ニュース-使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較-

←前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 全てのページを見る 次のページへ→

ラニーニャ現象の影響で今冬は“ドライアイ人口”が増加!?

ラニーニャ現象の影響で今冬は“ドライアイ人口”が増加!?

コンタクトレンズユーザーの2人に1人は“ドライアイ”の自覚症状があるという(※)。ドライアイとは、単純に「目の乾き」のことだと思われがちだが、「目が疲れる」「目がゴロゴロする」「目が開きにくい」など、さまざまな不快感が表面化する病気。今冬は“ラニーニャ現象の発生”もあるといわれているが、実はこれもドライアイを悪化させてしまう一因となるそうなので要注意なのだ。(※京都府立医科大学 横井則彦先生研究グループ調べ)

ドライアイには2つの原因がある。50歳以上の女性などに多い「涙液減少型」と、涙が分泌されるものの水分の蒸発量が多い「蒸発亢進型」だ。しかし、近年は“目の不快感”が強いにも関わらず、ドライアイの診断基準ではドライアイと診断されない「BUT短縮型ドライアイ(※BUT=涙液層破壊時間)」と呼ばれる新しいタイプの患者も増加しているという。これは、若年層にも比較的多くみられるタイプだ。

典型的には、目を開いたとたん、角膜上に多数の乾いた領域が出現するのがこの「BUT短縮型ドライアイ」で、涙液の量には異常がないのに、目の表面に涙がぬりつけられにくく、さらに、非常に目が乾きやすく、目の表面の傷は軽度にも関わらず、乾燥感などの自覚症状が非常に強い。もともとこういった症状のあるドライアイには、パソコン、エアコン、コンタクトレンズの使用といった生活・環境要因が大きく影響していると考えられているのだが、加えて、今冬ならではの“ラニーニャ現象(※)”も、ドライアイ患者増加の要因となる可能性が。今年は多くの人が目の悩みを抱えることになりそう! ということで、予防&対策法を“目”のスペシャリスト・横井則彦先生に聞いてみた。(※日付変更線より東の太平洋赤道海域で平均海水温度が低くなり、世界中に異常な天候を起こす現象)

「目の乾燥を増強させてしまうのが“低温・低湿度”。研究で、秋や冬といった低温・低湿度を想定した環境下では“乾燥感”が強くなることが判明し、さらに、乾燥感は風の影響を受けることでとても強くなることが分かりました。今冬発生するラニーニャ現象の環境下では、例年よりも『ドライアイ人口が増えるのでは』と私は考えています」とは横井先生。予防&対策法としては、「エアコンの風が直接目にあたらないようにする。パソコンやテレビのモニターは目より下方に設置する。パソコン作業を1時間したら、できれば10分くらいは休憩し、作業中は意識してまばたきの回数を増やす。目が疲れたら蒸しタオルをまぶたの上にのせるなどして目を温める。部屋を湿度50%前後に保つ。睡眠を十分にとる。交感神経が緊張していると涙の出が悪くなるので、ストレスをためないようにする。目薬を効果的に使う(コンタクトレンズユーザーは人工涙液タイプの目薬を選ぶ)。コンタクトレンズユーザーは、保水性の高いレンズ・消毒力が高く、親水成分を含むレンズ用消毒剤を選ぶこと」と、9つの方法を教えてくれた。

ちなみに「“ドライアイ”かもしれない」と心配になった人は下記のリストをチェックしてみて。多く当てはまってしまった人は、悪化する前に専門医にも相談するべし! 【東京ウォーカー】

□目が乾く

□なんとなく目に違和感がある

□目が疲れやすい

□目がゴロゴロする

□目がショボショボする

□目が重たい感じがする

□目が熱を持った感じがする

□目をつぶっていたい

□目がかゆい

□目がしみる

□目が充血しやすい

□目やにが出る

□目が痛い

□10秒以上目を開けていられない

□物がかすんだり、ぼやけて見える

□光がまぶしい

□わけもなく涙が出る

□視力が落ちてきたような気がする


■監修 横井則彦先生/京都府立医科大学眼科学教室 准教授。専門は、ドライアイおよび角結膜疾患

カラコンなどには金属が含まれている/MRI検査にはご注意を!

カラコンなどには金属が含まれている/MRI検査にはご注意を!

