ニュース-使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較-

←前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 全てのページを見る 次のページへ→

SEEDが国内外のコンタクト販売をさらに強化!

SEEDが国内外のコンタクト販売をさらに強化!

シードが大きく動く!

総合経済情報サイト“Sankei Biz”2011年2月6日の記事によると、コンタクトレンズの開発・販売大手の「シード」が国内外におけるコンタクトレンズの販売を強化するとのことです。

国内向けには2011年内に40~60代の年齢層をターゲットとし、1日使い捨てタイプ「ワンデーピュア」に遠近両用型を追加投入。中国・ベトナムなどを中心とした海外へは販売を強化して、3~5年後の売上高年間20億~30億円を目指すそうです。

伸び率の高い年代・海外へ

遠近両用型コンタクトレンズの利用者数は10万人強とみられており、従来の2週間交換タイプ遠近両用型に1日使い捨てタイプを投入することにより、40代半ば~50代を中心とした層への潜在需要を発掘する狙いです。

また、国際品質規格とEU圏でのビジネスに必要な安全規制適合マークを取得したことにより、海外コンタクトレンズ事業にも力を入れ、独自の販売ルートを開拓し、すでに中国に出店している眼鏡チェーンの三城・愛眼といった企業への売り込みも強化するとしています。

プロフェッショナル指向、こだわりのコンタクトレンズメーカー、クーパービジョン

プロフェッショナル指向、こだわりのコンタクトレンズメーカー、クーパービジョン

現在、使用者が1,600万人を超えたと言われており、いまや生活必需品として多くの人々に使用されているコンタクトレンズ。数年前に比べ、値段は安くなり、機能性、安全性を高める改良もかさねられ、コンタクトレンズは便利な視力補正用の医療機器として定着してきている。しかし、利用者が増える一方で間違った使用方法や装用などによる眼のトラブル,コンタクトレンズ眼障害(CL眼障害)が増加している。2005年の薬事法改正により、コンタクトレンズは高度管理医療機器となり、CL眼障害の危険性に関する認識を更に深め、コンタクトレンズの安全な使用と管理を徹底することが求められている。そんな中、スポットライト編集部は、世界第3位のソフトコンタクトレンズメーカーの日本法人として成長を続けるクーパービジョン・ジャパン株式会社にスポットをあてた。同社は日本で年平均+15%の高成長を続け、売上額は5年前の約2倍、ワンデーコンタクトレンズ(使い捨てコンタクトレンズ)では第2位の販売実績 (2009年1月-8月全国メーカー別シェア:全国のコンタクトレンズ小売店の販売実績を基に推計された市場規模データ Gfk Optics Japanによる)を持つまでになっている。 コンタクトレンズ事業でのこだわり、高成長の経緯や今後の展望、今年発売の新製品等について、代表取締役社長 中田 博之氏(以下、中田氏)に、お話を伺った。

記者
クーパービジョンというと一般的にはまだ馴染みがないように思いますが、同社が世界第3位のソフトコンタクトレンズメーカーとなるまでの経緯についてお聞かせください。

中田氏
弊社クーパービジョン社は2004年時点では世界4位でしたが、2005年1月に当時世界第5位だったオキュラーサイエンス社と友好的合併を行い、世界第 3位のソフトコンタクトレンズメーカーとなりました。 両者の合併が成功したのは、開発における技術的ルーツが同一であり製造プラットフォームが類似していたこと、ユーザーのためにアイケアプロフェッショナル(註:コンタクトレンズの処方専門家、日本では眼科医がこれに相当する)を満足させる製品の開発に両社がこだわりをもってきたことの2点があげられます。元々技術と考え方が類似していたわけです。新素材開発競争が激化し開発投資額が巨大化する市場環境の中で、技術的背景とマーケティング思想が似た両社が合併し、より大きな規模の競争力を得ようとしたのは、必然だったともいえます。

記者
両社に共通する「ユーザーのためにアイケアプロフェッショナルのニーズを満足させることにこだわるマーケティング」とは何でしょうか?

