弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性

弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性

眼鏡やコンタクトレンズでも物がよく見えない「弱視」が大人で治りにくいのには、成長してから脳でつくられるたんぱく質が関係していることを、ヘンシュ貴雄・米ハーバード大教授(分子細胞生物学、神経学)らのチームがマウスを使った実験で明らかにし、米科学誌サイエンスに発表した。大人の弱視治療につながる可能性があるとしている。

 弱視は屈折異常などによる視力の低下とは異なり、目から脳へ像を伝える神経回路の異常が原因で起こる。数%の人が発症するという。視神経の機能が発達段階にある「臨界期」(3~13歳)までに治療すれば改善する可能性もあるが、過ぎてしまうと治療は難しい。

 チームによると、臨界期の後に視神経の機能を安定させる働きを持つとみられる「Lynx1」というたんぱく質の作製を抑えると、視神経の“柔軟性”が復活することが分かった。

 チームはマウスの臨界期(生後19~33日)を含め約40日間、片目のまぶたを縫合し、人為的に弱視にした。その後縫合を解いて両目を開いても、普通のマウスの視力は回復しなかったが、遺伝子操作でLynx1を作製できなくしたマウスは、特別な治療なしに視力を取り戻した。

弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性をはてなブックマークに追加 弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性のはてなブックマーク数 弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性をlivedoorクリップに追加 弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性をdel.icio.usに追加 弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性をニフティクリップに追加

使用目的別に使い捨てコンタクトレンズの最安値を比較表示

使用目的別に分けられた下のリンクをクリックすると、使い捨てコンタクトレンズの通販で最も激安な最安販売価格を確認することができます。

インターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

メーカー別の最安値を比較表示

レンズメーカー別に分けられた下のリンクをクリックすると、メーカー商品名別で最も激安な最安販売価格を確認することができます。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューやチバビジョンのデイリーズなどが家にいながら販売サイトで購入できます。

安い価格を比較するとインターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで普通の店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

商品名別で使い捨てコンタクトレンズの価格を比較

商品名別に分けられた下のリンクをクリックすると使い捨てコンタクトレンズの販売価格を低価格順に比較した販売店や価格を確認することができます。

同じコンタクトレンズでも販売店の違いにより、1箱あたり1000円以上の価格差がでる場合もあるので、あなたが欲しいソフトレンズを比較して格安コンタクト販売店の価格チェックで購入候補を見つけてみよう。



このページは弱視,関与,たんぱく質,治療に関する記事を記載しています。

弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性の関連カテゴリ

ニュース

この弱視に関与のたんぱく質発見 大人でも治療の可能性を読んだ人はこんなページも読んでいます