ニュース-使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較-

←前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 全てのページを見る 次のページへ→

就活の面接時にメガネをかけると好印象を与えられる可能性がアップする

就活の面接時にメガネをかけると好印象を与えられる可能性がアップする

就活時に面接を受ける際、シャツやスーツの身だしなみや入退出のお辞儀など気になるところは山ほどありますが、面接官に自分を印象づけたい時、メガネをかけるのはなかなかいい方法のようです。

ある調査により、メガネをかけている人から受ける印象は面接の場にはふさわしいものであることが分かったということです。もちろんメガネをかければ受かるというわけではありませんが、相手に与える印象を変える手段としては、古典的でありながら手軽かつ有効なようです。

調査の詳細は以下から。

Job interview tips: Wear glasses to look more professional | Mail Online

視力検査医の大学が行った調査によると、面接の際に眼鏡をかけていると、面接官の印象がよくなりそうだという結果が導き出されたそうです。

回答者のうち3分の1の人たちは、メガネを着用している人はより専門知識に詳しそうに見えると回答し、また43パーセントの人たちが、メガネをかけているとより知的に見えると答えたそうです。

さらに6パーセントの回答者が、オシャレのために眼鏡をかけているように見えると回答したことが分かりました。また、回答者のうち9パーセントは、メガネは人をより魅力的に見せると考えているようです。

Lancaster大学の心理学教授であるCary Cooper氏によると、「企業は多くの場合知的な社員を雇用したいと考えるので、知的な人はメガネをかけているという古いイメージがいまだ根強く残っているのは驚くべきことではありません。しかし実際のところ、視力が悪くなる理由は勉強以外にも山ほどあり、目が悪くてもコンタクトレンズを着けるという選択もできるので、メガネは知性を現すにはやや頼りないものかもしれません」ということで、「メガネをかければ受かる」というほどには強力なアイコンではないことを指摘しています。

しかしながら、Cooper教授は「メガネをかけていることによって自信を持つことができ、面接での受け答えがよりよくなった人もいるので、メガネをかけることで心理的によい効果が期待できると思います」と付け加えているので、お守りのような形でメガネを利用してみると、面接の場で落ち着いた受け答えができるかもしれません。

【アジア発!Breaking News】コンタクトが凍った!?女性が雪山で角膜損傷。(台湾)

【アジア発!Breaking News】コンタクトが凍った!?女性が雪山で角膜損傷。(台湾)

かつて、アフリカ人並みと言わしめた程の視力を持つ記者には縁のないコンタクトレンズ。誰かがコンタクトレンズをつける瞬間を見る度に、目の中に何かを入れるという行為に不思議な感覚を覚える。しかし、ファッション性からか、便宜性からか、メガネではなくコンタクトを選ぶ人はとても多い。だが、使い方を誤れば角膜を傷つけてしまう危険性があるようだ。

日本よりは暖かいが、台湾も寒波に襲われ、随分寒い日が続いている。山の気温は更に低くマイナス8度。1日正午12時11分、一人の24歳の女性から雪山でコンタクトレンズが「氷結」し視界が見えにくくなり、刺激痛と奇妙な光が見えるなどの現象を訴える通報を受けた救護隊。すぐにヘリコプターを出動させ、21分に女性を救助した。

空軍隊員は、女性が何日も続けてコンタクトをつけて、寝るときにも外さなかった可能性があり、加えて山の空気が冷たく乾燥していたことからコンタクトが角膜を過度に摩擦し、視力をぼやけさせたと見ている。このため、救助に向かった医官は女性にアイマスクをつけて、雪の反射から目を守り病院へ搬送、治療を進めている。

どうやらコンタクトレンズが凍ったわけではないようだが、コンタクトの取り扱いに充分注意が必要なことは確かなようだ。雪山でなくても冷たく乾燥しやすい季節。コンタクト使用者には充分注意してもらいたい。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

