新生血管黄斑症(しんせいけっかんおうはんしょう)、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)

新生血管黄斑症(しんせいけっかんおうはんしょう)、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)とは、新生血管は水がもれやすい、出血しやすいなどの性質があるため、網膜の下や網膜色素上皮の下に水や血液がたまり、網膜の下にたまれば網膜剥離(もうまくはくり)、網膜色素上皮の下にたまれば網膜色素上皮剥離を起こして、網膜の機能が損なわれます

新生血管黄斑症は、脈絡膜(みゃくらくまく)から新生血管(正常では存在せず、新たに発生してくる異常な血管)を生じる病気です。脈絡膜新生血管はほとんどの場合、黄斑部と呼ばれる眼底の中心部で起こります。

新生血管は水がもれやすい、出血しやすいなどの性質があるため、網膜の下や網膜色素上皮の下に水や血液がたまります。網膜の下にたまれば網膜剥離(もうまくはくり)、網膜色素上皮の下にたまれば網膜色素上皮剥離を起こして、網膜の機能が損なわれます。

新生血管黄斑症にはいくつかの種類がありますが、代表的なのが加齢黄斑変性症です。これは、欧米ではすでに中途視覚障害の原因としては第1位を占めています。日本でも増加傾向がみられることから、今後ますます重要な病気になってくるでしょう。

原因は何か

加齢黄斑変性症は、加齢による網膜色素上皮、脈絡膜の機能低下が誘因となって起こります。そのほかに、原因が不明で比較的若い人に起こる特発性(とくはつせい)新生血管黄斑症や、強度近視に伴って起こるものなどがあります。加齢黄斑変性症では遺伝子の影響もあるようです。

症状の現れ方

一般に、症状はゆっくりと現れます。物がゆがんで見える(変視症(へんししょう))、物が小さく見える(小視症(しょうししょう))、中心が見えにくい(中心暗点)などが初期には多い症状です。多くの場合、視力も徐々に低下します。

新生血管が中心から離れていると症状はあまり出ませんが、突然大量の出血を起こしたりすると、急激な視力低下が現れることもあります。

検査と診断

眼底検査、蛍光(けいこう)造影検査、OCT(光学的干渉断層計)などで診断されます。眼底検査だけでは新生血管を確認することができないことも多く、そのため蛍光造影検査がとくに重要になります。蛍光物質として、フルオレスセインとインドシアニングリーンの2種類が使われます。

治療の方法

加齢黄斑変性症は、人によって重症度や進み方がかなり違います。軽症のままほとんど進まない人もいますが、進行していく人もたくさんいます。

進行する場合、治療はなかなか難しい病気です。レーザー光凝固術(ひかりぎょうこじゅつ)、薬物治療などが一般的に行われていますが、治療にもかかわらず進行していく例が少なくありません。

最近では温熱療法、光線力学療法など新しい治療法も試みられていますが、特効的な治療は今のところ見いだされていません。網膜をずらして中心部の位置を正常な網膜色素上皮の上に移動する手術も一部の人には有効ですが、一般的に行われているわけではありません。

病気に気づいたらどうする

眼科専門医の診断を受ける必要があります。できるなら、ある程度この病気を専門にしている眼科医のいる病院を受診することをすすめます。この病気は症状や経過がさまざまで、万人に効くという治療法はありませんが、人によっては有効という治療法もあるからです。

新生血管黄斑症(しんせいけっかんおうはんしょう)、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)をはてなブックマークに追加 新生血管黄斑症(しんせいけっかんおうはんしょう)、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)のはてなブックマーク数 新生血管黄斑症(しんせいけっかんおうはんしょう)、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)をlivedoorクリップに追加 新生血管黄斑症(しんせいけっかんおうはんしょう)、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)をdel.icio.usに追加 新生血管黄斑症(しんせいけっかんおうはんしょう)、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)をニフティクリップに追加

目の健康とサプリメント記事一覧

目に効果があるサプリメントや健康食品を摂取して快適なアイライフを送ってみましょう。


このページは網膜,血管,黄斑,新生,上皮,色素,加齢,変性,新生血管黄斑症,しんせいけっかんおうはんしょう,加齢黄斑変性症,かれいおうはんへんせいしょうに関する記事を記載しています。

新生血管黄斑症(しんせいけっかんおうはんしょう)、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)の関連カテゴリ

目の病気

この新生血管黄斑症(しんせいけっかんおうはんしょう)、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)を読んだ人はこんなページも読んでいます