ニュース-使い捨てコンタクトレンズ通販の価格比較-

←前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 全てのページを見る 次のページへ→

J&J、紫外線に関する意識調査、理想の美しい眼として6割以上が“白目の美しさ”を重視

J&J、紫外線に関する意識調査、理想の美しい眼として6割以上が“白目の美しさ”を重視

ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニーは、紫外線対策の意識が高く、使い捨てソフトコンタクトレンズを装用している全国の20・30・40代の女性300名を対象とした、「紫外線に関する意識調査」を実施した。その結果、6割以上が理想の美しい眼として“白目の美しさ”を重視していることがわかった。

 今回の調査は、日常生活で紫外線が気になりますか?という質問に対して「気になる」、「少し気になる」と回答し、紫外線から身を守るため、日常の生活で何か対策をしていますか?という質問に対して「している」と回答した、使い捨てソフトコンタクトレンズを装用している、全国の女性300名(20代100名、30代100名、40代100名)を対象に6月に実施したインターネット調査となっている。

 理想の美しい眼としては、「白目が澄んだ眼(35.7%)」が最も高く、次いで「白目と黒目がはっきりした眼(25.3%)」という結果となり、6割以上が “白目の美しさ”を重視している結果となった。

 理想の美しい眼として“白目の美しさ”を重視しているにも関わらず、紫外線の影響で白目の部分が黄色く濁る可能性があることを知っていると回答した人は4.7%と低く、紫外線の影響で起こる眼障害の中でも、“瞼裂斑(けんれつはん)”の認知度はわずか0.7%という結果となった。

 紫外線が眼に悪影響を与える可能性があることは68.7%が知っているものの、実際には33.3%しか対策をしていないことがわかった。ちなみに肌に関しては、100%の人が紫外線対策を行っていると回答している。

 また、眼の紫外線対策をしていると回答した人の中でも、「20代(22.0%)」、「30代(41.0%)」、「40代(37.0%)」と特に20代は眼の紫外線対策が疎かである実態が明らかになった。若年層からでも紫外線の影響によって“瞼裂斑けんれつはん”などの眼障害になる可能性があるので、若い頃からの眼の紫外線対策が重要だ。

 眼の紫外線対策アイテムに関しては、1位「サングラス(68.0%)」、2位「帽子(64.0%)」、3位「日傘(58.0%)」、4位「紫外線カットのコンタクトレンズ(31.0%)」という結果となった。しかし、サングラスの形状により防げる紫外線に差があることや、色の濃いサングラスの場合、視界が暗くなることで瞳孔が大きく開き、眼の中に多くの紫外線が入りやすくなる可能性があることについては7割弱の人が「知らない」、「聞いたことはあるが、よくわからない」と回答しており、間違った認識で、眼の紫外線対策を行っている人が多い実態が明らかとなった。

 紫外線対策意識が高く、使い捨てソフトコンタクトレンズを装用している人でも、紫外線カットのコンタクトレンズがあることを知っている人は半数以下の40.3%で、実際に紫外線カットのコンタクトレンズで眼の紫外線対策を行っている人は31.0%という結果となった。しかし、さまざまな眼障害の対策の一つとして紫外線カットコンタクトレンズを装用してみたいと思う人は82.0%と高い結果となった。

老眼:リング埋め「治す」 ピンホール効果で遠近にピント、レーシック手術と併用可能

老眼:リング埋め「治す」 ピンホール効果で遠近にピント、レーシック手術と併用可能

年を取るにつれ、だんだん近くのものが見えにくくなる老眼。日本人では平均して40歳代から、誰にでも訪れる目の老化現象だ。従来は「年だから仕方ない」「そろそろ老眼鏡が必要だ」となるだけだったが、最近、新しいアプローチで老眼を「治す」技術が現れ始めた。【奥野敦史】

 「5年くらい前から暗いところで新聞が読みにくくなり、今は飛行機の機内で本が読めないんです」。東京都内でプロスポーツ選手のマネジメント会社を経営する神崎進司さん(51)は言う。趣味のゴルフでは今もボールの行方がしっかり見える。が、手元のスコアカードの文字が見にくい。「老眼鏡も使いますが目が疲れる。憂うつです」

 老眼は目のレンズ、水晶体が硬くなって起きる。人間の目は水晶体の厚みを、それ自体の弾力とその周囲にある筋肉で変えて、ピントを合わせている。近くを見る時は、水晶体が自らの弾力で厚く膨らまねばならない。その弾力が失われ、特に近くにピントが合いにくいのが老眼だ。