昨シーズンより花粉、10倍以上も花粉対策商品も続々登場

昨シーズンより花粉、10倍以上も花粉対策商品も続々登場

先月24日、来年の花粉飛散量を環境省が発表した。関東・北の地方・西日本では昨シーズンの2倍~6倍の見通し。東海や近畿地方の一部では花粉量が少なかった昨シーズンに比べると10倍以上にもなる地域があると予測。飛散開始時期は昨シーズンよりやや遅く、例年通りか例年よりも5日程度遅くなる見込み。

 スギ花粉の飛散量は前年6月~8月の日照時間や気温・降水量などが影響する。つまり夏の暑さに関係があると言われている。今年の記録的な猛暑が影響するため、2011年の花粉量は多いと推測される。同省によれば一部地域以外は全国的に花粉症が重症化するレベルであり、注意が必要という。

 2011年の花粉対策は例年より万全にしたほうがよさそうだ。早くも花粉対策の商品が次々と登場している。

 花粉が付きにくく、落ちやすい素材を使用した「花粉プロテクトコート(山陽商会)」。素材は「ポランガード」(ユニチカトレーディング)というもので、高密度で表面の凹凸感が少ないポリエステルに、特殊な樹脂皮膜をコーティングすることで生地表面の滑り性が向上、花粉が付着しにくく落ちやすいとのこと。帯電防止効果もあり、静電気による花粉の付着を抑えるのだそう。レディース・メンズともに展開している。

 2010年は花粉量が少なく、さらにきびしい消費環境の中でも好調に推移したため、レディースは新たにテイストの異なる5ブランドを展開に加え、メンズは展開型数を1型増やし、6型にしバリエーションを揃えた。2011年はマスクだけでなく洋服でも花粉対策してみては。

 当然、目からの花粉の侵入を予防することも不可欠だ。花粉と紫外線をプロテクトするメガネ「「DIMENSION(ディメンション)」が登場。日本人の標準的な顔・頭の形状にフィットするようつくられており、花粉や紫外線の目への侵入を最小限に抑える。裸眼時に比べると花粉の侵入を98%以上ブロックするという(興和研究所調べ)。普段コンタクトレンズの人も花粉シーズンは外出時だけメガネを付けるのもいいかもしれない。

 花粉は2月上旬ごろから増加する。すでに新年がスタートし、花粉シーズンは目前。マスクや薬だけでなく、洋服やメガネも花粉対策用で花粉シーズンを乗り切ってみてはいかがだろうか。

コンタクトの女性運転士、眼鏡忘れ電車運休

コンタクトの女性運転士、眼鏡忘れ電車運休

28日午前6時10分頃、JR関西線の停車場「佐保信号場」(奈良市佐保台)で、奈良発加茂行き普通電車の発車準備をしていた女性運転士(23)が、宿直していた近くのホテルに眼鏡を置き忘れたことに気づいた。


 ほかの乗務員を手配するため、同29分の発車時間に間に合わず、奈良―平城山間を部分運休し、約20人に影響があった。後続の遅れはなかった。

 JR西日本近畿統括本部によると、この運転士はコンタクトレンズを着用していたが、同社の規定で、視力1・0未満の運転士は乗車中に眼鏡の携行が義務づけられるため、運転ができなかった。

コンタクトユーザーは「花粉」とどう付き合っている?

コンタクトユーザーは「花粉」とどう付き合っている?

花粉対策、どうしてる?

コンタクトレンズ「アキュビュー」シリーズの輸入販売を行う“ビジョンケアカンパニー”が、2010年の5倍と予想されている2011年の花粉飛散シーズンを前に、花粉症を患っている20~40代の使い捨てコンタクトレンズユーザー(600名)を対象に行った、「花粉症についての意識調査」の結果を発表しました。

調査では、花粉飛散時期でもコンタクトレンズを使用している人(装用を控えている人も含める)が98.4%となっており、そのうち91.3%が飛散時期でもコンタクト装用を続けたいと回答しています。理由として、コンタクトレンズの使用に慣れているためメガネに不便を感じる・見た目が気になる、といった意見が多く、ライフスタイルや見た目が変わることに抵抗感があるようです。