便利さに慣れてしまっているから・・・

普段は便利なコンタクトレンズ。どこに行くにも手軽に装用できてクリアな視界を与えてくれますが、コンタクトレンズを着けてしてはいけないことが少々あることをご存知ですか?。ちょっとした豆知識として知っておくと、ふとしたときに助かることになるかもしれません。

12月1日の“コンタクトレンズ探偵団”でとりあげられていますが、カラコンやディファイン(サークルレンズとも)といった、レンズにカラーが施されている着色されたコンタクトレンズを装用したままでは受けることができない、病院の検査があります。それは「MRI検査」。


コンタクトレンズに金属!?

実はカラコンやディファインは「金属酸化物系着色剤」という成分で着色されており、金属がふくまれているのです。このことを知らずにMRI検査を受けてしまうと、レンズの金属に反応してスパークをおこしたりコンタクトが飛んでいってしまう恐れがあるそうです。

これにより、目の表面にヤケドを負ってしまったり、角膜炎といった眼障害を患ってしまうケースも。MRI検査を受けるときの問診表には、体内に金属がありますか?あるいは、体に金属製のものをつけていますか?(はい、いえ)という箇所があので、カラコン・ディファイン使用者は検査技師や医師に使用を伝え、取り外してから検査を受けましょう。

来年の大量花粉に備えろ!花粉対策目薬がパワーアップ!

来年の大量花粉に備えろ!花粉対策目薬がパワーアップ!

ゾッとする「花粉5倍」予想

ウェザーニュースが10月に発表した2011年の“スギ・ヒノキ花粉”傾向によると、記録的猛暑となった2010年の夏は日照時間も長く、その影響で雄花の量が増えたため、全国平均で2010年の約5倍の飛散量となる見込みと予想が出されました。

そのような厳しい花粉年に向けて、心強いアイテムが登場しました。ロート製薬株式会社から発売されている、ソフトコンタクトレンズをしたまま点眼可能な花粉対策目薬「ロートアルガードコンタクトa」が、2010年12月15日にリニューアルして新発売されます。

強力アイテムで花粉なんか怖くない!

新しくなった「ロートアルガードコンタクトa」には、かゆみを抑えてくれる“クロルフェニラミンマレイン酸塩”と、角膜保護成分“コンドロイチン硫酸エステルナトリウム”が配合されており、好評を得ているすっきりとしたさし心地はそのままで、処方が強化されています。

 

ともにリニューアルされた内服薬「ロートアルガード鼻炎ソフトカプセルEX」と「ロートアルガードコンタクトa」のWアイテムで、着実に近づいてきている花粉の脅威に立ち向かいましょう。

つらい花粉対策には、トータル花粉対策の「アルガード」!

『ロート アルガード 鼻炎ソフトカプセルEX』 『ロート アルガード コンタクトa』  2品同時にリニューアル!

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は、トータル花粉対策ブランド「アルガード」から、辛い鼻炎症状を治療する内服薬『ロートアルガードソフトカプセルEX』とソフトコンタクトレンズをしたまま点眼できる花粉対策目薬『ロートアルガードコンタクトa』を2010年12月15日(水)に全国の薬局・薬店でリニューアル新発売いたします。 
『ロートアルガード鼻炎ソフトカプセルEX』は鼻づまりに効く「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」を新配合し、鼻づまりにしっかり効果を発揮する処方に。『ロートアルガードコンタクトa』はかゆみを抑える「クロルフェニラミンマレイン酸塩」と角膜保護成分「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」を新配合。花粉対策のトータルブランドとして「アルガード」がパワーアップします!

 

『ロートアルガード鼻炎ソフトカプセルEX』

今年の「飲むアルガード」は、鼻炎ソフトカプセルをリニューアル。つらい花粉の時期に、息苦しさを伴い生活支障度も高い「鼻づまり」に対する処方を強化します。


●リニューアルポイント
鼻づまりに効く「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」新配合!! 
新配合の「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」が交感神経にはたらき、鼻粘膜の充血やはれをおさえ、鼻づまりを改善します。また、交感神経興奮剤「塩酸プソイドエフェドリン」を増量。鼻づまりによる息苦しさ等をおさえ、鼻呼吸を楽にします。

<有効成分>
新配合・dl-メチルエフェドリン塩酸塩 60mg 交感神経興奮剤(鼻づまりを改善)
増量 ・塩酸プソイドエフェドリン   75mg 交感神経興奮剤(鼻づまりを改善)
   ・d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 6mg アレルギー症状に作用し鼻症状を抑える
   ・グリチルリチン酸ニカリウム  60mg 鼻粘膜の炎症を抑制し、鼻通りを改善
   ・ベラドンナ総アルカロイド   0.4mg 副交感神経に働きかけ、鼻水やなみだ目を抑える
   ・無水カフェイン        90mg 頭重をやわらげ、だるい症状を鎮める