 対策は長らく老眼鏡のみ。最近は専用コンタクトレンズもある。一方、高周波の電流で角膜の形状を変え、レンズの屈折率を矯正するCK(コンダクティブ・ケラトプラスティー)やレーシック手術などの「老眼治療」も開発されてきた。CKは世界で10万例以上の症例がある。そこに新たに加わったのが「アキュフォーカスリング」という手法だ。国内には昨年導入された。

  □   □

 直径1~2ミリほどの穴を通して周囲を見ると、老眼や近視の人もくっきりものが見える。「ピンホール効果」と言い、目の中に入る光が細くなると、より広い範囲にピントが合う作用。カメラの絞りを絞ると近景から遠景までピントが合うのも同じ原理だ。

 アキュフォーカスリングは直径3・8ミリ、中央に直径1・6ミリの穴が開いた5円玉形の黒いリングを角膜に埋め込み、常時ピンホール効果を起こす治療法だ。05年、老眼治療法としてEU(欧州連合)の安全基準をクリアした。

 手術は点眼薬で目に麻酔をかけた後、角膜の表面を高精度なレーザーでU字形にスライスし、厚さ約0・2ミリのポケットを作る。このポケットに、通常、片目だけリングを差し込む。

 ポケットを少し大きくして角膜を円形にスライスすると、フラップ(ふた)が作れる。このフラップは近視などを治すレーシック手術で使う技術だ。レーシックの場合、フラップをめくって角膜の内部をレーザーで削り、屈折率を矯正する。手順が似ているため、レーシック手術とリングを併用することも可能だ。

 神崎さんは6月末、国内でいち早くアキュフォーカスリングを取り入れた「みなとみらいアイクリニック」(横浜市)で手術を受けた。執刀は同クリニック手術顧問の坪田一男・慶応大教授(眼科学)。両目のレーシックと右目のリング挿入で、手術時間は約30分。術後「痛みは全然ないです」と話していた。

 坪田教授によると、リングには、角膜への栄養を遮断しないよう微細な穴6400個が開けられている。またリングは手術後も専門医の手で外すことが可能。「フラップは数十年後でもめくることができ、リングも簡単にはがせます。効果が薄い、違和感が残る人は、簡単に元に戻せるのも利点です」と言う。

 4月にリングを入れた会社員、宇治由紀子さん(50)は「パソコン画面も遠くの景色もきれいに見えて快適。目から20センチ先の名刺の文字もくっきり見えます」と言う。両眼視力は0・4から1・5に回復した。片目ずつ閉じると、リングを入れた左目は視野が若干暗い。しかし両目で見ると暗さを感じない。左右の目の情報が脳で統合、調整されたためで、片目にだけリングを入れるのはこのためだ。

 宇治さんは術後約1カ月は視界が少し曇り、目がごろごろする違和感も感じた。またかなり暗い場所では視力向上の効果が少し落ちる。術後1週間の神崎さんは「曇った感覚があり、視力が劇的に改善した実感はない」と話した。一方で手術翌日に携帯電話の文字を小さく変更し、暗い場所も効果十分という人もいる。坪田教授は「効果に個人差はある。視力が回復するまで数日の人も、数カ月の人もいる」と説明する。

 世界で約1000例実施されているが、国内の普及はこれからだ。自費診療で、同クリニックでの費用は30万~37万円。「ぜいたく品」と言えるが、平均30~40年間もつきあう老眼への対処法として注目を集めそうだ。

毎日新聞 2010年7月16日 東京朝刊

UVを防ぐコンタクトはあるか?~意外に知らないUVと瞳の“常識”

UVを防ぐコンタクトはあるか?~意外に知らないUVと瞳の“常識”

「瞳の美白」推進委員会が、瞳とUVに関する正しい知識とケアについての情報発信を行うスペシャルサイト「あなたをもっと輝かせる『瞳の美白』」を本日オープンした。

 同委員会は、UVを浴び続けることで起こる目の病気があることなどから、正しい知識をもって充分にケアすることを呼びかけている。

 同サイトでは、開設を前に全国の20~34歳の女性500名を対象に「紫外線に関する意識調査」を実施。クイズ形式で目と紫外線に関する10問の問題を出して聞いている。「UVを防ぐことができるコンタクトレンズがある?」という質問もあり、正解率は8割を超えていたが、正解は「Yes」。このように「サングラスは黒ければ黒いほどUVカットが高いか?」や「昼間と夕方、瞳がUVダメージを受けるのは昼間?」など、UVの素朴な常識もクイズ形式で紹介している。

消毒効果に関心が集まるコンタクトケア用品について

消毒効果に関心が集まるコンタクトケア用品について

(PR TIMES) - 国民生活センターがコンタクトケアの実態を発表。1本タイプ(MPS)の消毒効果に注意! 製品選びは消毒効果がポイント!