花粉は気になるけれど、目への関心・対策は低め

花粉飛散時期には、レンズケアを普段よりも丁寧に行っているか、という質問には55.7%の人が「いつもより丁寧に行っている」と答えました。つまり残りの44.3%は「普段と変わらないケア」をしているということです。

また、飛散時期にレンズの汚れが気になると回答したのは、1日使い捨てタイプのユーザーに比べて、2週間交換タイプや他のユーザーが72.7%と、やや高い傾向を示しました。

今回の調査結果をふまえて、梶田眼科院長の梶田雅義先生は

レンズに付着した花粉などの汚れをレンズと一緒に捨ててしまえる“1日使い捨てタイプ”のレンズに切り替えることは、花粉対策の一つといえるでしょう。

と、工夫することによって、花粉シーズンも快適にコンタクトライフをおくることができるとコメントしています。

コンタクトレンズで失明が治る?

コンタクトレンズで失明が治る?

  昨春あたりに、ニュー・サウス・ウエールズ大学の仰天研究のニュースがあった。
角膜の幹細胞をコンタクトレンズに植え付けて培養、それを嵌めると2週間程度で角膜が再コロニー化し、実際に角膜が再生して法律上の失明認定の人2名の目が見えるようになった、というのである。
そのニュースによると、コンタクトを外し18か月経ってもみえたままだ、ということだ。

  簡単に調べてみた。文科省の再生医療の基礎研究班によると、「そういうことをやっている先生はいらっしゃらない」、ということである。
また、厚生労働省の審査部門によれば、「研究データとして審査に送られてきたことはないですね」との担当者談。

  実際このコンタクトレンズを嵌めたいのなら、海外に飛んで治験に参加するしかないのかも。

  「失明」、「コンタクトレンズ」、という2つのキーワードは、角膜移植手術を待つ人々にとって、それだけセンセーショナルなものであることは確かだ。

  ただし、あらためてこれは再生医療、という分野の話であって、東大病院のHPなどを見ても、実際にウサギの目に再生シートの類を移植、角膜細胞を培養し角膜を再生させることに成功しているし、実際に同病院の専門外来で再生医療の専門医による診察や治療もしてもらえる。

  同HPには、「ごく近い将来に、培養ヒト角膜内皮細胞を用いてこうした患者さんの視力を回復するために、更なる検討を行っております。」という言葉があるので、月並みだが、更なる各研究機関の研究成果や、再生医療に取り組む企業とタッグを組んでの治療薬などをおおいに期待したい。

  コンタクトレンズで失明が治る…なら、日本もぜひ真似してみたらどうだろう。(情報提供:リアルライブ)

眼科医はコンタクトレンズを使わない?!

眼科医はコンタクトレンズを使わない?!

同じサイトの女性医師のブログ「メガネ女子生活に思うこと」で

「眼科のドクターは、メガネ率が高い気がするんだけどなんで!?」

という疑問を呈してらっしゃり、コメントしたかったのですが受け付けていないんですね。

 

個人的な話ですが 私がメガネなのは...

老眼のためなんですよー。ただいま遠近と中近を使い分け中〜。

もちろん遠近両用のコンタクトレンズもあるのですが、私向きではないので使っていません。そして老眼年齢になるとメガネのほうが楽なんですよねー。

 


レンズトラブルによる感染症もありますが、そのために眼科医はコンタクトをしない、というより、いろいろ選択肢がある中で自分に向いているものを選んでいる、と言えると思います。(特に老眼が出てくると...。 とほほ。)

 

患者さんに老眼の説明をするときに気を使ってしまう院長のホームページはこちら。目の病気解説と地元代々木上原グルメ案内を書いている本院ブログはこちらです。

 


昨今は「老」や「加齢」がつく病名を言ったり、「それは老化現象ですから。」と説明すると怒る患者さんが多いのです。でも、生まれた瞬間から老化は始まっているんだけどなあ...。若返る人はいないのですー。