中田氏
これこそがクーパービジョン社をユニークな存在にし、我々に高成長をもたらしてくれているポイントです。今日ではコンタクトレンズは世界中で非常に多くの方々に安心して気軽にご愛用いただいている、とても身近な存在です。その意味では一般の消費財に似ています。 しかしその一方で、目の中に入れる視力矯正用の医療機器であることを忘れてはいけません。コンタクトレンズの本質・存在意義はここにあるはずです。 例えば日本では2005年から薬事法改正に伴って、高度管理医療機器となっています。心臓ペースメーカーと同じ安全性が求められているわけです。 つまり、安全なコンタクトレンズには眼科医の処方が大前提となっており眼科による処方前のコンタクトレンズは、いわば製品として完成する前の半製品のようなものだと考えています。 我々もメーカーですから、エンドユーザーへ商品の理解を深めてもらう広告という手法自体は否定しません。が、メーカーとしての基本は、商品がお客様であるユーザー様のニーズにしっかり応えていることことにあります。私どもの調査によれば、眼科医の処方を通じてコンタクトを手に入れるということに多くのユーザー様は満足されていますし、そのコンサルテーションをとても重視されています。つまり、コンタクトレンズに詳しいアイケアプロフェッショナルに十分受け入れられるような、こだわりを持ったプロフェッショナルな商品を作ることが、最終的にはユーザーの皆様にご満足いただけることに繋がると考えています。

 

 

記者
なるほど。眼科の先生をはじめとするアイケアプロフェッショナルの方々に評価される製品の開発・製造にこだわりをもたれているということですね。

中田氏
そうですね。ただ、今も申し上げたように、メーカーとしては、やはりコンタクトレンズを実際にご使用いただいているユーザー様のことを第一に考えるべきです。眼科の先生も患者さんのことを第一に考えているのですから。そのため今後もより一層、市場調査に力を入れていきます。メーカーがアイケアプロフェッショナルのご意見や評価に真剣に耳を傾けるのは勿論のことですが、実際にご使用されているユーザー様のこともよく知っておくべきです。最近では、弊社の調査によると、コンタクトレンズ装用時の「乾燥感」に悩まれている方が多いようです。

記者
そこで今回、ワンデー使い捨てコンタクトレンズの新製品[ワンデー アクエア プロシー]を発売されたわけですね。その特長とされる、コンタクトレンズ装用中の「乾燥感」を軽減するとは具体的にどのような仕組みになっているのでしょうか?

中田氏
今、市場で最も求められているニーズは乾燥感の少ないコンタクトレンズだと思います。私どもクーパービジョンは、このニーズに応える商品の開発・製造にどのメーカーよりもこだわりがありました。このこだわりから生みだされたのが、新製品ワンデー アクエア プロシーだと思っています。この商品では、コンタクトレンズで初の試みとなる、レンズ素材に生体模倣(バイオミメティック)化学を応用しており、これによりコンタクトレンズ装用中の「乾燥感」の軽減が期待できるようになりました。ちょっと難しい話になるのですが、人体の細胞膜中では超親水性のホスホリルコリンという物質がリン脂質(レシチン)を構成し、水分が細胞から蒸発するのを抑制したり、タンパク質・脂質・バクテリア等が付着するのを防いでくれています。このホスホリルコリンの生体作用をコンタクトレンズ素材に模倣させることで、ワンデーレンズ装用中の[乾燥感]の軽減をさせよう、というユニークな発想に基づいたものです。製品は海外で製造・開発されていますが、国内でも様々の比較試験等を行い大変良好な結果を得ることができましたので、日本のユーザー様にもご満足いただけるものと期待しております。

記者
御社は米国に本社があり、世界31カ国に展開されているとのことですが、製造、開発はどちらでされているのでしょうか?

中田氏
研究開発の拠点は本社のあるサンフランシスコ近郊にあり、製造はプエルトリコとイギリスに主力工場があります。現在のところワンデーコンタクトレンズの製造は、集中的にプエルトリコで行われております。

 

 

記者
プエルトリコで製造されているのはなぜですか?