株式会社オフテクス(本社:兵庫県神戸市 社長:米田 穣)は、平成22年1月と5月の2回に渡り、コンタクトケア製品に対するインターネット市場調査を実施しました。アンケートでは、昨年末に独立行政法人国民生活センターが『消毒効果の弱い消毒液を使用し、そのまま装着すると眼感染症を起こしたり、場合によっては失明の恐れがある角膜感染症にもつながる』(*)と指摘したのを受けて、利用者の反応を調査しました。
その結果、コンタクトレンズのケア商品としての『消毒液』の効果に、利用者の多くが関心を寄せていることが判明しました。

(*)「ソフトコンタクトレンズ用消毒剤のアカントアメーバに対する消毒性能-使用実態調査も踏まえて-」(平成21年12月16日公表)

調査期間:2009年12月28日(月)~2010年1月15日(金)
調査方法:ECサイト会員に宛てたメールアンケート
調査対象:10代~60代 1464名

調査期間:2010年5月10日(月)~2010年5月31日(月)
調査方法:ECサイト会員に宛てたメールアンケート
調査対象:10代~60代 2908名

■平成22年1月のインターネット市場調査結果・・・消毒効果で製品を選びたいが64%

 国民生活センターの発表を受けて、コンタクトレンズのユーザーはどのように感じたのでしょうか。現在使用しているケア用品に消毒効果の不安を感じますか?の問いに対して、57%のユーザーが「強い不安を感じる」「やや不安を感じる」と答えています。
 また、今までのレンズケア方法を見直しますか? の質問に対しては、64%が「レンズのこすり洗いを徹底する」「保存ケースを洗って清潔にする」などの自衛策を強化すると回答。さらに、24%のユーザーは「違うケア用品に変更する」と答えています。
 一方で、1本で消毒・洗浄・すすぎ・保存のすべて行えるMPS(マルチパーパスソリューション)は、消毒効果を高めるためにレンズの両面を各々20~30回程度こすり洗いする必要があります。このため、ユーザーの91%はこのこすり洗いを「非常に面倒」「やや面倒」と回答しています。
 そこで、今後ケア用品を選ぶ際に一番重視する点を聞いてみると、64%のユーザーが「消毒効果」と回答しています。この数値は、「ケアの簡単さ」(12%)、「価格の安さ」(7%)を大きく上回るもので、国民生活センターの発表内容を深刻に受け止めていることが明らかになりました。

図1 今までのレンズケア方法を見直しますか?
図2 今後ケア用品を選ぶ際に一番重視する点をお選び下さい

■平成22年6月のインターネット市場調査結果・・・34%がケア方法などを見直し

 1月の段階では消毒効果の重要性と現状のレンズケア方法を不安視する傾向が顕著に表れていましたが、その後はどうなったのかが気になるところです。具体的に見直した内容について質問したところ、「ケア方法の見直しなど」が34%、「ケア用品を変更した」が11%を占めました。また、7%のユーザーは「定期健診を受けるようになった」といいます。
 また、年齢別で見てみると14歳以下が最も敏感に対応しており、「ケア方法の見直しなど」が40%、「ケア用品を変更した」が16%となっていますが、これは若年層を子供に持つ親の意識が反映されたものと考えられます。
 一方で、「どのケアにしたらいいかわからない」と回答したユーザーが41%を占めていることから、メーカーと医療現場からの正しいレンズケアに関するより一層の啓発活動が課題となっています。

