働く女性の6割「目の疲れ、毎日感じる」

働く女性の6割「目の疲れ、毎日感じる」

仕事で長時間、パソコン画面と向き合っている人も少なくないが、働く女性の約6割が毎日、目の疲れを感じていることが、ソフトコンタクトレンズ販売のジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニー(東京都千代田区)の調査で分かった。

調査は、めがねやコンタクトレンズを使用し、1日5時間以上デスクワークを行っている20~30代の女性会社員250人にインターネットで行った。

それによると、仕事中に感じる体の不調やその頻度(複数回答)を尋ねたところ、目の疲れを挙げた人が最も多く、「毎日」とした人は59%、「週に1回以上」は88%に達した。それ以外では、肩こりが「毎日=58%、週1回以上=80%」、目の乾き「同=57%、同=81%」、冷え「同=50%、同=78%」、むくみ「同=35%、同=66%」などが多かった。

目の疲れを感じやすい状況(同)は、「パソコンでの作業が多いとき」(90%)が、「寝不足のとき」(48%)や「体が疲れているとき」(40%)などを大きく上回った。

しおや眼科(福島市)の塩谷浩院長は「症状に合った目薬の活用や、温かいタオルで目を温める方法などは疲れ目対策に有効。近くを見るため用の度数を下げためがねを用意するのも一つの方法」と話している。

働く女性の6割「目の疲れ、毎日感じる」をはてなブックマークに追加 働く女性の6割「目の疲れ、毎日感じる」のはてなブックマーク数 働く女性の6割「目の疲れ、毎日感じる」をlivedoorクリップに追加 働く女性の6割「目の疲れ、毎日感じる」をdel.icio.usに追加 働く女性の6割「目の疲れ、毎日感じる」をニフティクリップに追加

使用目的別に使い捨てコンタクトレンズの最安値を比較表示

使用目的別に分けられた下のリンクをクリックすると、使い捨てコンタクトレンズの通販で最も激安な最安販売価格を確認することができます。

インターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

メーカー別の最安値を比較表示

レンズメーカー別に分けられた下のリンクをクリックすると、メーカー商品名別で最も激安な最安販売価格を確認することができます。ジョンソンエンドジョンソンのアキュビューやチバビジョンのデイリーズなどが家にいながら販売サイトで購入できます。

安い価格を比較するとインターネット通販の安さにびっくり。この価格に慣れたら今まで普通の店頭で販売しているソフトレンズを買っていたことを後悔するかもしれません。

商品名別で使い捨てコンタクトレンズの価格を比較

商品名別に分けられた下のリンクをクリックすると使い捨てコンタクトレンズの販売価格を低価格順に比較した販売店や価格を確認することができます。

同じコンタクトレンズでも販売店の違いにより、1箱あたり1000円以上の価格差がでる場合もあるので、あなたが欲しいソフトレンズを比較して格安コンタクト販売店の価格チェックで購入候補を見つけてみよう。



このページは働く,女性,目の疲れ,毎日,感じるに関する記事を記載しています。

働く女性の6割「目の疲れ、毎日感じる」の関連カテゴリ

ニュース