 

あ、あと医師向け掲示板で

「眼科医でレーシックを受けている人がいないのは、その危険性を知っているから。」

と書き込みしている人が時々いますが、眼科医、それも手術が上手なドクターたちもレーシック受けてます。これもまた一つの選択肢。

J&J、「花粉症についての意識調査」結果を発表

J&J、「花粉症についての意識調査」結果を発表

J&J、「花粉症についての意識調査」結果を発表
2011年の花粉飛散量は、昨春の約5倍との予測!
コンタクトレンズユーザーの9割以上が花粉飛散期もレンズを装用
“1日使い捨てタイプ”に切り替えるのも選択肢の一つ


 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケア カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役:大瀧守彦)は、本格的な花粉飛散期に先駆けて、花粉症の20~40代の使い捨てコンタクトレンズユーザー600名を対象とした「花粉症についての意識調査」を行いましたので、その結果を発表いたします。

【調査概要】最近1年以内に花粉症の症状を感じたことがあり、週に4~5日以上使い捨てソフトコンタクトレンズを装用している、全国の20代~40代の男女600名を対象に、2010年11月に実施したインターネット調査。


■コンタクトレンズユーザーの9割以上が、花粉飛散期もレンズを装用 

花粉飛散期にもコンタクトレンズを装用している人は、装用頻度を抑えている人も含めると98.4%、さらに、91.3%が花粉飛散期もできればコンタクトレンズの装用を続けたいと思っており、コンタクトレンズユーザーのレンズ装用意向が高いことが明らかとなりました。コンタクトレンズの装用を続ける理由は、「いつもコンタクトレンズなので、メガネを使用するのは不便を感じるから」(42.2%)、「メガネを使用したくないから(見た目が気になる)」(31.2%)が多く、花粉飛散期とはいえ普段のライフスタイルや見た目が変わることへの抵抗感や不便さを感じていることが分かります。

■コンタクトレンズユーザーは、花粉飛散期に普段よりも目の違和感(8割)、乾燥感(5割)を感じている 

一方、コンタクトレンズユーザーは花粉飛散期には普段よりも、「目の違和感や、コンタクトレンズ装用感の低下」(78.7%)、「目の乾燥感」(54.7%)を感じています。実際に1日のうちでコンタクトレンズを新しいものに取り換えることがあるかを聞いたところ、“1日使い捨てタイプ”ユーザーでは「ある」「時々ある」人が3割(30.8%)に上ることも分かりました。“2週間交換タイプ他(1ヶ月、1週間連続装用を含む)”のユーザーの場合でも、半数以上(54.0%)が、花粉飛散期にコンタクトレンズの交換期限前にもかかわらず、見え方や装用感の低下を感じてレンズを取り換えたり、取り換えたいと思っていることが分かりました。

■“2週間交換タイプ他”ユーザーは、レンズケアをしていてもレンズ汚れを感じている 【グラフ3】
 2週間交換タイプなどのコンタクトレンズは毎日のレンズケアが必要ですが、花粉がレンズに付きやすい花粉飛散期に、こすり洗いなどのレンズケアを普段よりも丁寧に行っているかを聞いたところ、55.7%は「いつもより丁寧に行っている」と答えました。つまり、44.3%は「普段と変わらないケア」しか行っていないことが明らかとなりました。また、汚れについての質問に、花粉飛散期に普段よりも「コンタクトレンズの汚れが気になる」と回答した割合は、“1日使い捨てタイプ”ユーザーに比べて“2週間交換タイプ他”ユーザーの方がやや高い傾向にありました(72.7%)。

■2011年は早めの花粉対策を行いたいと思っているものの、“目”の対策意識は低い傾向【グラフ4】
 昨春よりも花粉飛散量が多いと予測されている2011年に向けて、どのような花粉症対策を行うかを聞いたところ「早めに薬を飲む」(61.8%)、「早めに医療機関を受診する」(59.7%)といった、早めの花粉対策を考えている人も多いようですが、花粉対策としてあげられる「1日使い捨てタイプのコンタクトレンズに変える」は29.7%に止まりました。また、花粉症治療のために「眼科」を受診するコンタクトレンズユーザーはわずか12.3%と耳鼻科などに比べて少なく、“目”の花粉対策に対する意識は比較的低いことが分かりました。