図3 昨年末のニュース後・・・
図4 レンズケアの見直し状況

■不安から行動へ。45%のユーザーはケア用品などを見直し

 過去2回の調査結果をまとめると、1月の調査結果ではユーザーの57%が単に不安を感じていた状態でしたが、6月の調査結果になるとユーザーの34%が具体的なケア方法の見直しを行い、11%がケア用品を見直すなど、半数近い45%のユーザーが積極的に行動を起こしていることが明らかになりました。
 コンタクトレンズのユーザーにとって、目の痒みや赤みなどの症状は決して他人ごとではありません。事実、国民生活センターの調査では調査対象の10%にあたる40名に、アカントアメーバ汚染の痕跡があったといいます。その実態がデータで示されたことで、レンズケアの消毒効果の重要性が浮き彫りになり、ユーザーの意識改革へと波及しているように思われます。

株式会社オフテクス

 デリケートな眼に装着するコンタクトレンズであるが故に、ソフトレンズでもハードレンズでも雑菌の除去はとても大切です。
 オフテクスでは、こうした状況を踏まえ、新方式のケア用品を開発しました。
『バイオクレン ファーストケアCT』/『バイオクレン O2セプト』は、うがい薬等にも広く使用される「ポビドンヨード(ヨウ素)」を採用。眼障害の原因となる様々な雑菌を、しっかりスピーディーに除菌します。

財布に281億ドル、食品再編か ネスレ、株の巨額売却代金に苦慮

財布に281億ドル、食品再編か ネスレ、株の巨額売却代金に苦慮

 食品世界最大手、スイスのネスレが281億ドル(約2兆4660億円)という巨額資金の使い道に頭を悩ませている。

 ネスレは米コンタクトレンズ大手、アルコンの株式の過半数をスイスの製薬大手、ノバルティスに売却し、その対価である281億ドルを今年7~9月期に受け取る予定だ。この額は、10年3月末時点で米グーグルが保有していた現預金残高265億ドルを上回る。

 投資家は、ネスレが新興市場で事業を拡大し、売上高の約半分を発展途上国で生み出している日用品世界最大手、英蘭ユニリーバに肩を並べることを望んでいる。

 ネスレのシン最高財務責任者(CFO)は6月22日、「当社はこの資金を使って、自社事業への投資や他社の買収を行う考えもあったが、100億スイスフラン(約8250億円)規模の追加自社株買い計画を開始している」と述べた。

 ネスレは売上高の3分の1を新興国で生み出しており、ブルケ最高経営責任者(CEO)は10年以内にその比率を45%まで高めることを目指している。

 同CEOが2008年4月に就任してから、10億ドル規模の買収は1件しか行っていない。それは米クラフト・フーズの冷凍ピザ事業の37億ドルでの買収で、アルコン株式売却の1日後である1月5日に発表された。ブルケCEOは企業買収に年間約30億スイスフランを投じると発表した。

 受け取りを予定している株式売却代金によって、ネスレは自社に続く大手5社(米コカ・コーラ、米ペプシコ、ユニリーバ、クラフト・フーズ、仏ダノン)を除けば、食品業界の上場企業はどの企業でも買収できることになる。

米ソーンバーグ・インベストメント・マネジメントのファンド・マネジャー、ウェンディ・トレビサニ氏は「ネスレは、資産売却に時間がかかり過ぎるような大企業を買収するのは避けて、独占禁止規制当局を納得させるべきだ。一見しただけでは素晴らしい事業には見えなくても、徐々に有望な成長事業に変わる、カプセルコーヒーの『ネスプレッソ』のようなダイヤの原石を探し出すのが理想だ」との見解を示した。

 独アリアンツ・グローバル・インベスターズのファンド・マネジャーによると、投資家は、ネスレが手にする株式売却代金で、自社株買いや配当を実施することも望んでいるという。

 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の株式アナリスト、カール・ショート氏は「ネスレは資金使途をより明確にする必要がある。そうでなければ、アナリストはネスレ株を買い推奨する気にならなくなるかもしれない。これが問題になってくるのは、今日ネスレ株式を買っても、6週間後にはまったく違う会社に変わってしまうかもしれないからだ」と指摘した。同氏はこのような懸念もあり、09年10月にネスレの投資判断を「ストロングバイ」から「ホールド」に引き下げた。(ブルームバーグ Tom Mulier、Shin Pei)

左右の視力が大きく違う

左右の視力が大きく違う

 高校2年生の息子。3、4年前から左右の目で視力に差が出始め、現在右1.2、左0.1です。日常生活に不便はないようですが、今後どうしたらいいでしょうか。また、夫が「視力が左右で違いすぎると死ぬのが早い」という話を聞いてきたのですが、本当でしょうか。(東京都・H)

