角膜輪部フリクテン(めぼし)

角膜輪部フリクテン(めぼし)とは黒目と白目の境界を角膜輪部といいますが、そこに小さな水泡のような白いふくらみができる病気のこと

黒目と白目の境界を角膜輪部といいますが、そこに小さな水泡のような白いふくらみができる病気です。乳幼児、学童期の子どもおよび青年層に多い病気ですが、最近はあまりみられなくなりました。ある種のアレルギーが原因でおこるといわれます。

症状の現れ方と診断

目がごろつく、まぶしい、涙が出る、あるいは目が痛いといった症状が現われます。診断は、角膜輪部に小さな円形の白いふくらみができ、そのまわりの結膜が赤く充血し、ふくらみの先端は、特殊な染色液でよく染まることから容易です。1-2週間で自然に治るといわれます。

治療の方法

副腎皮質ステロイド薬の点眼が有効です。

角膜輪部フリクテン(めぼし)をはてなブックマークに追加 角膜輪部フリクテン(めぼし)のはてなブックマーク数 角膜輪部フリクテン(めぼし)をlivedoorクリップに追加 角膜輪部フリクテン(めぼし)をdel.icio.usに追加 角膜輪部フリクテン(めぼし)をニフティクリップに追加

目の健康とサプリメント記事一覧

目に効果があるサプリメントや健康食品を摂取して快適なアイライフを送ってみましょう。


このページは角膜,輪,ふくらみ,病気,めぼし,フリクテン,境界,水泡,角膜輪部フリクテン,めぼしに関する記事を記載しています。

角膜輪部フリクテン(めぼし)の関連カテゴリ

目の病気