ニュース-使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較-

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 全てのページを見る 次のページへ→

たんぽぽ白鳥 特殊コンタクト「オサート」で視力0.08→2.0

たんぽぽ白鳥 特殊コンタクト「オサート」で視力0.08→2.0

3月22日放送の『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)の企画で、ある視力矯正治療を始め、わずか1か月で両目の裸眼視力を0.08から1.5まで回復させたというお笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子(31才)。

白鳥が行った治療法は、特殊なコンタクトレンズを就寝中に装着し、朝起きたら外すだけ…というお手軽なもの。この手術いらずの視力矯正治療『オサート』が今注目を集めている。

眼科医の吉田統彦氏が、オサートについてこう解説する。

「近視は目に入る光の像が、網膜の手前で結ばれてしまうことで起きるのですが、特殊な形状のコンタクトで角膜を凹化させ、光の屈折率を変えることで視力を回復させることができるんです。角膜は柔軟性があり形状が変わりやすく、就寝時にレンズで角膜を凹化させておくと朝レンズを外した後もその形状が維持され、日中は裸眼で過ごせるというわけです」

基本的に、就寝時に6~7時間レンズをつけていれば、翌1日は効果が続くという。

強度近視でも矯正でき、視力が0.01の人でも最終的に1.5程度まで回復させることができるのだという。また、この治療は遠視にも効果があり、治療対象者は4才から88才までと幅広い。

2004年から日本で唯一オサート治療を行っている東京・赤坂にある三井メディカルクリニックでは予約が殺到し、今や3か月待ちの状態だという。

前述の番組の中で、白鳥は最終的に両目視力が2.0まで回復した。

夢のように思える治療法だが、注意点もあるという。前出の吉田氏が警鐘を鳴らす。

「ドライアイの人がやると角膜の内皮細胞が減ってしまうため避けるべきです。また、就寝中に目をこすると角膜が傷ついてしまう。衛生管理を徹底しないと感染症を引き起こすリスクもあります」

ちなみに、レンズの装着をやめれば視力は元に戻るため、効果を持続させるには半永久的に使用する必要があるという。

気になる値段は、検査などの初期費用が4000円、レンズ作成費(両目)が38万円、3年ごとのレンズリニューアル費用(両目)が10万円だ。

※女性セブン2013年4月18日号

カラーコンタクトレンズ:増える目の障害

カラーコンタクトレンズ:増える目の障害

「目が大きく見える」と若い女性に人気のカラーコンタクトレンズ。普及に伴って、目の障害も増えている。学会の昨夏の調査では重症例も報告され、専門医らは「医師の診察を受けて適切に使ってほしい」と、注意を呼びかけている。

●瞳くっきり、大きく

インターネットでは、カラーコンタクトレンズを販売するサイトがさまざまあり、「激安」「かわいく盛れる」「モデル愛用」などの文字が躍る。色やデザインも驚くほど豊富で、レンズがリング状に着色され、瞳をくっきりと大きく見せたり、茶や青、グレーなどに変えたりできる。「度」があるものやないもの、1日使い捨てから「1年使用で経済的」とうたうものも。東京都内の量販店では、つけまつげと同じ売り場に並べられ、女性たちが次々に購入していった。

「髪や爪に色を付けるのと同じ感覚で、目の色を変えようというおしゃれ目的のレンズが普及してきた」。日本コンタクトレンズ学会の植田喜一常任理事は説明する。厚生労働省の承認を受けたカラーコンタクトレンズは、09年は10品目以下だったが、13年1月時点で19社258品目と急増している。

●角膜の表面に傷

使用者が増えていることを受けて、同学会の小委員会は昨年7月から3カ月間、会員の眼科医に報告を求めたところ、全国から395件の目の障害事例が上がった。角膜(黒目)の表面に細かい傷が付く「点状表層角膜症」(36%)が最も多く、傷が深くなり重症な「角膜浸潤」(17%)、「角膜潰瘍」(5%)もあった。結膜(白目)から出血する、カラーレンズ特有の障害も見られた。視力障害が残る可能性のある人が2・8%いた。

女性が圧倒的に多く、29歳以下が全体の88%を占めた。特に15〜19歳が40%で、中高校生から装着する人が多いと推測された。自覚症状は「充血」「痛み」「異物感」「目やに」が多かった。