中田氏
はい。アメリカの処方薬製造会社のトップ20社のうち13社が、生物製剤のトップ10社のうち6社がプエルトリコに集中しており、ヘルスケア関連産業においてプエルトリコの製造技術力が高いということがあげられます。 弊社のプエルトリコ工場で製造されるワンデーコンタクトレンズの大半が日本向けの製品となっており、日本の要望をそのまま反映することができます。日本のアイケアプロフェッショナルとユーザー様の声ができるだけダイレクトに伝わるように常に心がけています。具体的には、日本の販売・マーケティング担当とプエルトリコの製造現場とのダイレクトなコミュニケーションが頻繁に行われています。人間同士というのは、やはり直接会って話すことが一番で、企業として共通の理解や目標を育んでいくのに役に立つと思います。

記者
なるほど。ソフトコンタクトレンズメーカーとして高成長を遂げた理由がうかがえますね。それでは、最後に御社の今後の展望をお聞かせください

中田氏
これからのコンタクトレンズは、素材やデザインなどの改良が更に進められ、新しい第3世代に向かっていくと思われます。クーパービジョン社でも、「当たり前」という発想にとらわれず、常にユニークな視点に立ってコンタクトレンズ新世代を築いていきたいと思います。そのためには、乾燥感の軽減といったニーズをはじめ、その他市場から求められているニーズに応えられる数多くの新製品を、独自のこだわりにより開発し続けて提供していきたいと思います。

フォーリンアイズが高度管理医療機器として承認

フォーリンアイズが高度管理医療機器として承認

日本で初めて臨床試験を実施

DESTINY INTERNATIONAL(デスティニーインターナショナル)株式会社が運営するカラーコンタクトブランド「フォーリンアイズ(R)」が、日本で初めて、度なしカラーコンタクト(カラコン)として臨床試験を実施した。

その結果、平成23年2月2日、厚生労働省により正式に「高度管理医療機器」として承認された。

カラーコンタクトレンズは、「雑貨」扱いで品質についての国の基準が設けられていなかった。そのため、安価で品質の悪いカラーコンタクトレンズが市場で販売され、失明にもつながる目の障害が発生する事件が起こった。

このような状況を受けて薬事法が改正され、2009年11月4日より、カラーコンタクトレンズ(度なし)も「高度管理医療機器」指定となった。

承認品は販売価格や仕様が異なる

DESTINY INTERNATIONAL株式会社のカラーコンタクトレンズ「フォーリンアイズ(R)」は薬事法上の経過措置期間届出品として平成23年2月3日までの販売となっていた。

同社では2月4日以降もカラーコンタクトレンズの販売を継続するため、「高度管理医療機器」承認申請を行い受理された。新しい承認品は現行商品(経過措置期間届出品)とは販売価格や仕様が異なるという。

「フォーリンアイズ(R)」の試用期間は1か月、販売価格は1セット2枚組みで税込3900円。主なカラーはブラック系・グレイ系・ブラウン系・ブルー系・グリーン系・パープル系・イエロー系・ピンク系である。同社は販売開始時期などの詳細が確定次第、報告を行うとのことである。

遠近両用コンタクト投入 シード、中高年に照準

遠近両用コンタクト投入 シード、中高年に照準

シードは国内外で、コンタクトレンズの販売を強化する。国内では年内に、1日で使い捨てるタイプ「ワンデーピュア」に遠近両用型を追加投入し、40~60代の潜在需要を発掘する。海外では中国やベトナムなどを中心に、販売を強化、3~5年後の海外売上高は年間20億~30億円を目指す。

 同社は2週間交換タイプやハードタイプに、手元から遠くまで自然でクリアな視界を実現する、遠近両用型を投入している。これに新たに1日で使い切るタイプを投入する。遠近両用型のコンタクトレンズ利用者は10万人強とみられ、「40代半ばから50代を中心に伸び率も高い」(浦壁昌広社長)ためだ。

 一方、医療機器を対象とした国際品質規格とEU圏でのビジネスに不可欠な安全規制適合マークを取得したのを機に、海外でのコンタクトレンズ販売事業を強化する方針で、当面はベトナム、シンガポールなどで代理店を中心に販売ルートを開拓する計画だ。三城や愛眼など中国への出店を加速させている眼鏡専門店チェーンなどに売り込みを強める方針だ。

カラーコンタクトレンズ、本格的な販売規制が始まる

カラーコンタクトレンズ、本格的な販売規制が始まる

高度管理医療機器のカラコン

外見の印象をぐっと魅力的に変化させることで大人気のカラーコンタクトレンズは、10年ほど前から若者を中心にファッションアイテムとして流行していますが、安易な使用によって引き起こされた目の病気を訴える消費者が多く現れたことを受け、2010年11月4日より度なしのカラーコンタクトレンズも、度の入った視力補正用のコンタクトレンズと同様に、薬事法上の「医療機器」として規制対象となりました。

