使い捨てコンタクトレンズのタイプ比較

使い捨てコンタクトレンズには、使う期間によって、1日使い捨て、1週間使い捨て、2週間使い捨て、1ヶ月使い捨ての4種類があります

従来のソフトレンズが使用できる期間はおよそ1-2年で寿命ですが、レンズ差や個人差があります。対して、使い捨てタイプは最長の使用期間が決められています。1日タイプ・1週間タイプ・2週間タイプ・1ヶ月タイプがあります。

使い捨てコンタクトレンズは、一度使用したら再利用しないレンズを意味しています。基本的にケアをして再利用するレンズは含みません。しかしケアをしながら再利用して、2週間もしくは1ヶ月で交換するレンズも、一般的に使い捨てタイプに含んでいます。

使い捨てコンタクトレンズは、常に新しいレンズを使用するため、耐久性や汚れ対策を、ほとんど考慮していないため、レンズの厚さを薄くしたり、含水率を上げて酸素透過性を高めた素材が使われています。そのため安全性は従来のソフトレンズよりも高いと言われます。

しかし、1枚当たりのコストが安くても、頻繁に交換するために長期的な使用ではコストが高いですが、利用者が多くなったお陰で、以前より割高感は低くなってきました。

 種類1日使い捨て1週間使い捨て2週間使い捨て1ヶ月使い捨て
 毎日のケア ◎(不要) ◎(不要)  △(必要)  △(必要) 
 眼の優しさ ◎ △ ○ ○
 商品の種類 ○ △(少ない) ◎(多い) △(少ない)
 コスト △ ○ ◎ ○

1日使い捨てコンタクトレンズ

ワンデータイプである1日使い捨てコンタクトレンズとは、1日で使い捨てるタイプです。毎日新しいレンズを使うため、手入れは不要です。目にやさしく、清潔で衛生的です。常に新品なので目のトラブルも減少します。

欠点はコストがかかることでしたが、ここで紹介する激安サイトなどもたくさん出てきてかなりお安く購入することができるようになりました。

1週間使い捨てコンタクトレンズ

ワンウィークタイプの1週間使い捨てコンタクトレンズとは、1週間、寝る時も昼夜を問わず、連続装用するタイプです。1週間毎に新しいレンズと交換するため、いっさい手入れは不要です。

ただし、寝る時もずっとコンタクトレンズをつけておく必要があるため、目に対する負担が大きいです。

2週間使い捨てコンタクトレンズ

ツーウィークタイプ2週間使い捨てコンタクトレンズとは、2週間毎に新しいレンズと交換するタイプです。1週間使い捨てコンタクトレンズとは異なり、毎日外して手入れが必要です。

普通のコンタクトと比べて目にやさしく、また1日使い捨てや1週間使い捨てと比べて非常に経済的です。長期間使うコンタクトレンズよりもレンズの汚れなどからくる眼のトラブルも軽減します。

1ヶ月使い捨てコンタクトレンズ

マンスリータイプの1ヶ月使い捨てコンタクトの使い方は2週間使い捨てコンタクトと同じです。毎日コンタクトをケアし、1ヶ月使ったところで、新しいコンタクトに変えます。

月初から月末まで、というように決めておけば、交換のサイクルが分かりやすいです。

このようなコンタクトレンズのタイプからあなたにぴったりなコンタクトレンズから、コンタクトレンズ通販で一番格安なコンタクトレンズを購入しましょう。

あなたが普段買っているコンタクトレンズが果たしてインターネットでは幾らなのか、ページの上部にある使用目的別のコンタクトレンズ最安値表示で確認してみよう。

使い捨てコンタクトレンズのタイプ比較をはてなブックマークに追加 使い捨てコンタクトレンズのタイプ比較のはてなブックマーク数 使い捨てコンタクトレンズのタイプ比較をlivedoorクリップに追加 使い捨てコンタクトレンズのタイプ比較をdel.icio.usに追加 使い捨てコンタクトレンズのタイプ比較をニフティクリップに追加

使用目的別に使い捨てコンタクトレンズの最安値を比較表示

使用目的別に分けられた下のリンクをクリックすると、使い捨てコンタクトレンズの通販で最も激安な最安販売価格を確認することができます。

インターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

メーカー別の最安値を比較表示

レンズメーカー別に分けられた下のリンクをクリックすると、メーカー商品名別で最も激安な最安販売価格を確認することができます。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューやチバビジョンのデイリーズなどが家にいながら販売サイトで購入できます。

安い価格を比較するとインターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで普通の店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

商品名別で使い捨てコンタクトレンズの価格を比較

商品名別に分けられた下のリンクをクリックすると使い捨てコンタクトレンズの販売価格を低価格順に比較した販売店や価格を確認することができます。

同じコンタクトレンズでも販売店の違いにより、1箱あたり1000円以上の価格差がでる場合もあるので、あなたが欲しいソフトレンズを比較して格安コンタクト販売店の価格チェックで購入候補を見つけてみよう。



このページはレンズ,コンタクト,使い捨て,タイプ,交換,使い捨てコンタクトレンズのタイプ比較に関する記事を記載しています。

使い捨てコンタクトレンズのタイプ比較の関連カテゴリ

使い捨てコンタクトレンズ通販について