角膜変性症(かくまくへんせいしょう)

角膜変性症とは老化現象や角膜に脂肪や石灰がくっついたり、あるいは遺伝によって角膜が濁っていびつになる病気のこと

角膜変性症は老化現象や角膜に脂肪や石灰がくっついたり、あるいは遺伝によって角膜が濁っていびつになる病気を角膜変性症といいます。ここでは、正しくは角膜ジストロフィーと呼ばれる遺伝性の病気について解説します。

症状の現れ方・診断

一般的に若いころ両方の目に発病し、ゆっくりと進行していきます。角膜にみられる濁りの形から顆粒状ジストロフィー、斑状ジストロフィー、格子状ジストロフィー、膠様滴状ジストロフィーなどに分類されています。この病気の原因として、代謝の異常が関与していることがわかっています。また、どのような遺伝の形をとるかということがわかっている病気もあります。

治療の方法

確実な治療法はわかっていません。病気が進んで視力がひじょうに低下した場合には、角膜移植を行ないます。

タイプによっては、何年かたつうちに移植した角膜にも同じ病気がおこってくることがあります。

角膜変性症(かくまくへんせいしょう)をはてなブックマークに追加 角膜変性症(かくまくへんせいしょう)のはてなブックマーク数 角膜変性症(かくまくへんせいしょう)をlivedoorクリップに追加 角膜変性症(かくまくへんせいしょう)をdel.icio.usに追加 角膜変性症(かくまくへんせいしょう)をニフティクリップに追加

目の健康とサプリメント記事一覧

目に効果があるサプリメントや健康食品を摂取して快適なアイライフを送ってみましょう。


このページは角膜,病気,ジストロフィー,変性,遺伝,いびつ,形,現象,石灰,角膜変性症,かくまくへんせいしょうに関する記事を記載しています。

角膜変性症(かくまくへんせいしょう)の関連カテゴリ

目の病気