 


『ロートアルガードコンタクトa』

日本初のソフトレンズしたまま点眼できる花粉やハウスダスト等の目のかゆみに効く目薬として2009年9月に新発売した「ロートアルガードコンタクト」は満足度87%※1とご好評いただきました。すっきりと気持ちのいいさし心地はそのままに、さらに処方強化します!
※1:従来品「ロートアルガードコンタクト」を使用したお客様からのアンケートより(n=75、ロート調べ)


●リニューアルポイント
かゆみの元を直接ブロックする「クロルフェニラミンマレイン酸塩」
角膜保護成分「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」新配合!!
つらい目のかゆみをしっかり抑えながら、角膜もしっとりケアする処方設計をしています。

<有効成分>
新配合 ・クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.03% ヒスタミンをブロックし、かゆみを抑える
新配合 ・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 0.5% 瞳のうるおいを保ち、角膜を保護する
    ・ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩) 0.01%  瞳に栄養を与えて新陳代謝を促す

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年の花粉に備え、「アルガード」はトータル花粉対策ブランドとしてブランド強化!
当社では、1987年に花粉対策目薬「ロート点眼薬アルガード」を発売して以来、20年以上にわたって花粉症の 研究に取り組んできました。現在「アルガード」シリーズは、目薬、鼻炎用内服薬、点鼻薬、洗眼薬、マスクなど、合計16品目となり、花粉でお困りの方の症状や使用場面に合わせて選んでいただける幅広いアイテムを取り揃えています。花粉対策用目薬では、確かな効き目と気持ちの良い点し心地が支持され、発売以来毎年トップシェアをキープしており、花粉目薬市場で約57%※2のシェアを獲得するなど、高いブランド力を誇っています。今年は内服薬と点眼薬を強化し、トータルブランドとしての強みを強化します。※2:2010年1月~3月花粉対策目薬売上(個数)、ロート調べ

弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性

弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性

眼鏡やコンタクトレンズでも物がよく見えない「弱視」が大人で治りにくいのには、成長してから脳でつくられるたんぱく質が関係していることを、ヘンシュ貴雄・米ハーバード大教授(分子細胞生物学、神経学)らのチームがマウスを使った実験で明らかにし、米科学誌サイエンスに発表した。大人の弱視治療につながる可能性があるとしている。

 弱視は屈折異常などによる視力の低下とは異なり、目から脳へ像を伝える神経回路の異常が原因で起こる。数%の人が発症するという。視神経の機能が発達段階にある「臨界期」(3~13歳)までに治療すれば改善する可能性もあるが、過ぎてしまうと治療は難しい。

 チームによると、臨界期の後に視神経の機能を安定させる働きを持つとみられる「Lynx1」というたんぱく質の作製を抑えると、視神経の“柔軟性”が復活することが分かった。

 チームはマウスの臨界期(生後19~33日)を含め約40日間、片目のまぶたを縫合し、人為的に弱視にした。その後縫合を解いて両目を開いても、普通のマウスの視力は回復しなかったが、遺伝子操作でLynx1を作製できなくしたマウスは、特別な治療なしに視力を取り戻した。

多焦点コンタクトレンズは夜間の運転には不向き

多焦点コンタクトレンズは夜間の運転には不向き

多焦点(multifocal)コンタクトレンズを使用していると、眼鏡に比べて夜間の運転が困難であることが新しい研究で示された。多焦点レンズは、加齢に伴いよくみられる近見視力の低下(老眼)を矯正するもの。
 今回の研究では、45~64歳の11人のボランティアに、夜間のサーキットを運転してもらった。多焦点コンタクトレンズを装用していると、累進多焦点眼鏡(境目のない遠近両用眼鏡)を使用した場合に比べて、夜間の運転速度が有意に減少した。さらに、遅い速度であっても路上の障害物を認識する能力に低下がみられたほか、道路標識を読むのに近づく必要があり、標識への反応時間が減少する可能性のあることもわかった。

 「医師は、夜間に長距離・長時間の運転をする患者に対して、最善の老眼矯正法を検討する必要がある。日中の使用には多焦点コンタクトレンズを処方し、夜間の運転時には別の方法で矯正するのも1つの選択肢である」と、研究著者である元オーストラリア、クイーンズランド大学のByoung Sun Chu氏は述べている。