●こすると色落ち

レンズ自体に問題があるものもあった。比較的安全なレンズは、色素をレンズでサンドイッチのように挟んだ構造で、色素が目に直接触れない。しかし、調査では、レンズの内面や外面に着色している製品もあった。調査を担当したワタナベ眼科(大阪市)の渡辺潔院長は「ひどい製品では、綿棒でこすると色が取れるものもある。内面に色が印刷されている場合、色素が角膜をサンドペーパーのようにこする可能性がある」と指摘する。酸素透過性の低い素材も多く、角膜が酸素不足になると目のトラブルも起こしやすい。

学会では「適切に使用しなければ、失明などの重篤な障害を引き起こす」として、購入時は眼科医の診察を受ける▽使用方法や期間を守る▽定期検査を必ず受ける▽少しでも異常を感じたらすぐに眼科医の診察を受ける−−ことを呼びかけている。

カラーコンタクトによる眼障害多発 不適切使用で失明リスク

カラーコンタクトによる眼障害多発 不適切使用で失明リスク

「瞳が大きく見える」などの理由で10~20代女性に人気のカラーコンタクトレンズ(カラコン)で眼障害のトラブルが多発している。不適切な使用でトラブルとなるケースが多く、日本コンタクトレンズ学会は購入時に眼科医の診察を受け、使用方法を守るよう呼び掛けている。(平沢裕子)

8割が受診せず

カラコンは、黒目を大きく見せたり、瞳の色を変えたりすることができるコンタクトレンズ(CL)で、若者に人気のタレントやモデルの利用者も多い。日本で販売されているのはソフトレンズだけで、装用感は良いが、汚れが付きやすく、細菌やアメーバなどの微生物に汚染されやすい。

日本コンタクトレンズ学会常任理事でウエダ眼科(山口県下関市)の植田喜一院長は「CLが原因で重篤な眼疾患となる症例のほとんどがソフトレンズ。カラコン利用者の多くは購入前に眼科を受診せず、不適切な使用で眼疾患を起こしているケースがほとんど」。

同学会が会員の眼科医1105人を対象に行った調査では、昨年7~9月にカラコンで目に障害を負ったのは395人。多くは軽症だが、視力障害が残る可能性があった人が2・8%。8割が購入前に眼科を受診していなかった。

カラコンは平成21年、「高度管理医療機器」として薬事法の規制対象となった。販売業者は都道府県知事の許可を受ける必要があり、店舗に管理者を置き、危険性の説明が義務付けられている。ただ、購入に処方箋はいらず、インターネットや一部の店舗では洋服を買うのと同じように購入できる。

植田院長は「規制で粗悪な製品がなくなり、カラコンによる眼障害が激減すると期待していた。しかし、この数年で利用者が急増、眼障害は逆に増えている印象だ」と指摘する。

低い酸素透過性

眼障害の原因の一つに酸素透過性の低い材質が使われていることがある。角膜の健康には酸素が必要で、酸素透過性の低いレンズを長時間装用すると角膜にびらんを生じたり、角膜周辺部に新生血管ができたりする。使い捨てを繰り返し使ったり、友人同士で使い回したりするなどのずさんな使い方のケースもあった。

植田院長は「眼障害の程度によって、視機能に障害が残ったり、失明したりする可能性もある。

購入時は必ず眼科医の診察を受け、装用方法・サイクルを守って使うこと」と注意を呼び掛けている。

眼障害調査で話題のカラーコンタクトレンズを実際に装用してみた

眼障害調査で話題のカラーコンタクトレンズを実際に装用してみた

若い女性に人気のカラーコンタクトレンズ(カラーCL)。装用することで虹彩(瞳)の色を変えたり、大きく見せたりできると、主に10~20代の女性に人気の商品だ。記者の周りにいる20代女性数名にカラーCLを使ったことがあるかと聞いたところ、「処方箋なしでも手軽に購入でき、装用するだけで印象が変わる」と、日常的に量販店などでカラーCLを購入して使用している女性もいた。

橋本愛が「ニューコン」する中高生を応援するウェブサイト開設

橋本愛が「ニューコン」する中高生を応援するウェブサイト開設

初めてのコンタクト、ちょっぴり不安です
コンタクトレンズを利用している人の約90%が、初めてコンタクトを着けたのは、中学・高校だったと答えている。しかしメガネからコンタクトに切り替えるのを不安に感じる学生も多い。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケアカンパニーは3月21日、初めてのコンタクトレンズで感じる不安を解消し、夢や目標に向かってがんばる(入魂する)学生を応援するウェブサイトをオープンした。

