Dk値(酸素透過係数)

Dk値とは、コンタクトレンズの素材が酸素をどのくらい通すかを表す数値で、酸素透過係数と呼ばれている

Dk値とは、コンタクトレンズの素材が酸素をどのくらい通すかを表す数値で、酸素透過係数と呼ばれています。

一般的にこのDk値が高いほど酸素をよく通すので、角膜への影響は少なくなると言われています。しかし、Dk値が高いと、耐久性が落ちたり、汚れが付着しやすくなる場合もあります。

コンタクトレンズ素材を透過する酸素量は、面積、時間、素材の両側での酸素分圧に比例しますが、この比例定数がDk値です。

拡散係数(D)× 溶解度係数(k) でも表され、単位は ×10-11 (cm 2/sec)・(mlO2/ml×mmHg)となっています。

Dk値(酸素透過係数)をはてなブックマークに追加 Dk値(酸素透過係数)のはてなブックマーク数 Dk値(酸素透過係数)をlivedoorクリップに追加 Dk値(酸素透過係数)をdel.icio.usに追加 Dk値(酸素透過係数)をニフティクリップに追加

Dk値(酸素透過係数)に関連するレンズ情報 -使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較-


このページは酸素,Dk,値,係数,素材,透過,コンタクト,レンズ,Dk値,酸素透過係数に関する記事を記載しています。

Dk値(酸素透過係数)の関連カテゴリ

コンタクトレンズの用語集