コンタクトレンズの用語集-使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較-

EOP値

EOP値とは、角膜の表面がどの程度の大気の酸素量に接している状態に相当するかを数値であらわしたもの

EOP(equivalent oxygen percentage)値とは、角膜の表面がどの程度の大気の酸素量に接している状態に相当するかを数値であらわしたものです。

ある時間コンタクトレンズを眼に装用すると、大気中よりの酸素摂取量が低下し、角膜は裸眼の時より酸素不足になります。これは、ちょうど高い山にレンズ無しで登ったのと同じで、高い所に登れば大気の組成は変わらないが、気圧が低くなあるので(酸素分圧が低くなる)不有酸素量はそれだけ減ります。

EOP値は海面上の酸素量(酸素分圧155mmHG)を基準とし21%を最大値として表示します。従ってレンズが角膜上にない時は、EOP値は21%です。

また、夜間睡眠中は瞼結膜の毛細血管から酸素を摂取していて、EOP値はレンズの材料のDK値に大きく依存しますが、レンズデザインを含めた角膜への酸素供給の総合評価となります。

Dk/L値(酸素透過率)

Dk/L値とは、コンタクトレンズ製品の実際の酸素透過性の大小を判断するための値で酸素透過率と呼ばれています

Dk/L値とは、コンタクトレンズ製品の実際の酸素透過性の大小を判断するための値で酸素透過率と呼ばれています。数値が大きいほど、酸素透過性は高い。

酸素透過係数(Dk値)はコンタクトレンズの素材自体の酸素透過性を判断する係数ですが、透過する酸素量は素材の厚さに反比例するので、製品の酸素透過性の評価には、こちらのDk/L値を用います。

Dk値をコンタクトレンズの厚さL(cm)で割った値で表され、単位は ×10-9 (cm 2/sec)・(mlO2/ml×mmHg) です。

Dk値(酸素透過係数)

Dk値とは、コンタクトレンズの素材が酸素をどのくらい通すかを表す数値で、酸素透過係数と呼ばれている

Dk値とは、コンタクトレンズの素材が酸素をどのくらい通すかを表す数値で、酸素透過係数と呼ばれています。

一般的にこのDk値が高いほど酸素をよく通すので、角膜への影響は少なくなると言われています。しかし、Dk値が高いと、耐久性が落ちたり、汚れが付着しやすくなる場合もあります。

コンタクトレンズ素材を透過する酸素量は、面積、時間、素材の両側での酸素分圧に比例しますが、この比例定数がDk値です。

拡散係数(D)× 溶解度係数(k) でも表され、単位は ×10-11 (cm 2/sec)・(mlO2/ml×mmHg)となっています。

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズとは、水分を含まないプラスチック製の固いレンズで、黒目(角膜)より小さいサイズです

ハードコンタクトレンズとは、名前の通り、水分を含まない、プラスチック製の固いレンズで、黒目(角膜)より小さいサイズ(8.00-9.00mm)です。

また、ハードレンズに酸素を通す工夫をほどこしたレンズが「O2レンズ(酸素透過性ハードレンズ) 」と呼ばれ、現在ハードレンズと呼ばれているものの大部分がこのレンズです。構造が網目状のザルのようになっており、そのザルの隙間を通って酸素が瞳に供給されるしくみになっています。

コンタクトレンズの中で、最も酸素を補給できるタイプですので、長時間装用の方にお勧めです。また、乱視矯正にも優れているレンズです。

ハードコンタクトレンズの続きはこちら⇒ハードコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズはスポンジのように水分を含んでやわらかくなる素材を使用し、レンズに含まれる水分を通して角膜に酸素を供給するように作られているレンズです。

ソフトコンタクトレンズは水分を含むと柔らかくなるプラスチックを使用したコンタクトレンズで黒目より大きいサイズ(13.0?14.5mm)です。

水とよくなじむ素材で、主にコンタクトレンズに含まれる水分から酸素を瞳に供給します。ソフトレンズは、その名前の通り柔らかく水をたくさん含んでいるので、つけ心地が非常に良いレンズです。

また、レンズがずれにくくはずれにくいので、スポーツ時にもお勧めです。なお、使い捨てレンズはすべて、ソフトレンズです。 

ソフトコンタクトレンズの続きはこちら⇒ソフトコンタクトレンズ

使用目的別に使い捨てコンタクトレンズの最安値を比較表示

使用目的別に分けられた下のリンクをクリックすると、使い捨てコンタクトレンズの通販で最も激安な最安販売価格を確認することができます。

インターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

メーカー別の最安値を比較表示

レンズメーカー別に分けられた下のリンクをクリックすると、メーカー商品名別で最も激安な最安販売価格を確認することができます。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューやチバビジョンのデイリーズなどが家にいながら販売サイトで購入できます。

安い価格を比較するとインターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで普通の店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

商品名別で使い捨てコンタクトレンズの価格を比較

商品名別に分けられた下のリンクをクリックすると使い捨てコンタクトレンズの販売価格を低価格順に比較した販売店や価格を確認することができます。

同じコンタクトレンズでも販売店の違いにより、1箱あたり1000円以上の価格差がでる場合もあるので、あなたが欲しいソフトレンズを比較して格安コンタクト販売店の価格チェックで購入候補を見つけてみよう。