販売店も対応を考慮

製品の販売方法の変更は移行期間を必要とするため、現在までは特例措置がとられており、経過措置品のカラーコンタクトレンズは購入できていましたが、移行期間が終了して本格的な販売規制が始まる2011年2月4日からは、ドラッグストアやディスカウントストアでの購入ができなくなりました。

都道府県知事の販売業の許可をとった販売業者からは、いままでと同様にネット通販などによる購入ができます。その一方で、お店や通販サイトによっては、規制のかからない韓国製品をオススメするなどして、販売規制への対応をしているようです。

ニデックが眼科医療用新装置「OPDーScan3」を発売

ニデックが眼科医療用新装置「OPDーScan3」を発売

角膜形状・屈折力解析装置とは

1月28日、眼科医療機器メーカーの「ニデック」は、角膜形状・屈折力解析装置「OPD-Scan3」を発売した。

角膜形状・屈折力解析装置とは、角膜や水晶体など、目に入る光を屈折させる部分を詳しく検査する装置である。同装置は、目の屈折状態をカラーマップや数値で表示し、屈折異常や角膜異常があるかを明確に診断できる。

目の状態をより詳しく検査

この装置で検査することで、患者の近視や遠視などの屈折異常があるのか、角膜の異常があるのかを把握することが出来る。目の状態が分かることで、メガネやコンタクトレンズ、屈折矯正手術を選択できる。

また、角膜自体の検査で白内障手術の必要性も判断できる。視力が良好でも「なんとなく見えづらい」といわれる要因も、定量的に表現できるという。

「OPD-Scan3」は、従来機と比べて測定領域が広くなり測定ポイントも増えたため、さらに正確で分かりやすい情報が得られるよう改良された。

現在の見え方イメージを画像として見せることができる「見え方シミュレーション機能」も備わり、先生から患者への「インフォームドコンセント(説明と同意)」にも役立つ。税抜き価格420万円で販売を行う。

カラーコンタクトレンズ、2月4日より販売規制 もう買えなくなる?

カラーコンタクトレンズ、2月4日より販売規制 もう買えなくなる?

これまでインターネットショップやドラッグストアで購入することができた経過措置品のカラーンコンタクトレンズが、2011年2月4日より販売規制される。

厚生労働省は2008年7月、「製品の品質そのものが眼障害を引き起こす」ことなどを理由に、カラーコンタクトを視力補正用の通常のコンタクトレンズと同様に医療機器に指定し、薬事法の規制対象とする方針を決定していた。

しかし、こうした販売方法の変更には移行期間が必要になることから、これまで移行にあたっての特例措置が取られていた。

こうして現在市場に出回っていた経過措置品のカラーコンタクトレンズが2011年の2月3日で購入することができなくなる。(経過措置品とは法規制から移行期間の間の製品を指す)

カラーコンタクトレンズに関する今回の政令改正は、製品そのものに対する品質規制と製造・販売に関して許可を求める規制となっている。都道府県知事の販売業の許可、販売管理者の設置があれば、これまで通りネット通販などによる購入は可能だ。

なお、カラーコンタクトレンズの製造・輸入にあたっては厚生労働大臣の承認が必要となる

ノバルティス、経口多発性硬化症治療薬「フィンゴリモド」がEUにおける承認勧告を取得

世界初の経口多発性硬化症の治療薬フィンゴリモドEUにおける承認勧告を取得

・フィンゴリモドはEUにおいて、インターフェロンβの治療にもかかわらず活動性の高い再発寛解型多発性硬化症(MS)の患者さん、もしくは、急速に進行する重症の再発寛解型MS患者さんに推奨
・フィンゴリモドは、広く処方されているインターフェロンβ-1a 筋肉内注射製剤よりも優れた有効性を示し、1年間の再発率を52%減少(p<0.001)
・2年間のプラセボ対照試験では、フィンゴリモドが障害進行リスクの低減を証明


 2011年1月21日、スイス・バーゼル発 - 欧州医薬品庁ヒト用医薬品委員会(CHMP)は、フィンゴリモド(海外での販売名:Gilenya(R))0.5mg(1日1回)について、インターフェロンβによる治療にもかかわらず活動性の高い再発寛解型多発性硬化症(multiple sclerosis:MS)、もしくは急速に進行する重症の再発寛解型MSの治療薬として、肯定的意見を表明しました。