 ◆原嘉昭(はらよしあき)さん 市立奈良病院網膜硝子体センター長=奈良市

 Q 左右で視力が大きく違うそうです。

 A 「不同視」と呼ばれる症状です。一般的に、左右の視力に差はあるものの、両眼とも徐々に視力が悪くなっていく場合が多いです。ただ、今回のように、片方はよいままで片方の視力だけが低下を続ける場合も少ないですが、あります。

 Q 何が原因ですか。

 A 黒目の表面を覆う角膜の疾患、目のレンズにあたる水晶体を支える組織の異常、カメラのフィルムにあたる網膜の病気など、様々な原因が考えられます。大切なことは、まず眼科で精密検査を受けることです。その上で、対処を考えましょう。治療で視力が回復するケースもあります。

 Q 日常生活に問題はないそうです。

 A 視力のよい方の目を主に使って生活するのに慣れているためです。放置しておいて回復することは、通常考えられません。不同視のままだと、将来、目が疲れやすくなってしまったり、まれに左右の視線が違う方向を向いてしまう斜視を起こしたりします。何らかの処置をするべきです。

 Q 眼鏡をかけた方がよいですか。

 A 近視の場合、眼鏡を通した映像は、裸眼より小さく見えます。左右差が大きいと、映像が二つになるなどするので眼鏡をかけられません。コンタクトレンズでは、このようなことはないため、息子さんの場合は、コンタクトの方がよいかもしれません。レーザーで角膜を削る屈折矯正手術で、最近利用者が増えているレーシックは20歳以上までは考えない方がいいでしょう。

 Q 左右の視力に差があると早死にしますか。

 A 不同視から、身体に異常を起こし死亡するという例は聞いたことがないです。今回の話に眼科的な根拠はなく、信じる必要はありません。

ソフトレンズ装着中 かゆみを抑える目薬 ロート製薬

ソフトレンズ装着中 かゆみを抑える目薬 ロート製薬

ロート製薬は、かゆみや炎症を抑える成分「抗ヒスタミン剤」を配合し、ソフトコンタクトレンズ装着中でも点眼できる目薬「ロートCキューブ クリアフラッシュAL」を発売した。

 ソフトレンズは水分を含んでいるため、従来の抗ヒスタミン剤配合の目薬では有効成分がレンズに吸着し、変形など悪影響が出る恐れがあった。

 一方、同社の調査ではソフトレンズ使用者の約4割が目のかゆみに悩んでおり、このうち8割が角膜を傷つけるなど目に悪いことを理解しながらも「レンズ装着中に目をこすることがある」と回答したという。

 価格は13ミリリットル入りで735円。

チバビジョン、目の調整力が低下するアラフォー世代からの遠近両用コンタクトレンズの活用を提案

チバビジョン、目の調整力が低下するアラフォー世代からの遠近両用コンタクトレンズの活用を提案

チバビジョンは6月22日、プレス向けに「チバビジョンフォーラム2010」を開催した。同フォーラムでは、コンタクトレンズ処方の第一人者でもあり、自身もTPOに合わせた視力矯正を行っているというさくら眼科医院 院長で静岡県眼科医会理事を務める松久充子先生がアラフォー世代からの視力矯正について講演を行った。

 講演に先駆けて、チバビジョンの早川豪一社長が挨拶を行った。「私自身も老眼で、デスクワークの時、会議の時で老眼鏡をつけたり外したりしていた」と、早川社長も老眼によるメガネの掛け替えの煩わしさに頭を痛めていたという。「当社から遠近両用のコンタクトレンズが発売されたおかげで、食事に出かけてもメニューを読めるようになり、またゴルフもメガネをかけなくて済むようになり、行動範囲を広くすることができた」と、同社の遠近両用コンタクトレンズで自身のQOL(生活の質)が向上したとのこと。