 梶田眼科院長 梶田雅義先生は、意識調査の結果を踏まえ以下のようにコメントされています。

 花粉飛散期は目に入った花粉がコンタクトレンズに付着し、常に目の中にとどまる状態になるため、アレルギー症状を持つコンタクトレンズ装用者にとって特につらい季節となります。
 花粉症の症状によってはコンタクトレンズの装用を中止することが必要ですが、工夫することによってコンタクトレンズを快適に使い続けることも可能です。
 花粉飛散期にコンタクトレンズを少しでも快適に装用するためには、毎日しっかりとケアをして「レンズを清潔に保つ」ことが、最も重要なポイントです。しかし、コンタクトレンズに付いた汚れを完全に落とすことは難しいため、レンズに付着した花粉などの汚れをレンズと一緒に捨ててしまえる“1日使い捨てタイプ”のレンズに切り替えることは、花粉対策の一つといえるでしょう。また、“1日使い捨てタイプ”であれば、その日の症状によってメガネと使い分けたり、1日のうちでも新しいレンズに交換しやすいこともメリットです。普段は違うタイプのレンズを装用している人は、花粉飛散期だけ“1日使い捨てタイプ”に変更することでも良いでしょう。また、花粉症の人は目も乾きやすくなりがちなので、乾きにくいタイプのレンズも選択肢の一つです。
 2週間交換タイプなどケアが必要なレンズの場合は、特に気をつけてレンズケアを行う必要があります。花粉飛散期はレンズに付いた花粉を落とすために、まずすすいでから、こすり洗いを行ってください。そうしないと花粉がレンズにすり込まれてしまうことがあります。
 本格的な花粉飛散期に向けて、花粉症のコンタクトレンズ装用者が目の症状について相談する場合には早目に“眼科”を受診してください。正しい“目”の花粉対策でつらいシーズンを乗り切りましょう。

【花粉飛散期のコンタクトレンズ装用のポイント】
 ◆工夫次第で快適にコンタクトレンズの装用を続けることは可能
 ◆“1日使い捨てタイプ”に切り替えるのも選択肢の一つ
 ◆あきらめないで早めに眼科医に相談を!


【梶田眼科院長 梶田雅義 先生】
略歴
 1976年 山形大学工学部電子工学科卒業
 1983年 福島県立医科大学医学部卒業
 1993年~1995年
        カリフォルニア大学バークレー校留学(研究員)
 2003年 梶田眼科(東京都)開設

 現在    福島県立医科大学医学部非常勤講師
        日本コンタクトレンズ学会理事

参天製薬、ドライアイ治療用点眼剤「ジクアス点眼液 3%」を発売

参天製薬、ドライアイ治療用点眼剤「ジクアス点眼液 3%」を発売

参天製薬株式会社(本社:大阪市)は、本日、ドライアイ治療用点眼剤「ジクアス点眼液 3%」(一般名:ジクアホソルナトリウム)を新発売しましたので、お知らせいたします。

 「ジクアス点眼液 3%」はインスパイア社(米国)から導入し、当社がドライアイの治療を目的として日本で開発した、新規の薬理作用を有する点眼剤です。「ジクアス点眼液 3%」は涙液の主要な構成成分であるムチンや水分の分泌を促進することで涙液(層)を正常な状態に近づけ、ドライアイを改善することが国内で実施した臨床試験で認められました。また、重篤な副作用は眼局所、全身ともに認められていません。