 CHMPの見解は、MSの新薬に関してこれまでにCHMPに提出された中でも最大規模の臨床試験データに基づくものであり、これには、再発抑制、障害進行リスクの低減、ならびにMRI(magnetic resonance imaging)診断による脳病変(疾患活動性)の抑制を示すなど、有意な有効性を示すデータが含まれています(1,2)。

 欧州多発性硬化プラットフォーム(European Multiple Sclerosis Platform:EMSP)のジョン・ゴールディング会長(John Golding)は次のように述べています。「EUには、予測不能で複雑な症状が生涯にわたり進行し続ける、進行性の神経疾患であるMSの患者さんが50万人以上います。高い有効性を示す初めての経口治療薬が新しい治療選択肢となることを歓迎します」

 欧州委員会の認可に基づくCHMPの勧告は、欧州における承認の決定の基となるもので、その決定は約3カ月以内に下されるものと期待されます。

 ノバルティスの医薬品事業部長であるデビッド・エプスタイン(David Epstein)は次のように述べています。「本日のCHMPの勧告により、活動性の高い再発寛解型MSのヨーロッパの患者さんに、1日1回のカプセルで高い有効性を示すフィンゴリモドを間もなく提供できるということを、非常に喜ばしく思っています。ノバルティスは、MS患者さんのためにフィンゴリモドのような革新的な治療薬を提供することに全力を尽くし、その達成に向けてヨーロッパ各国と協働したいと思っています」


<フィンゴリモドについて>
 フィンゴリモドは、「スフィンゴシン1-リン酸受容体(S1PR)調節剤」と呼ばれる新しいクラスの初めての医薬品で、田辺三菱製薬からライセンスを受けました。MSは、免疫システムにより、脳や脊髄などの中枢神経系(CNS)の神経線維を保護している被膜が損傷されます。フィンゴリモドの新しい作用メカニズムは、特定の白血球(リンパ球)をリンパ節に留めておくことにより、CNSに対する免疫システムの作用を調節すると考えられています。これにより、神経線維の保護被膜を攻撃する恐れのある白血球がCNSに届きにくくなるため、炎症による神経細胞の損傷も低減されます。白血球を留めておく作用は可逆的であり、フィンゴリモドの治療を中止すると元に戻ります。

 EUに提出した承認申請資料には、フィンゴリモド0.5mgが、最も広く処方されているMS治療薬の一つであるインターフェロンβ-1a 筋肉内注射製剤(アボネックス(R))に比べて、1年間の再発率を52%(P<0.001)減少させたことを示すデータが含まれています。また、2年間にわたるプラセボ対照試験では、フィンゴリモド投与群で再発率の減少(プラセボ比54%減、P<0.001)および障害進行リスクの低減(3カ月後の障害進行フォローアップにおいて確認されたリスクはプラセボ比30%減、P=0.02)が示されました2。また、フィンゴリモドの治療により、MRI診断による脳病変の活動性に統計的に有意な低下が認められました。

 フィンゴリモドは4,000名以上のMS患者さんを対象に臨床試験が行われました。最も多くみられた副作用は、頭痛、肝酵素上昇、インフルエンザ、下痢、腰痛、咳でした。フィンゴリモドに関連したその他の副作用は、一過性で通常は無症候性である治療開始時の心拍数低下および房室伝導ブロック、軽度の血圧上昇、黄斑浮腫、軽度の気管支収縮でした(1,2)。

 全般的な感染症の頻度は、重篤な感染症も含め、治療群間で同等でした。ただし、フィンゴリモドで治療された患者さんでは、気道感染(主として気管支炎)が僅かに多く見られました。臨床試験プログラム全体における悪性腫瘍の報告数は少なく、フィンゴリモド群と対照群で同等でした(1,2)。

 日本では、2010年12月20日に国内で承認申請を行いました。

 「アボネックス(R)」はバイオジェン・アイデック社の登録商標です。


<参考資料>
1.Cohen et al. Oral Fingolimod vs. Intramuscular Interferon in Relapsing Multiple Sclerosis. N Engl J Med.
  Vol.362 No.5, Feb 4, 2010(printed version)

2.Kappos L, et al. Placebo-Controlled Study of Oral Fingolimod in Relapsing Multiple Sclerosis. N Eng J Med. Vol.362 No.5, Feb 4, 2010(printed version).


