かん目(角膜軟化症)

かん目(角膜軟化症)とはビタミンAの欠乏による角膜の病気のこと

ビタミンAの欠乏による角膜の病気です。乳幼児で栄養状態がわるかったり、はしか、肺炎などで全身状態がわるいときにおこります。かつては、失明の大きな原因の1つでしたが、今日、わが国ではほとんどみられなくなりました。

症状の現れ方

程度の差はあるものの、両目に現われる病気で、夜盲症を合併します。まず結膜乾燥症をおこした後、角膜は乾燥して、光沢がなくなり、分泌物があかのように付着します。やがて二次感染をおこして中央部に潰瘍ができ、さらに穿孔し失明します。

治療の方法

ビタミンAの投与と、感染予防のため抗生物質の点眼を行ないます。

かん目(角膜軟化症)をはてなブックマークに追加 かん目(角膜軟化症)のはてなブックマーク数 かん目(角膜軟化症)をlivedoorクリップに追加 かん目(角膜軟化症)をdel.icio.usに追加 かん目(角膜軟化症)をニフティクリップに追加

目の健康とサプリメント記事一覧

目に効果があるサプリメントや健康食品を摂取して快適なアイライフを送ってみましょう。


このページは角膜,ビタミンA,病気,乾燥,失明,感染,欠乏,状態,軟化,かん目,角膜軟化症に関する記事を記載しています。

かん目(角膜軟化症)の関連カテゴリ

目の病気