サルコイドーシス

サルコイドーシスは、全身のリンパ節やいろいろな臓器に結節という腫瘍のような塊ができる病気

サルコイドーシスは、全身のリンパ節やいろいろな臓器に結節という腫瘍のような塊ができる病気で、ときにぶどう膜炎を併発します。

症状と診断

全身のサルコイドーシスの患者の30-40パーセントに、目の症状が出るといわれます。ぶどう膜炎は両目に出ます。サルコイドーシスによるぶどう膜炎の特徴は、角膜の後面に白っぽい小さな沈殿物が多数つき、硝子体には雪玉のような濁りが現われ、眼底には血管炎などの症状が出ます。

胸のなかのリンパ節にもっともよく結節ができるので、診断をつけるために胸のエックス線撮影をしたり、リンパ節をとりだして顕微鏡で観察したりします。

また、サルコイドーシスになると、ツベルクリン反応が陰性になることもよくあります。慢性の病気で、症状が長引いたり、再発をくり返すと、白内障や緑内障を合併し、視力が低下します。

治療の方法

散瞳薬の点眼、副腎皮質ステロイド薬の点眼や目への注射、点滴、内服を行ないます。

サルコイドーシスをはてなブックマークに追加 サルコイドーシスのはてなブックマーク数 サルコイドーシスをlivedoorクリップに追加 サルコイドーシスをdel.icio.usに追加 サルコイドーシスをニフティクリップに追加

目の健康とサプリメント記事一覧

目に効果があるサプリメントや健康食品を摂取して快適なアイライフを送ってみましょう。


このページはサルコイドーシス,リンパ節,症状,ぶどう膜,結節,点眼に関する記事を記載しています。

サルコイドーシスの関連カテゴリ

目の病気