「日本のコンタクトレンズ市場は約1800億円に達するが、そのうち遠近両用コンタクトレンズが占める割合は非常に小さく、遠近両用はメガネを使うというユーザーが大部分を占める」という。「そこで、遠近両用コンタクトレンズの良さを知ってもらうことを目的に、今回フォーラムを開催する。コンタクトレンズを装用していたユーザーを40歳からメガネに移行させないように、広く啓蒙していきたい」と、遠近両用の選択肢にコンタクトレンズもあることを訴えていきたい考えを示した。
 続いて、さくら眼科医院 院長で静岡県眼科医会理事を務める松久充子先生が「疲れ目にさようなら!“アラフォー世代”からの目のエイジングケア」と題したセミナーを行った。「私たちの目は、カメラのレンズと同じ。そのピントがずれると、近視や遠視あるいは乱視という状態になる。遠視の場合は凸レンズを使って、近視の場合は凹レンズを使って矯正する」と、目の基本構造と修正方法について解説。「また、私たちは目だけで見ているのではなく、遠方は交感神経で、近方は副交感神経で調節しているのだが、加齢によって水晶体核が硬化し、近方視の調整力が低下する」と、老眼のメカニズムを紹介してくれた。「水晶体核の硬化は30代から徐々にみられ、60代で完成する」と、誰もが老眼になってしまうという。

 「老眼に陥ると、生活に合わせてメガネを使い分けるようにする人が多い」と、近視用、遠視用、遠近両用のメガネをシーンで使い分けている人が大部分だとか。「メガネの他に、調整力の不足を補う累進焦点コンタクトレンズが登場した。正面視では遠から中間の度数帯で遠方視を補整し、下方視では中から近方の度数帯で近方視を補整する」とのこと。

 「黒目だけを覆うハードコンタクトレンズでは、下方視時にレンズが上方に移動するので、動きが少ないソフトコンタクトレンズが累進焦点コンタクトレンズとしては主流だ。ただし、遠くと近くを両方見る場合、累進焦点コンタクトレンズでは、どちらかの見え方について妥協せざるを得なかった」と、今まで満足できるものがなかったと説明。「チバビジョンのAIR OPTIX AQUAMULTIFOCALは、中心が遠方用。近くも遠くも97%程度見えればよいのではないかという発想から生まれたコンタクトレンズとなっている」と、どちらかを妥協するのではなく、両方とも少しだけ妥協することで、遠くも近くも見やすくなるコンタクトレンズだと述べていた。

 「昨今のVDT症候群の増加は無視できない状況になっている。交感神経、副交感神経を使っているので、目の症状だけでなく、精神神経系の症状や整形外科的な症状もみられる」と、1日中パソコンで作業する仕事に従事しているなどの増加からVDT症候群が増えているとのこと。「若年層のVDT症候群に対しては、市販の頭痛薬などを服用したりするが、適切なコンタクトレンズ処方によって、1週間後には改善に向かったという患者もあった」と、実際に治療した患者の例を見せながら、VDT症候群は目の調整力の補整で改善することができると述べていた。

 また、自身もTPOに合わせた視力矯正を行っているという松久先生は、普段愛用しているメガネは8個であるとか。ただし、短焦点コンタクトレンズを装用している時は、仕事時はメガネの数が8個から半分の4個に減り、外出時は2個のメガネに拡大鏡があれば事が足りるとのこと。松久先生はアラフォー世代に対し、「まだ見えますという人ほど、距離が遠くなっていたり、目を細めたりする場合があるなど、老眼を認めたくない人が多い。それだけに、“老”というイメージ改革を行う必要がある」と、老眼という響きも遠近両用コンタクトレンズの利用などに踏み切れない人が多い一因だと分析する。「パソコンや携帯電話などを使う知的生活に近視は必須であるだけに、文明の利器である遠近両用のメガネやコンタクトレンズを活用し、疲れ目からさよならして欲しい」と、進化する電化製品と上手に付き合いながら、眼の健康を向上させることが重要であると話していた。

PCを長時間使用する人は要注意「VDT症候群」とは

PCを長時間使用する人は要注意「VDT症候群」とは - チバビジョンフォーラム

ノバルティスグループのコンタクトレンズ、レンズケアの事業会社であるチバビジョンは22日、都内で「チバビジョンフォーラム2010」を開催した。同フォーラムでは、さくら眼科医院の松久充子院長が登壇し、「疲れ目にさよなら! "アラフォー世代"からの目のエイジングケア」と題して講演した。

松久氏は、目の焦点調節は、遠くを見る時は交感神経系、近くを見る時は副交感神経系が起こすと紹介。遠くを見ると、水晶体が扁平化し、近くを見ると水晶体が丸くなるが、この水晶体が加齢によって硬化し、徐々に調節力が低下していくことが老視の原因であると述べた。