 ドライアイは眼不快感や視機能異常を伴う涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、目が乾く、ゴロゴロするという不快感程度の症状から始まり、悪化すると日常生活にも支障を来す疾患です。近年、視覚作業(コンピュータ作業等)の増加、エアコン使用による室内乾燥、コンタクトレンズ及び屈折矯正手術の普及等により、ドライアイ患者が増えているといわれています。現在、ドライアイ治療には、主にヒアルロン酸ナトリウム点眼液と人工涙液が用いられています。

 参天製薬では、角結膜疾患領域において「ヒアレイン点眼液0.1%」をはじめ複数の製品を既に販売しておりますが、新しい作用機序を持つ「ジクアス点眼液 3%」 がドライアイ治療剤として製品ラインナップに加わることにより、より多くの治療の選択肢を医療現場に提供でき、患者さんのQOL(生活の質)向上に貢献できるものと期待しています。


 「ジクアス点眼液3%」の主な特徴:
 ・ドライアイ治療において新規の薬理作用を有する、世界初のP2Y2受容体作動点眼剤です。
 ・「水分分泌」および「ムチン分泌」の両方を促進することで、ドライアイの症状を改善します。
 ・ドライアイ患者への長期投与の忍容性があり、長期的にドライアイの臨床症状の改善効果が期待できます。
 ・重篤な副作用は、眼局所・全身ともに認められていません。

【新製品】「アルガード」シリーズ、2製品をリニューアル ロート製薬

【新製品】「アルガード」シリーズ、2製品をリニューアル ロート製薬

ロート製薬は、トータル花粉対策ブランドの「アルガード」から、つらい鼻炎症状を治療する内服薬「ロートアルガードソフトカプセルEX」と、ソフトコンタクトレンズをしたまま点眼できる目薬「ロートアルガードコンタクトa」を、15日からリニューアル発売する。

 「ロートアルガード鼻炎ソフトカプセルEX」は、鼻づまりに効く「dL‐メチルエフェドリン塩酸塩」を新配合。交感神経に働き、鼻粘膜の充血や腫れを抑え、鼻づまりを改善する。また、交感神経興奮剤「塩酸プソイドエフェドリン」も増量し、鼻づまりによる息苦しさなどを抑え、鼻呼吸を楽にする。

 「ロートアルガードコンタクトa」は、痒みを抑える「クロルフェニラミンマレイン酸塩」と、角膜保護成分「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」を新配合。つらい目の痒みをしっかり抑えながら、角膜もしっとりケアする処方設計にした。

 「アルガード」はトータル花粉対策ブランドとして、目薬、鼻炎用内服薬、点鼻薬、洗眼薬、マスクなど、合計16品目をラインナップ。花粉症に悩む人の症状や使用場面に合わせて選べる、幅広いアイテムを取り揃えている。今回、昨シーズンに比べ、かなりの花粉飛散が予測されている来シーズンに備え、内服薬と点眼薬をリニューアルし、トータル花粉対策ブランドの強化を図った。

 税込み希望小売価格は、「ロートアルガード鼻炎ソフトカプセルEX」が20カプセル入り1260円。「ロートアルガードコンタクトa」が13mL840円。

←前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 全てのページを見る 次のページへ→

使用目的別に使い捨てコンタクトレンズの最安値を比較表示

使用目的別に分けられた下のリンクをクリックすると、使い捨てコンタクトレンズの通販で最も激安な最安販売価格を確認することができます。

インターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

メーカー別の最安値を比較表示

レンズメーカー別に分けられた下のリンクをクリックすると、メーカー商品名別で最も激安な最安販売価格を確認することができます。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューやチバビジョンのデイリーズなどが家にいながら販売サイトで購入できます。

安い価格を比較するとインターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで普通の店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

商品名別で使い捨てコンタクトレンズの価格を比較

商品名別に分けられた下のリンクをクリックすると使い捨てコンタクトレンズの販売価格を低価格順に比較した販売店や価格を確認することができます。

同じコンタクトレンズでも販売店の違いにより、1箱あたり1000円以上の価格差がでる場合もあるので、あなたが欲しいソフトレンズを比較して格安コンタクト販売店の価格チェックで購入候補を見つけてみよう。