昨年も開設して人気だったスペシャルサイトで、その名も「キミの本気に はじめてのコンタクト 瞳にニューコン!アキュビュー」だ。

サイト名にある「ニューコン」とは、「入魂」と「新しいコンタクトレンズ=New(ニュー)コンタクトレンズ」の二つの意味を込めて作られた新しいコトバ。

 


宣言が「Base Ball Bear」の楽曲になる
サイトでは、チャレンジしたいことやその想いを「ニューコン!宣言」として投稿できる。

昨年は1,500件以上の投稿で賑わったが、今年は部活・恋愛・勉強など、テーマごとに宣言できるようにバージョンアップした。週替わりで男子vs女子、東日本vs西日本など投稿数対決もおこなわれるので、昨年以上の盛り上がりが期待できそうだ。

「ニューコン!宣言」は、TOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」とタイアップし、ロックバンド「Base Ball Bear」が、みんなの宣言を楽曲化することも決定している。

キャンペーンキャラクターは、昨年に引き続き、現役高校生の女優・橋本愛。彼女の歌声が聞けるWEB限定スペシャルムービーに注目だ。初めてのコンタクトレンズに対する不安が消えていく、優しい魅力に溢れた学園ムービーに仕上がっている。

気をつけて!障害報告続くファッションカラコン

気をつけて!障害報告続くファッションカラコン

3ヶ月で395例!目に障害
手軽に瞳の色を変えたり、黒目を大きくみせることで、普段とは違う自分を演出できたり、魅力をアップさせたりすることができる、カラーコンタクトレンズ。コンタクトレンズといえば、従来は視力矯正に用いられるのみだったが、近年ではこうしたカラーコンタクトレンズの普及により、ファッション感覚で親しむ人も増えている。

この気軽に楽しめる普及の一方で、カラーコンタクトレンズによって目の障害を起こしたという報告例が、増加の一途をたどっていることが分かった。日本コンタクトレンズ学会が3月7日にレクチャーを開き、明らかにしたところによると、全国の眼科医に対する調査で、カラーコンタクトレンズの使用に起因する障害事例は2012年の7月~9月の3カ月に、少なくとも395例は確認されたそうだ。

 


正しい使用でしっかり予防!
症状が現れた97.7%が女性だったそう。症状内容としては、角膜や結膜の炎症がほとんどで、日本眼科医会による調査結果も参照すると、角膜が濁ったり、薄くなったりする角膜潰瘍や、角膜が炎症を起こして白く濁るなどする角膜浸潤など、重篤な目の障害発生が、カラーコンタクトレンズで多くみられたという。

これらの症状を起こしたタイプのカラーコンタクトレンズは、その約90%が酸素透過性が低い非イオン性の素材のもので、韓国や台湾で製造されたものが多く当てはまるとされている。

度のありなしにかかわらず、カラーコンタクトレンズは、医師の処方なく雑貨店やインターネットショッピングで、安価に購入することもできてしまう。

障害を起こした395人に調査したところ、購入時に眼科を受診しなかった人が8割を超え、ほとんどのケースで処方なく使用していたそうだ。また、人と共有使用をしているケースもあるなど、かなり使用方法に問題があることもうかがえる。

カラーコンタクトレンズでおしゃれを楽しむ行為自体はOKだが、まず眼科を受診し、処方されたものを選ぶこと、そして説明書をよく読んで、洗浄・殺菌ケアや正しい装着方法を身につけ、毎回の使用で実践すること、さらには定期検診も受けるなど万全の予防対策が必要だろう。

使いたい時だけに限定し、使い捨てタイプの、できるだけクリアな安全性の高いカラーコンタクトレンズ、着色面積が少なく、目への影響が軽いカラーコンタクトレンズを選んで使うといったことも大切で、障害の発生を未然に防ぐのに有効だそうだ。安易な使用が障害を招くことのないよう、十分に注意しておきたい。