 今回の研究は、医学誌「Investigative Ophthalmology & Visual Science(研究眼科学・視覚科学)」9月号に掲載された

弱視に関与のタンパク発見

弱視に関与のタンパク発見

眼鏡やコンタクトレンズでも物がよく見えない「弱視」が大人で治りにくいのには、成長してから脳で作られるタンパク質が関係していることを、ヘンシュ貴雄・米ハーバード大教授(分子細胞生物学、神経学)らのチームがマウスを使った実験で明らかにし、米科学誌サイエンスに発表した。大人の弱視治療につながる可能性があるとしている。

 弱視は屈折異常などによる視力低下とは異なり、目から脳へ像を伝える神経回路の異常が原因で起こる。数%の人が発症するという。視神経の機能が発達段階にある「臨界期」(3~13歳)までに治療すれば改善の可能性もあるが、過ぎてしまうと治療は難しい。

 チームによると、臨界期の後に視神経の機能を安定させる働きを持つとみられる「Lynx1」というタンパク質の作製を抑えると、視神経の“柔軟性”が復活することが分かった。

 マウスの臨界期(生後19~33日)を含め約40日間、片目のまぶたを縫合し、人為的に弱視にした。その後縫合を解いて両目を開いても普通のマウスの視力は回復しなかったが、遺伝子操作でLynx1を作製できなくしたマウスは特別な治療なしに視力を取り戻した。

ソフトコンタクトレンズ 装着前に必ずすすぎを 協議会、表示の徹底要望へ

ソフトコンタクトレンズ 装着前に必ずすすぎを 協議会、表示の徹底要望へ

 ソフトコンタクトレンズは装着前に必ずすすぎを-。レンズの消毒液として多目的溶剤(MPS)が普及したことに伴い深刻な眼障害が増えていることから、日本コンタクトレンズ学会は「こすり洗い」に加え、「装着前のすすぎ」を徹底するよう呼びかけている。ただ、添付文書では「こすり洗い」についての表示はあっても、「装着前のすすぎ」には触れていないものも多い。学会やメーカー関係者などで作る「日本コンタクトレンズ協議会」は18日にMPS委員会を開催し、厚生労働省やメーカーに表示の徹底などを要望していく。(平沢裕子)

消毒力弱いMPS

 MPSは、洗浄、すすぎ、保存、消毒を1本で行うことができる消毒液。ソフトコンタクトレンズは含水率が高く、レンズ内部で細菌が繁殖しやすい。そのため、1日使い捨てのもの以外は使用後に消毒する必要がある。

 消毒法はかつては加熱する煮沸が主流だったが、非加熱の過酸化水素・ヨード剤、MPSへと変わってきた。それぞれ長所と短所があるが、MPSは他のものに比べて消毒時間が短く、操作もより簡単だ。


一方で消毒力は最も弱い。どの消毒法でも誤った使い方でトラブルを起こすのは同じだが、MPSの普及に伴い、アカントアメーバなど重症の角膜感染症が増加、世界的に問題となっている。

 消毒力が弱いといっても、これまでは「こすり洗い」をしっかり行えば、細菌感染は防ぐことができると考えられていた。

  

ケース6割に細菌

 しかし昨年、同学会と国民生活センターが共同で実施した調査で、対象者の60%のレンズケースから細菌が検出された。ケースが汚染されていると、こすり洗いをしても保存中にケースからレンズに細菌が移る可能性がある。このため、同学会は今年3月、「装着前のすすぎ」を含めた正しいケア法を徹底するよう利用者に注意喚起した。

 ただ、製品の容器や外箱、添付文書の表示に「装着前のすすぎ」を盛り込むかどうかはメーカーの判断に任せられている。中には「そのまま装用してください」という表示の製品もあり、利用者に正しい情報が伝わっていない。

 同学会常任理事で、道玄坂糸井眼科医院の糸井素純(もとずみ)院長は「こすり洗いと装着前のすすぎはMPSだけでなく、過酸化水素やヨード剤でも重要。添付文書で『すすがずにそのまま装用できる』とあっても、感染を防ぐためにレンズは必ずMPSですすいでから使ってほしい」と呼びかけている。

HOYA、ペンタックス部門など好調で増収増益

HOYA、ペンタックス部門など好調で増収増益

HOYA株式会社は5日、平成23年3月期第2四半期の連結業績(累計)を発表した。売上高は2,126億6,700万円(前年同期比5.4%増、以下同)、営業利益は389億700万円(38.9%増)、純利益は339億1,600万円(138.8%増)。

