業へ展開しているネオサイト14やアイレ30などが人気のコンタクトレンズメーカー

アイレ(旧荒江光学)はネオサイト14やアイレ30などが人気のコンタクトレンズメーカーで、一眼レフ製造技術から発展しており、大手コンタクトレンズメーカーにもOEM供給しています。

アイレ

アイレ(AIRE)は1961年に設立。それまではカメラ開発を手がけ、現在高級一眼レフに使用されているクイックリターンミラーを初めて開発。スイングバック式クイックリターンミラーとペンタプリズムを搭載した一眼レフカメラ「アルタイル」の技術は現在も大手カメラメーカーに受け継がれています。

その後、プラスチック製マイクロレンズを開発。大手コンタクトレンズメーカーにOEM供給する。現在では製造協力工場を広く海外に求め、最先端の技術力と長年培ったノウハウの融合により、高品質なコンタクトレンズの販売・開発を手がけています。

アイレ(AIRE)の続きはこちら⇒アイレ(AIRE)

チバビジョン

チバビジョンはフォーカスデイリーズなどで有名なソフトコンタクトレンズ専門メーカー

チバビジョンは、1日使い捨てコンタクトレンズのフォーカスデイリーズなどのフォーカスブランドやカラーコンタクトレンズのフレッシュルックブランドなどで販売しているソフトコンタクトレンズの専門メーカーです。

チバビジョン

チバビジョンは、革新的な製品(素材、製法等)の研究開発を絶えず行っています。この研究開発によりレンズ事業ではシリコーンハイドロゲル素材を採用したNIGHT&DAY® やO2OPTIX™ (※), そして1日(1回限り)使い捨てソフトコンタクトレンズのフォーカス® デイリーズ®等を市場導入してきました。

※海外で発売されているO2OPTIX™は、日本で発売されている「O2オプティクス」とは、異なる製品です。

チバビジョンの続きはこちら⇒チバビジョン

 1  |  2  | 全てのページを見る 次のページへ→

使用目的別に使い捨てコンタクトレンズの最安値を比較表示

使用目的別に分けられた下のリンクをクリックすると、使い捨てコンタクトレンズの通販で最も激安な最安販売価格を確認することができます。

インターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

メーカー別の最安値を比較表示

レンズメーカー別に分けられた下のリンクをクリックすると、メーカー商品名別で最も激安な最安販売価格を確認することができます。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューやチバビジョンのデイリーズなどが家にいながら販売サイトで購入できます。

安い価格を比較するとインターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで普通の店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

商品名別で使い捨てコンタクトレンズの価格を比較

商品名別に分けられた下のリンクをクリックすると使い捨てコンタクトレンズの販売価格を低価格順に比較した販売店や価格を確認することができます。

同じコンタクトレンズでも販売店の違いにより、1箱あたり1000円以上の価格差がでる場合もあるので、あなたが欲しいソフトレンズを比較して格安コンタクト販売店の価格チェックで購入候補を見つけてみよう。