UVインデックスが低い時間帯や季節でも、眼の紫外線対策が必要なことがあきらかに

UVインデックスが低い時間帯や季節でも、眼の紫外線対策が必要なことがあきらかに

金沢医科大学 「UVインデックスと紫外線眼部被ばく量の関係」を調査
 
目の健康を考えた使い捨てコンタクトレンズを提供する、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役プレジデント:デイビッド・R・スミス)は、紫外線による眼のダメージが様々な眼疾患※1を引き起こす可能性があると言われていることから、紫外線が眼に与える影響や実態について、2004年より金沢医科大学と共同で、研究・啓発活動を行っています。
 この度発表された、金沢医科大学眼科学講座 佐々木洋教授の研究結果によると、「眼」の紫外線被ばく量と「肌」を基準とした「UVインデックス」とは、必ずしも一致しないことが明らかになりました。
 天気予報の紫外線注意報などに使用される「UVインデックス」は、紫外線の強さを指標化したもので、主に「肌」に及ぼす影響の度合いを示します。今回、「UVインデックス」と相関の高いUV-Bセンサーを使用したマネキン型UV計測装置を用いて「UVインデックス」と紫外線眼部被ばく量の関係について実験を行い、新たに「眼」が浴びる紫外線の量を示す「眼部UVインデックス」を算出したところ、「UVインデックス」が低い時間帯や季節でも、「眼部UVインデックス」は高めに推移することがわかりました。
 「UVインデックス」が朝・夕は数値が低く、昼にかけて高くなるのに対して、「眼部UVインデックス」は、朝・夕も比較的高い値を示しました。また、「UVインデックス」が冬には下がるのに対して、「眼部UVインデックス」は冬も比較的高いままでした。これらは、太陽高度が低い場合、太陽からの直接UVに加え、天空の散乱光と地表からの反射光が合わさって眼部に侵入するためと考えられます。
 この結果、「肌」に対する紫外線対策は、主に「昼」と「夏」に注意が喚起されてきましたが、「眼」においては、「朝・夕」も注意が必要であり、年間を通じて対策が必要なことが明らかになりました。弊社は、眼の紫外線対策の新たな指標として、「眼部UVインデックス」の考え方を発信してまいります。
 
 ※1 紫外線による眼の障害には、強度の紫外線を短時間浴びたことで生じる「充血」「角膜炎」「雪眼炎」などの急性障害と、紫外線被ばくの蓄積により生じる「瞼裂斑(けつれつはん)」「白内障」「翼状片(よくじょうへん)」などの慢性障害があります。
 
実験概要
 計測日:2011年9月~2012年6月の間で、春分・夏至・秋分・冬至に近い4日
 計測地:金沢医科大学の屋上(北緯36°66′東経136°65′、標高50m)
 方法 :UV-Bセンサーを使用したマネキン型UV計測装置を使用。日の出から日没まで1時間おきに、8方位を各20秒ずつ計測。
 
◇ 眼の紫外線対策
 「メガネ(サングラス)+UVカットコンタクトレンズ+帽子」 の3点セット
 
眼に入ってくる紫外線対策には、メガネ(もしくはサングラス)、UVカットコンタクトレンズ、帽子の併用が有用です。メガネやサングラス単独の場合、「コロネオ現象」によって、レンズと顔の隙間から入り込んだ紫外線が眼に吸収されてしまい、結果的に正面からの紫外線よりも強いダメージを与える可能性があります。また、レンズの色が濃いタイプの場合、視界が暗くなることで瞳孔が開き、結果として眼内に紫外線が入りやすくなる可能性があるので注意が必要です。
 「コロネオ現象」による紫外線吸収の対策として、角膜(黒目)と結膜(白目)の一部をカバーすることができるUVカットコンタクトレンズの併用が挙げられます。
 
<コロネオ現象とは>
 眼の側面(耳側)から入り込んだ紫外線が、角膜周辺部で屈折したあと、眼の鼻側に集中することを「コロネオ現象」と言います。結果的に正面からの紫外線よりも強いダメージを与えます。メガネやサングラスの他に、UVカットコンタクトレンズを補足的に使うことによって、隙間から入る紫外線が眼に吸収される前にブロックできます。
 
◇ 「アキュビュー」 製品概要
 「アキュビュー」シリーズの全製品にはUVカットが採用されています。「アキュビュー」シリーズは、1998年より、全製品にベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤を配合しており、紫外線B波を97%以上、紫外線A波を81%以上カットします※2。
 ※2 Johnson&Johnson VISION CARE,INC.データより。UV吸収剤を配合したコンタクトレンズは、UV吸収サングラスなどの代わりにはなりません。

