コンタクトレンズのメリットとデメリット

コンタクトレンズのメリットとデメリットを考えてみよう

コンタクトレンズのメリットとデメリットを考えてみましょう。目の安全面でいうと眼鏡とコンタクトレンズでは眼鏡のほうが安全です。

コンタクトレンズは異物を目の表面に乗せるため、機械的刺激、酸素不足、乾燥などにより目の表面にキズをつくったり、コンタクトレンズに付着した汚れでアレルギー性結膜炎を生じることがあります。

コンタクトレンズ装用で目に障害を起こすと、コンタクトレンズの装用をやめて眼鏡にしないといけませんが、その時に眼鏡がなければ仕事ができないことになります。従って、眼鏡はいつでも使えるように携帯しておく必要があります。

コンタクトレンズの良い適応は、激しい運動(スポーツ)をする、近視の度数の左右差が大きい、不正乱視(円錐角膜)がある、近視が非常に強い場合などです。

また、仕事上眼鏡が曇ると見えなくて困る場合などもコンタクトレンズ適応になります。
コンタクトレンズを装用すると、裸眼に比べて目からの涙液の蒸発量が増えます。従って、コンタクトレンズを装用することによって起こるドライアイもあります。

コンタクトレンズと眼鏡の特徴比較

 眼鏡コンタクトレンズ
物の大きさ(見え方)倍率、距離感が変わる適している
不正乱視に適していない適している(ハードレンズの場合)
取り扱い簡単難しい
装用時間制限がない制限がある
スポーツに適していない適している

いろんなメリットやデメリットがありますので、あなたにあったライフスタイルで選択してみるといいでしょう。

コンタクトレンズのメリット

コンタクトレンズは目に直接のせて使うものですので、裸眼と同様の広い視野を得られます。また、雨や湯気でくもったりすることもなく、スポーツをする際にもご使用いただけます。サングラスも、度数を気にせずに楽しめます。

使い捨てコンタクトレンズのメリット

コンタクトレンズは大切な目に装用するものですから、いつも清潔でなければなりません。使い捨てコンタクトレンズのメリットは、レンズに汚れが蓄積する前に新しいレンズと交換するので、清潔、快適にご使用いただけることです。

こんな時に威力を発揮する使い捨てコンタクトレンズ

  • スポーツ
    スポーツの時などアクティブな行動をする時におすすめなのが使い捨てコンタクトレンズ。スポーツを楽しむことに集中できるうえ、スペアがあるので無くさないようにと必要以上に気をつかわなくてよいところも魅力です。
  • 旅行
    海外旅行先でのレンズケアはなかなか面倒ですよね。そこで便利さを発揮するのが1日使い捨てタイプのコンタクトレンズ。ケア製品を携帯する必要もなく、無くしたり、レンズを傷つけてしまったりしても安心。いつでも新品、瞳は快適です。
  • ファッション
    眼鏡使用者にとってサングラスのおしゃれは悩みどころのひとつ。度入りで作ることは費用面ではもちろん、サングラスのフレームデザインも限定されることがあります。今まで妥協しがちだったバリエーションも、シチュエーションにあわせて使い捨てコンタクトレンズを使用してみてはいかがでしょう。
  • レンズの紛失
    従来型のコンタクトレンズを使用している人がいちばん困るのは、落としたり、無くしたりと、思いがけずレンズを紛失してしまった時ではないでしょうか。高価なものだけに予備を用意している人はあまりいませんよね。使い捨てコンタクトレンズを予備として持ってみてはいかがですか?一度使ってみれば「使い捨て」コンタクトレンズの良さもきっと実感できるはずです。
コンタクトレンズのメリットとデメリットをはてなブックマークに追加 コンタクトレンズのメリットとデメリットのはてなブックマーク数 コンタクトレンズのメリットとデメリットをlivedoorクリップに追加 コンタクトレンズのメリットとデメリットをdel.icio.usに追加 コンタクトレンズのメリットとデメリットをニフティクリップに追加


このページはレンズ,コンタクト,眼鏡,メリット,スポーツ,使い捨て,目,装用,デメリット,コンタクトレンズに関する記事を記載しています。

コンタクトレンズのメリットとデメリットの関連カテゴリ

コンタクトレンズが初めての方へ