 市場の回復に沿った受注の増加により生産及び出荷数量が増加したものの、価格低下と円高の影響が大きく売上高は微増に留まった。

 なお純利益には、HDD用ガラスメディア関連事業を米Western Digitalに譲渡した際の譲渡益103億4,200万円が含まれる。

 ペンタックスを含む情報・通信事業は売上高1,119億2,900万円(9.9%増)、営業利益233億2,500万円(86.7%増)。新興国を中心にペンタックスブランドのデジタルカメラは一眼レフが入門機を中心に好評が継続し、交換レンズ販売にも好影響を与えた。台数ベースでは前年同期を超えたとする。デジタルカメラ用レンズも高精度品の受注が相次ぎフル操業状態で推移して数量が増えたほか、カメラモジュールの出荷も好調だったという。

 同じく情報・通信事業に含まれるエレクトロニクス関連事業も、半導体や液晶関連市場が新興国需要を中心に世界的に回復した。ただ出荷数量は前年比プラスも、単価下落と円高により売上は大きく伸びることは無かった。一方、世界的なノートPC市場の伸びを受けてHDD用ガラスディスクも順調に推移。出荷数量は前年同期を大きく上回り増収となった。

 ライフケア事業は売上高999億6,100万円(1.3%増)、営業利益191億1,500万円(0.4%増)。ヘルスケア関連事業では、コンタクトレンズの販売が伸びた。また、メディカル関連事業では軟性の眼内レンズが好調だったが、医療機器は販売費率の高い欧米での買い控えと円高の影響を受けた。

 その他の売上は7億6,300万円、営業利益は3億4,700万円だった。その他は、情報システムサービスを提供する事業および新規事業が含まれる。

 通期の見通しについては景況や為替変動のため予想が困難として、第3四半期の決算発表時に公表するとしている。2010年3月期の実績は、売上高4,135億2,400万円、営業利益643億2,700万円、純利益378億7,500万円だった。

コンタクトによる目のトラブル、漢方は効く?

コンタクトによる目のトラブル、漢方は効く?

 Q 26歳の女性です。数年前からコンタクトレンズを使用しています。昨年あたりから目の縁(ふち)がただれやすく、眼瞼(がんけん)結膜炎と診断され、治療を受けてきました。風や外気にあたると涙がでて止まらなくて困ります。また白目の端に三角の「ウロコ」のようなものができ、眼科で切除してもらいました。漢方に何かよい薬はありませんか。

 

 A 質問者のいう角膜にできる「ウロコ」のようなものは、翼状片と呼ばれています。三角形の形をした結膜組織の先端が角膜上に進入したもので、ガラス状の膜が角膜をおおうようにみえます。

 角膜中央部まで広がると視力障害を起こすことから眼科では切除しています。原因はよくわかっていませんが、コンタクトレンズの刺激による可能性もあるので使用をやめた方がよいでしょう。

 この種の病気に非常によく効く漢方薬は越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)です。角膜や結膜の慢性炎症によるめやにや涙で、目もとや眼瞼がただれたときに劇的な効果を発揮します。翼状片のようなものにも効き目があります。主として炎症と浮腫(ふしゅ)や発汗傾向、尿の出にくい症状に処方されます。

 ただ、胃腸の弱い人が服用すると、食欲低下や胃痛が起こる場合があります。麻黄(まおう)という生薬を相当多く含むためです。甘草(かんぞう)という生薬も含むので、血圧上昇やむくみに対しても注意しなければなりません。

←前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 全てのページを見る 次のページへ→

使用目的別に使い捨てコンタクトレンズの最安値を比較表示

使用目的別に分けられた下のリンクをクリックすると、使い捨てコンタクトレンズの通販で最も激安な最安販売価格を確認することができます。

インターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

メーカー別の最安値を比較表示

レンズメーカー別に分けられた下のリンクをクリックすると、メーカー商品名別で最も激安な最安販売価格を確認することができます。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューやチバビジョンのデイリーズなどが家にいながら販売サイトで購入できます。

安い価格を比較するとインターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで普通の店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

商品名別で使い捨てコンタクトレンズの価格を比較

商品名別に分けられた下のリンクをクリックすると使い捨てコンタクトレンズの販売価格を低価格順に比較した販売店や価格を確認することができます。

同じコンタクトレンズでも販売店の違いにより、1箱あたり1000円以上の価格差がでる場合もあるので、あなたが欲しいソフトレンズを比較して格安コンタクト販売店の価格チェックで購入候補を見つけてみよう。