ソン・ジュンギとハン・ヒョジュがロマンチックな雰囲気を演出 コンタクトレンズ『アキュビュー』の広告の撮影

ソン・ジュンギとハン・ヒョジュがロマンチックな雰囲気を演出 コンタクトレンズ『アキュビュー』の広告の撮影

人気俳優のソン・ジュンギが広告業界でも大活躍している。

ソン・ジュンギが女優のハン・ヒョジュと一緒にコンタクトレンズ「アキュビュー」のイメージモデルに起用され、広告の撮影を行った。

ソン・ジュンギはハン・ヒョジュと何度も見つめ合いながら撮影を行った。ソン・ジュンギとハン・ヒョジュは初めて一緒に仕事をしたが、『アキュビュー』の「健康で自信のある眼差し」のコンセプトをしっかりと表現したという。

また、この撮影では、2人で見つめあうシーンが多かったが、ソン・ジュンギはキラキラした目でハン・ヒョジュを見つめていたため、撮影現場にはロマンチックな雰囲気が漂ったという。

関係者は「大人気の俳優ソン・ジュンギを今回のコンタクトレンズのモデルに起用した。ソン・ジュンギのきれい目は、コンタクトレンズのイメージと合っていると思う。ソン・ジュンギより良いモデルはいない」とコメントした。

最近、ソン・ジュンギは浄水器の専門メーカーRUHENSの広告のモデルになったばかりだが、現在、約10社の広告のモデルを務めている売れっ子だ。

[TV Dailyパク•チニョン記者/写真=ブラーサムエンタテインメント/翻訳=韓タメDaily イ・シオク]

コンタクトレンズ販売許可など57項目見直しへ

コンタクトレンズ販売許可など57項目見直しへ

政府は12日の閣議で、国が自治体の仕事を法令で縛る「義務付け・枠付け」について、新たに57項目の見直しを実施することを決定した。

コンタクトレンズの販売許可権限を都道府県から保健所設置自治体に移譲することや、市街地再開発事業の認可権限を都道府県から政令市に移すことなどを盛り込んだ。4月中に関連法案を国会に提出する予定だ。

「義務付け・枠付け」の見直しは、2009年から行われている。

旭化成ファーマ、コンタクトレンズ製造受託事業から撤退

旭化成ファーマ、コンタクトレンズ製造受託事業から撤退

旭化成ファーマは11日、同社の100%出資子会社である旭化成アイミーで展開しているコンタクトレンズ製造受託事業からの撤退を決定したと発表した。2013年11月末をもって生産終了する予定。

旭化成アイミーは、2010年12月にCooperVision Inc.(本社:米カリフォルニア州)が日本に設立したアイミー株式会社に製造以外の事業を譲渡し、コンタクトレンズ製造受託会社となった。しかし、コンタクトレンズ市場では旭化成アイミーの主力製品であるコンベンショナルコンタクトレンズ(使い捨てタイプでは無いコンタクトレンズの総称)の需要が長期的に減少しており、採算が厳しい状況が続いていた。

旭化成アイミーは市場環境の厳しさが増す中で、これまで事業継続に向けてあらゆる努力を重ねてきたという。しかし、将来的にも収益改善の見通しが立たないことから、今回「事業の継続は困難である」という判断に至った。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 全てのページを見る 次のページへ→

使用目的別に使い捨てコンタクトレンズの最安値を比較表示

使用目的別に分けられた下のリンクをクリックすると、使い捨てコンタクトレンズの通販で最も激安な最安販売価格を確認することができます。

インターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

メーカー別の最安値を比較表示

レンズメーカー別に分けられた下のリンクをクリックすると、メーカー商品名別で最も激安な最安販売価格を確認することができます。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューやチバビジョンのデイリーズなどが家にいながら販売サイトで購入できます。

安い価格を比較するとインターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで普通の店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

商品名別で使い捨てコンタクトレンズの価格を比較

商品名別に分けられた下のリンクをクリックすると使い捨てコンタクトレンズの販売価格を低価格順に比較した販売店や価格を確認することができます。

同じコンタクトレンズでも販売店の違いにより、1箱あたり1000円以上の価格差がでる場合もあるので、あなたが欲しいソフトレンズを比較して格安コンタクト販売店の価格チェックで購入候補を見つけてみよう。