EOP値

EOP値とは、角膜の表面がどの程度の大気の酸素量に接している状態に相当するかを数値であらわしたもの

EOP(equivalent oxygen percentage)値とは、角膜の表面がどの程度の大気の酸素量に接している状態に相当するかを数値であらわしたものです。

ある時間コンタクトレンズを眼に装用すると、大気中よりの酸素摂取量が低下し、角膜は裸眼の時より酸素不足になります。これは、ちょうど高い山にレンズ無しで登ったのと同じで、高い所に登れば大気の組成は変わらないが、気圧が低くなあるので(酸素分圧が低くなる)不有酸素量はそれだけ減ります。

EOP値は海面上の酸素量(酸素分圧155mmHG)を基準とし21%を最大値として表示します。従ってレンズが角膜上にない時は、EOP値は21%です。

また、夜間睡眠中は瞼結膜の毛細血管から酸素を摂取していて、EOP値はレンズの材料のDK値に大きく依存しますが、レンズデザインを含めた角膜への酸素供給の総合評価となります。

EOP値をはてなブックマークに追加 EOP値のはてなブックマーク数 EOP値をlivedoorクリップに追加 EOP値をdel.icio.usに追加 EOP値をニフティクリップに追加

EOP値に関連するレンズ情報 -使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較-


このページは酸素,値,EOP,レンズ,角膜,大気,分圧,摂取,EOP値に関する記事を記載しています。

EOP値の関連カテゴリ

コンタクトレンズの用語集