調節力の不足を補うためには、メガネあるいはコンタクトの装着が最も近道と言える。松久氏は「1つの眼鏡だけ使用する時代は終わった」として、生活スタイルにあわせて、近用の度数と遠用の度数の部分を組み合わせた累進焦点眼鏡や、単焦点眼鏡といった複数の眼鏡を使用することを薦めた。アラフォー世代においては、運転なら遠用単焦点、通常生活なら遠近累進焦点、屋内・(PC作業時)なら中近累進焦点、PCなら近々累進焦点、読書・裁縫・(PC)なら近用単焦点が望ましいとした。なお、アラサー世代であればPC仕事では近用単焦点(近視はひとつ弱い眼鏡の方が好ましい)を推奨した。

また松久氏は、コンタクトレンズで調節力の不足を補う場合に、眼鏡の時と同様、使い分けの方法を提案した。ハードコンタクトレンズ(HCL)の場合、運転・通常生活は累進屈折HCLのみ、PCは累進屈折HCL+近用眼鏡、細かな辞書は累進屈折HCL+近用眼鏡か拡大鏡を薦めた。ソフトコンタクトレンズ(SCL)の場合、運転・通常生活・PCは二重焦点か累進焦点SCL、非常に細かな文字は二重焦点か累進焦点SCL、時には近用眼鏡か拡大鏡も併用するとよいとした。

続いて松久氏は、VDT症候群にも触れ、日本国内では認知度が低い現状を指摘した。VDT症候群とは「visual display terminal syndrome」の略で、ディスプレー画面を長時間見ながら作業をする人に起きる様々な症状を指す。具体的な症状としては以下の通り。

・IT眼症(眼が疲れる、眼が痛い、眼が熱い、視力低下、焦点が合わない、目が乾く)

・整形外科的症状(肩のこり・痛み、首のこり・痛み、腕の痛み・痺れ、腰痛)

・精神神経系の症状(頭痛・頭重感、いらいら、集中力の低下、抑うつ気分、不安感、動悸、胃腸症状、足が冷える、だるい)

なお、予防策としてPC仕事時は、画面との視距離はおおむね40cm以上とし、画面を見るときの視線はやや下向きに、手首や前腕部を机上面で支えるなどするとよい。さくら眼科医院ではVDT症候群と診断すると、適切なコンタクトレンズの処方など行い、個人差はあるが患者によって1週間程度での改善が見られたと述べた。

メニコン、コンタクトレンズ素材の米社を買収

メニコン、コンタクトレンズ素材の米社を買収

メニコン(名古屋市中区、田中英成社長、052・935・1515)は21日、米子会社のメニコンアメリカ(カリフォルニア州)がコンタクトレンズ素材の特殊ポリマーを製造する米ラガド(コロラド州)の全株式を16日付で取得したと発表した。取得額は非公表。完全子会社化で米国のコンタクトレンズメーカーにポリマーを現地から供給するのをはじめ、種類も拡充する。

メニコンアメリカは日本からポリマーを輸入し、米メーカーに販売していた。メニコンアメリカはハードコンタクトレンズ素材に、ラガドはソフトコンタクトレンズ用のシリコーンハイドロゲル素材に強みを持つ。今後は販路の共通化や共同研究を行う。

メニコンアメリカとラガドを合わせた2009年12月期の売上高は約1億7000万円。14年12月期にはメニコンアメリカの売上高を2億2000万円に伸ばす。

←前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 全てのページを見る 次のページへ→

使用目的別に使い捨てコンタクトレンズの最安値を比較表示

使用目的別に分けられた下のリンクをクリックすると、使い捨てコンタクトレンズの通販で最も激安な最安販売価格を確認することができます。

インターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

メーカー別の最安値を比較表示

レンズメーカー別に分けられた下のリンクをクリックすると、メーカー商品名別で最も激安な最安販売価格を確認することができます。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューやチバビジョンのデイリーズなどが家にいながら販売サイトで購入できます。

安い価格を比較するとインターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで普通の店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

商品名別で使い捨てコンタクトレンズの価格を比較

商品名別に分けられた下のリンクをクリックすると使い捨てコンタクトレンズの販売価格を低価格順に比較した販売店や価格を確認することができます。

同じコンタクトレンズでも販売店の違いにより、1箱あたり1000円以上の価格差がでる場合もあるので、あなたが欲しいソフトレンズを比較して格安コンタクト販売店の価格チェックで購入候補を見つけてみよう。