角膜実質炎(かくまくじっしつえん)

角膜実質炎とは角膜実質炎は目が炎症をおこして、角膜の深いところに濁りをつくるもののこと

角膜実質炎は目が炎症をおこして、角膜の深いところ[実質]に濁りをつくるものを角膜実質炎といいます。
今日ではまれな病気になりましたが、角膜実質炎の代表的なものは、先天梅毒と結核によるものです。

症状の現れ方と診断

先天梅毒性角膜実質炎は、先天的に梅毒をもっている人におこる病気で、幼児期から20歳ごろに突然角膜全体が濁り、虹彩炎をともないます。その後、角膜にたくさんの血管が入りこんできますが、濁りは少しずつ減ってゆき、最終的には、軽い濁りを残して病気は治ります。

発病の時期のずれはありますが、両眼におこるといわれています。結核による角膜実質炎は、片目におこることが多く、虹彩炎とともに角膜の濁りがごく限られた部分だけにみられます。この濁りは瞳孔の近くにでき、しかも炎症が治った後も強く残るので、かなり視力が落ちます。

治療の方法

先天梅毒や結核がないかどうか、全身チェックが必要です。角膜実質炎に対しては、副腎皮質ステロイド薬の点眼をしますが、先天梅毒や結核があればそれの治療も行ないます。

角膜実質炎(かくまくじっしつえん)をはてなブックマークに追加 角膜実質炎(かくまくじっしつえん)のはてなブックマーク数 角膜実質炎(かくまくじっしつえん)をlivedoorクリップに追加 角膜実質炎(かくまくじっしつえん)をdel.icio.usに追加 角膜実質炎(かくまくじっしつえん)をニフティクリップに追加

目の健康とサプリメント記事一覧

目に効果があるサプリメントや健康食品を摂取して快適なアイライフを送ってみましょう。


このページは角膜,実質,梅毒,先天,濁り,結核,炎症,病気,角膜実質炎,かくまくじっしつえんに関する記事を記載しています。

角膜実質炎(かくまくじっしつえん)の関連カテゴリ

目の病気