<ノバルティスについて>
 ノバルティスは、ヘルスケアにおける世界的リーダーです。革新的な新薬、高品質かつ安価なジェネリック医薬品、予防のためのワクチン・診断関連事業、そしてコンシューマー向けの一般用医薬品、コンタクトレンズ、動物用医薬品など、幅広い分野の製品を提供しています。ノバルティス・グループ全体の2010年の売上高は506億米ドル、研究開発費は91億米ドル(減損・償却費用を除くと81億米ドル)でした。スイス・バーゼル市に本拠を置くノバルティスは、約119,000人(アルコン 16,700人を含む)の社員を擁しており、世界140カ国以上で製品が販売されています。詳細はインターネットをご覧下さい。
 http://www.novartis.com

ニデックが眼科医療用新装置

ニデックが眼科医療用新装置

眼科医療機器メーカー「ニデック」(本社・蒲郡市拾石町、小澤素生社長)は、角膜形状・屈折力解析装置「OPDーScanⅢ」を発売した。

 角膜や水晶体など目に入る光を屈折させる部位を詳しく検査する同装置は、患者の目の屈折状態をカラーマップや数値で表示し、異常があるかを明確に診断できる。

 近視や遠視などの屈折異常の詳細が分かることで、メガネやコンタクトレンズ、矯正手術を選択したり、角膜自体の検査で白内障手術の必要性の判断がつく。視力が良好でも「なんとなく見えづらい」状況であっても、定量的に表現できるという。

 見え方のシミュレーション機能もあり、インフォームドコンセント(説明と同意)にも役立つ。

 税抜き価格は420万円で、年間の販売目標は国内200台、海外300台。(佐藤芳久)

拡大読書器の輸入販売を開始~西沢電機計器製作所

拡大読書器の輸入販売を開始~西沢電機計器製作所

拡大読書器の輸入販売を開始
長野県埴科郡坂城町にある西沢電機計器製作所は、電機計測器を製造販売している。このほど、視覚障害者向けの拡大読書器の輸入販売を開始することを明らかにした。

カナダのヒューマンウエア社と国内の総代理店契約を結び、1年間で1億2000万円の販売を目指すという。西沢電機計器製作所では、拡大読書器などの福祉機器の事業の育成に力を入れている。


卓上型4機種、携帯型2機種を取り扱う
西沢電機計器製作所は、2009年にコンタクトレンズ大手メニコングループであり眼科医療用検査装置などの開発・販売を行っている株式会社ナイツ(NEITZ)から、拡大読書器事業を取得した。

「NEITZ」ブランドの拡大読書器などの商品は、壊れにくいと眼科医からの評判が高い。デザイン性が高いヒューマンウエア社の製品とは競合しにくいと判断し、輸入販売を行うことを決定した。

取り扱いを行うヒューマンウエア社の卓上型「シナジーシリーズ」は4機種、販売価格は19万8000円から。携帯型「バーサシリーズ」は2機種、8万9000円から。西沢電機計器製作所がアフターサービスを請け負うということである。

 

←前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 全てのページを見る 次のページへ→

使用目的別に使い捨てコンタクトレンズの最安値を比較表示

使用目的別に分けられた下のリンクをクリックすると、使い捨てコンタクトレンズの通販で最も激安な最安販売価格を確認することができます。

インターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

メーカー別の最安値を比較表示

レンズメーカー別に分けられた下のリンクをクリックすると、メーカー商品名別で最も激安な最安販売価格を確認することができます。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューやチバビジョンのデイリーズなどが家にいながら販売サイトで購入できます。

安い価格を比較するとインターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで普通の店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

商品名別で使い捨てコンタクトレンズの価格を比較

商品名別に分けられた下のリンクをクリックすると使い捨てコンタクトレンズの販売価格を低価格順に比較した販売店や価格を確認することができます。

同じコンタクトレンズでも販売店の違いにより、1箱あたり1000円以上の価格差がでる場合もあるので、あなたが欲しいソフトレンズを比較して格安コンタクト販売店の価格チェックで購入候補を見つけてみよう。